読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

1日1食生活を2週間続けた結論「1食でも人間余裕で生きていける」

食-健康


スポンサーリンク

www.pojihiguma.com

こんな記事書いたけど、今回は「やってられっか!!」という内容です。

1日1食計画

www.pojihiguma.com

これが1週間経過後の報告記事。で、その後の体重変化は以下。

 

74.8→74.7→75.0→75.3→74.8 →75.5

 

1日1食にしたからって、目に見えて体重は減らない!(参考情報)

 

ということです。

 

止めた

企画中止です。データ収集も今日まで。

中止する理由はなぜか?それは「これ以上続けても有用なデータが得られない」からです。

 

だって、顕著に体重が減るわけでもなし。妖精が見えるようになるわけでもなし。メラを覚えるわけでもなし、と。

 

何の得にもならん。

 

ここを見ている人が「1日1食で人間どーなるのか、興味があったのに、残念でならない」と落胆したとしよう。

 

それはちょっと勘違いをしている。

 

落胆の原因は私の企画中止にあるのではない。

 

「1日1食にすることで肉体的にも精神的にも劇的な変化をもたらす被験者たりえなかった

 

ただそれだけなのだ。

 

中にはすんごい人もいるかもしれないぞ!

 

例えば1日1食を始めて2週目で「体重が4キロ減った!マジヤバイ!腹筋が浮き出てきた!しかも精神もクリア!かつてないこれまじやばい!!」的な記事を書く方もいるかもしれない。

 

でもそれは私ではなかったのです。研究対象とするには、あまりにも面白味に欠ける個体だったのですね。残念。

 

さて、これだけではこの記事を見た人の時間泥棒になってしまうので、私が感じたことなどを箇条書きにしてお伝えしましょうか。

 

f:id:pojihiguma:20151127191354j:plain

 

今回の企画で感じたこと(ポジ熊の場合)

1日1食にしても劇的に痩せないよ

生物というのは生きることに貪欲らしい。1日1食なら、1食なりにそのエネルギーを吸収して必死に生きようとする。なのでそう簡単に体重は減らないぞ!

つまり、1日1食でも人は生きていける、ということです。

 

そんなに空腹感に襲われないよ

襲われたとしても一時的だよ。朝起きて少しして腹が「何か食えや」と言っても、30分くらい無視してたらそのうち空腹感は無くなる。「空腹」なんてのは、本当に当てにならない感覚ってこと!

 

時計に支配されるな!

時計に縛られたら駄目ってこと!「12:00だ、ご飯食べよう」だとか「18:00だ、晩御飯食べなきゃ」などと義務感にとらわれて食事すんなってことを言いたい。

あくまでも自分の腹が食事を求めているかどうか。それとしっかり向き合って食事を摂ったほうがいいよ。

 

以上です!

 

 

 

あなたにおすすめの記事

www.pojihiguma.com

 

www.pojihiguma.com

 

www.pojihiguma.com

 

www.pojihiguma.com

 

www.pojihiguma.com