読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

2か月間でAdsense収益が倍増する具体的施策を公開します

Adsense Adsense-テクニック 広告不要


スポンサーリンク

平成28年7月1日~15日

平成28年9月1日~15日

この2つの期間をサンプルにして解析したところ、Adsense収益が倍以上になっていることを確認しました。

ここでは、僕が意識して行ってきた収益化についての具体的施策を紹介し、奮闘している諸氏の参考にしていただきます。

3か月弱の推移

f:id:pojihiguma:20160928224005p:plain

緩やかに右肩上がりのグラフを描いています。

Adsense収益を確実に伸ばしていることをデータが示している。

 

ブログを始めて1年弱ですが、Adsenseの伸びはもっと緩やかなのですがね。ここ2か月で急激に伸びまして、それについて思い当たる節がありましたので、ここで皆様に無料でノウハウを公開しようというわけです。

 

情報なんて握っていても僕が儲かるわけじゃないんです。むしろ、どんどん放出すべきなんですよ。有料コンテンツで販売される方もいて、それについては否定しませんけど、僕はポリシーとしてマネタイズ情報は無料で公開することにしているんです。顔出しして有料コンテンツに誘導したり、一種のパッケージ商法に懐疑的なものですから。

2か月前との比較

↓平成28年7月1日~15日

f:id:pojihiguma:20160928224419p:plain

 

↓平成28年9月1日~15日

f:id:pojihiguma:20160928224501p:plain

 

どうでしょう、倍以上になってませんか?

 

半月の比較なので、バズなどの一過性流入で差がついていないことは、お分かりかと思います。つまり、基本のベース自体がグッと上がっているということです。しかも、たった2か月間で、です。

 

さて、お待ちかね、具体的施策の紹介です(^^)/

 

具体的施策

内部リンクを手動で構築

【SEOに有効な内部対策】記事中の関連リンク手動設置作業について

僕のサイトには900記事を超えるコンテンツがありますが、それの全てに内部リンクを構築しました、これによりかつて検索流入がなかった記事にもアクセスが集まったのです。

 

ですが、これだけがAdsense収益の倍増に寄与する直接の要因になったかというと、ちょっと違うのですよね。実は、収益単価の高い記事への動線を強化したのです。

 

ニッチで収益性の低い記事よりも人気のある記事へリンクを貼り付けることにより、収益を増大させたのです。もちろん、リンクを貼り付ける際は全く関係ないジャンルの記事へ誘導してはいけませんよ。あくまでも関連性の大きい記事で、なおかつ収益性の高い記事へリンクを設置することが理想です。

 

これが手動で内部リンクを構築するためのポイントといえましょう!

トレンド記事を書いた

検索流入が記事公開直後から見込めるような記事を、コンスタントに更新しました。トレンド記事って、すごくAdsense収益が良いのですよ、知ってましたか?

 

例えば新作ガジェット、漫画、映画、グルメなどですね。ほんと、驚くほどに単価が高い。ブログ論はクリック単価が10円なんてザラにありますが、トレンドのクリック単価は100円超えることがありますからね。

 

ライティングスキルに自信がある方は、体当たりで新作コンテンツを自分で体験してみて、それを力の限り文章にしてUPしてみてはいかがでしょうか(^^)/

記事内Adsense挿入

f:id:pojihiguma:20160928225719p:plain

青いバーが何を示しているかお分かりですか?

 

記事内に手動で挿入したAdsense広告の過去30日間の成果です。どうですか、ぶっちぎりでしょう。

 

当サイトでは900記事を超えるコンテンツが存在しますが、記事内にAdsenseを挿入した記事は50~100記事の範囲内です。にもかかわらず、自動挿入したほかのAdsense広告よりも成果を上げているという事実がここで示されたわけです。

 

ご存知の方も多かろうと存じますが、Adsenseの標準ユニット設置数は上限の3箇所が撤廃されました。つまり、自動挿入で3枚設けても、任意の記事に4枚目以降を挿入してもイコール規約違反とはならなくなった。これを利用したわけです。

 

もちろん、内容が薄い(文字数の少ない)記事に4枚以上をベタベタと貼り付けると規約違反になる危険性があります。ですが、渾身の記事で3000文字~6000文字を書き上げたとすれば、そこに複数のAdsenseを設置しても不自然にはならないわけです。ここはもちろん、Googleがどう見るかによるわけですけどね。

 

4枚目以降を設置する場所は、自動挿入で入る広告の場所を考慮して、閲覧ユーザーがストレスにならない程度の間隔を意識する必要があります。

 

ーー

 

以上、具体的施策です。

これ以上は何も隠し持ってません、僕がAdsense収益を2か月間で倍増させた要因は、ほんとこれだけです。

広告の配置場所もそこまで大きく変えていません。手動によるAdsense挿入が今回の目玉ですから、そこは察していただけるかと存じます。

 

アドセンスで収益を上げるための広告配置や手動設置テクニックなど

基本的な配置場所で四苦八苦している人は、こちらの記事を参照してください。

 

PV数よりもPV単価

あとがきです。

 

ずっとPV数を追い求めてきました。色々な人に「PV追っても稼げないよ」って言われ続けて、最近になってようやくその提言が(ちょっとだけ)理解できるようになったところ。

 

今ではPV数にはほとんど腐心していません。収益化を考えるなら、やっぱり1PVあたりの単価を意識するのがスマートです。

 

「意識する」このことだけでサイトの運営スタイルが俄然変わります。PV数だけを上げるのはそこまで難しくないのですよね、ひたすらに需要のある記事を毎日書き続ければいいのですから。

 

しかし、収益化を目指すとなればそうもいきません。いかにして成約に繋げるかを考えて動線の整備やコンテンツ作りをしなければいけない。

 

僕がブログを運営する目的は収益化が100%ではないので、そこまで露骨なマネタイズはしていません。Adsense収益が倍になったからといって、成約報酬型広告やAmazonアフィリエイトで驚異的な結果を出している周りのブロガーさんと肩を並べることはできないです。やっぱり、収益化の面でさらに頭ひとつふたつ出たいのであれば、もっと精力的改革が必要になるのでしょう。

 

でも、今のこのブログのスタイル、嫌いじゃないんです。

 

収益化も当然はかりながらも、こうやってマネタイズに関する自分が持っている情報を惜しみなく発信して、オピニオン記事も好き放題に公開して、それに共感してくれる人がいることに喜びを感じながら少しずつでも成長する。そんな「ゆるい系マネタイズ雑記ブログ」が僕には止められないんですよね。

 

最後、蛇足でしたけど、以上でノウハウのリリースを終わります。

どうか参考にしてくださいね!

 

あなたにおすすめの記事

厳しくなったAdsense審査に合格する方法を探る【2016】

ブログアクセスアップ関連の過去記事まとめ【H27~H28】