読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

Google日本語検索品質向上関連記事まとめと所感

【シェアする】


日本語検索品質向上

ブログアドバイザーのポジ熊です。

2017年2月3日にGoogleウェブマスター向け公式ブログで「日本語検索品質向上」に関する告知文が発表されました。

これに関する記事まとめ及び僕の所感を記載します。

事の発端

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 日本語検索の品質向上にむけて

端を発しているのがこちらですので、ご確認を。

「ユーザーのメリットよりも検索上位表示を目的としたサイトの順位が下がるよ!」

要約するとこんなところでしょうか。

 

サイトの好感度が重要?

Googleがキュレーションサイトの評価を下げた理由とこれからの検索エンジン対策 - 踊るバイエイターの敗者復活戦

現状では特定のサイトにだけ影響が出ており、具体的なキュレーションサイト名もすでにリスク化されている。

welqのキュレーションサイト著作権侵害問題→サイト閉鎖という一連の騒動にまつわるGoogleの施策である、ということがこの一文から推察できます。

 

コンテンツが「本当に」満足できるかどうかという点だけでなく、サイトの好感度が以前よりも無視できなくなったと言える。

このようにも語っておられますが、「サイトの好感度」というのは、具体的にどのようなものを指すのでしょうか。例えば炎上で被リンクや外部評価を上げてもネガティブな感情が主となっている場合は「好感度が低い」と捉えられるのか。しかし、人によってはそのサイトが好きだという場合もあり、これを機械的に判定できるのかどうか、というのが素朴な疑問です。

 

特定のキュレーションメディアを狙ったものなのか

キュレーションメディア“狙い撃ち” Google検索、アルゴリズム変更の狙い - ITmedia NEWS

辻さんが確認した限り、アルゴリズム変更の影響を受けたとみられるサイトは、旅行を扱う「RETRIP」、商品情報の「KAUMO」、健康情報の「カラダノート」、育児情報の「マーミー」など。「情報が薄いキュレーションメディアとテキストを中心とした新興メディアをターゲットにしていることはほぼ確実」とみている。

SEO専門家談として、具体的なサイト名まで挙がっています。

「キュレーションメディア対策」としてGoogleは本腰を入れている...そのような論調で今回の件を報じています。アルゴリズムの変更、というよりは特定のキュレーションメディアへの対策と考えて良いのでしょうか。それともまんべんなく全体が影響を受ける変更なのでしょうか。 

 

個人のメディアにも影響?

2017年2月3日発表!Googleの日本語検索の対策を受けてブログ運営者が心掛ける事 | ブログマーケッターJUNICHI

ただ、1月末~2月頭にかけて、すでに僕のサイトはもちろんクライアントさんのサイトの多くで、1割~2割ほどのアクセス数の伸びがみられています。

アクセスの伸びが、今回のGoogleアルゴリズム変更によるものなのか、それとも別の施策や影響により伸びているのかは定かではありませんが、参考にはなるでしょう。

 

「順位を下げられるサイト」はどのようなものなのかを具体的に述べているあたりに訴求力を持たせている感じ。黒い手法はNGで、真っ当にサイトを運営しましょうという、当たり前ながら大事なことを記載されてます。

 

「キュレーション」系メディアがランクダウン

検索改善 Google異例の発表 | 2017/2/3(金) 19:39 - Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュースでも取り上げられました。

記事内では特定のキュレーションメディアの検索順位が急降下している図もあり、説得力があります。ただ記事タイトルの主語が大きく感じます、正確には「特定のキュレーションメディア」ですね。

 

所感

よくわからないです。

 

昨今のキュレーションメディアへの制裁措置として発動した、というならばそれはそれで歓迎だし大いにやってほしいのですけど、これが「個人」のメディアにどういった影響を及ぼすのか透明感がまるでありません。そもそも個人メディアに大きく影響を及ぼすアルゴリズム変更ではないのかも。

 

ちなみに当サイトの順位変動などは2017年2月3日の週ではほぼありません。今回の件も事の発端から2日もすれば「うちの順位が上がった、下がった」という嬌声が至る所から聞こえてくるのかと考えて様子を見てましたけど、さほど変化がないようです。

 

「低品質」の定義も曖昧すぎますよね。たったこの3文字ですので、論者によってとらえ方が変わってくるのは仕方ないです。

 

で、今回の件。我々個人ブロガーはどう受け止めればいいのかというと

 

(従前通り)ユーザー第一でコンテンツ作っていけば良いんじゃない?

 

って思います。小難しいことは抜きにして、訪問者が役に立つような記事を、可能な限り訪問者目線で作っていけばいいのではないかと思うんですよね。「アルゴリズム変更きた、やばいどうしよう(おろおろ」じゃなくて、今まで(自分なりに)ホワイトに運営やってきたのなら、それで引き続きやればいいんですよ。僕のところもそうです。

 

SEOって往々にしてブラックボックスで正答がないように感じます。だからいつも漠然としてて捉えようがないんです。だったら、細かいことには腐心せずに大枠で「人の役に立つ記事を書こう」ってのが、なんだかんだで結果を出す最短ルートなんじゃないかな、と。

 

今後、個人サイトの検索順位に大きな変動が訪れた事案が多発すれば、追記いたします。

 

関連記事