読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

肩の凝らないPVの集め方~キーワードプランナー活用術~

解析ツール 解析ツール-キーワードプランナー


スポンサーリンク

f:id:pojihiguma:20160126171859j:plain

キーワードプランナーについては過去に何度か記事にしましたが、その際に「好きなことを書いてもPVは得られません」なんて機械チックなことを散々書いてしまいました。

今日はそれに少し捕捉いたしまして、雑記ブロガーでもブログを楽しむこととPVを稼ぐことを並行してできるような方策を伝授いたします。

※重要なお知らせ!

キーワードプランナーは有料じゃなければ今までのように使用できなくなりました。 代替サイトをまとめて紹介していますのでリンク先を参照してください!

キーワード検索ボリュームや関連ワード調査ツールまとめ

過去のキーワードプランナー記事

ここではニーズリサーチせずに作った記事の大失敗を、実例を交えて紹介しています。

 

冒頭の「雑記には夢も希望もない」的メカちっくに書いた記事。

今回はこの内容に少し捕捉する形になります。

 

可能な限り優しくツールの使い方を開設したつもりです。

初心者にツールの使い方を聞かれれば、迷わずこの記事を紹介するでしょう。

 

ツールを使い過ぎて疲れた過去事例

PVが欲しい!

けど好きに書く雑記も楽しい!

こんなブロガーさんがキーワードプランナーを次のように使用した場合、消耗しがち。それは

 

需要のあるワードをリサーチして、書きたくない記事を書く

 

これです。僕は実際にこれで消耗しました。

 

僕は1日7記事を更新しているのですが、それと並行してすべての記事をキーワードプランナーありきで作ってしまったのですね。その結果、2週間程度で疲れ切ってしまった・・・

そりゃそうですよね、大して書きたくもない記事を、ニーズがあるからと言って無理やり書いたのですから。別に仕事でやっているわけではないのに。本来の楽しさを見失った時点でこうなることは目に見えていたのですよ。

 

ゆるいツールの使い方を伝授しましょう!

さーて、ここからが本題ですよ!

 

キーワードプランナーありきでは疲れちゃう・・・

 

でも雑記ばかり書いててもPV増えない・・・

 

じゃあその真ん中をとればいいんじゃね!?

 

まずは自分の書きたいテーマを決める!

こちらの記事がまさに今回の好例となりました。

 

内容は僕が旭山動物園に行ってレポートをしたもの。当初は「ペンギンの散歩、かーわいい!」「シロクマでけえええ!!」といったように勢いのみで記事を構成しようと考えていたのですが、ここでふと冷静になったのですよね。

 

ところで、「旭山動物園」で検索する人は、何が知りたいの??

 

ここで初めてキーワードプランナーが登場するのです。

 

今までの説明では、まずキーワードプランナーを使って、それから記事テーマを決めていましたよね。しかし、今回は僕が書いてて楽しい地元の動物園についての内容。書くことについてはがぜん張り切っているわけで、モチベーションは高いわけです。ツールありきで辟易していたあの頃にはグッバイなのですよ!!

 

ツールを使用する

夏の多い時期では月に18万アクセスを叩きだすワード「旭山動物園」ですが、どのような付随ワードが人気なのでしょうか?

 

旭山動物園 アクセス 2900

旭山動物園 バス 1900

・(ここは記事にしにくそうなワード群)

旭山動物園 入園料 1000

 

以上のような結果となりました。

さて、あなたならどうやって記事を作りますか??

 

見られる情報+自分の書きたいこと で記事を書く!

僕はこの記事を、以下のように構成しました。

 

 

  1. 旭川駅⇔動物園のバス情報
  2. 旭川空港⇔動物園のバス情報
  3. 動物園の入園料
  4. 実際に行った時のレポート

 

 

1~3までは調べながら記載、4は好きに書きました。

1~3のソース(情報元)は動物園公式HPを参考にしたものであり、かなり信頼性のある情報と言えます。

4については撮影した画像をふんだんに使用しております。

 

いかがでしょう。1~3は少し疲れますけど、そのかわり、4に書きたいことを書ける楽しさを見出せます。良いとこどりじゃないですか、検索で求められている情報を含有し、自分の書きたいことも書けるなんて!!

 

(注意)元々の検索ボリュームは重要

もし、今回の記事が地元の「三角公園」だったらどうしますか?

それは月々でどれくらいの検索ボリュームがありますか?

 

たまたま「旭山動物園」が人気のワードだったから、今回のような戦略が通用したのですよね。自分が書きたい記事=ニーズがある、という方程式は成り立たないことに留意してください。

 

ですが・・・

 

使い方さえ工夫すれば、キーワードプランナーが肩の凝るツールになるとは限らない、ということを覚えておいてください。最初からガッチガチに使用してしまうと疲れるけど、書きたい記事の需要を前もって知り、それを参考にコンテンツ作りに華を添えるくらいが健全なんじゃないかってことを言いたかったのです!

 

まとめるよ!!

 

  • キーワードプランナーありきでの記事作成は肩がこる
  • 雑記ばかりではPVが増えない
  • その中間をとって「ニーズ(情報)」と「書きたいこと(雑記)」を織り交ぜる
  • 元々の検索ボリュームも重要

 

終わり!

 

※重要なお知らせ!

キーワードプランナーは有料じゃなければ今までのように使用できなくなりました。 代替サイトをまとめて紹介していますのでリンク先を参照してください!

キーワード検索ボリュームや関連ワード調査ツールまとめ