読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

ブログ記事作成手順にお悩みのあなたへ

blog blog-accessup


スポンサーリンク

ブログ記事作成手順にお悩みの方も少なからずいらっしゃると存じますので、今回は僕の手順を参考にしてもらうべく記事を書きました。

※最終更新2016年11月16日

テーマを決める

書き始める前に、テーマについてメモをとったりコンテを作ったりとか、そんな丁寧なことはしません。何気なく過ごしていて「あ、これについて書いてみよう」と思い立ったら、PCを立ち上げて書き始めます。

 

今回も「記事の作成時間」というものをテーマに書いてみよう、というのがそもそもの始まり。

 

草稿

最近は「ポジ熊です」という文言をなくしました。常連さんから見れば当たり前のことであるし、初見の方でも、最後まで記事を見れば誰が書いたかは明記してあるので。

 

※2016年11月16日現在は「ブログアドバイザーのポジ熊です」で始まる場合多し。ブログに全く関係ない話題の場合はあえて名乗らないなど、ケースバイケースで記載してます。

 

そこまで意識はしていませんが、私の文の構成は「起承転結」タイプが多いです。論文よりも日記に適している型ですね。まずは「起」の部分を書き始めます。もうこうなればあとは頭から流れ出る怒涛の言葉をキーボードに打ち込んでいくのみです。

 

起承転結間の移行で、数秒間、手を止めることがあります。が、基本的に手を止めることはありません。自分の考えを信じて、余分な思考を可能な限り排除して文を打ち込みます。

 

どこらへんが止め時かは、主に文字数を参考にしており、最低条件は1000文字以上です。この記事ではここで約500文字。必死に打ち込んでいれば1000文字越えはそんなに難しくはありません。

 

※H27/10/20 現在、1000文字縛りは止めています。

 

※2016年11月16日現在では、自然と1500文字以上になります。書き慣れたのが要因と思われる。

 

 

最も時間をかける部分は「結」です。終わりよければ全て良し、とは言いますけども、ブログも例外ではありません。どんなに途中経過で素晴らしい文章構成でも、最後に主張がブレたりぼやけたりすると、全体的に記事が霞んで見えてしまう。

 

というわけで、結語に関しては気合を入れた「断じる」形式が多いです。

 

仕上げ

文字の装飾や、写真素材の挿入を行います。この過程で、誤字脱字、重言、主語述語のズレなどを見つけ次第、訂正します。これが意外に時間がかかる。

 

1日に十数記事をアップするバイタリティー溢れるブロガーもいらっしゃいますが、皆さんのブログを見ていると文字の強調や写真素材の挿入がないものが多いです。

 

これはこれでありですよね。人気ブログの条件として、装飾や写真挿入ありきではありません。見やすさやインパクトを排除し、短時間で記事の作成を行い、コンテンツ数を増やすのも戦略です。

 

私は装飾や写真挿入は基本的にやっていきたい。正直、時間がかかります。「このままエイヤっと公開できれば楽なのに」こんなことを今までどれほど考えたかわかりません。

 

ですが、私のブログの持ち味としてこのパターンをしっかりと定着させてこそ、積み上げていった先で結果が待っているような気がするのです。

 

写真素材は普段大変お世話になっている「写真AC」様のところから、毎回素晴らしい画像を頂戴しています(プレミアム会員)。食費は限界まで削っても、自分の好きなことにお金は惜しまない性分です。

 

とはいえ、年間2000円程度のとってもリーズナブルな価格です。

 

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

※2016年11月16日現在、利用頻度低下のため有料会員を止めました

 

 

推敲

「公開する」を押すと、全世界に公開が始まるわけです。そして、このあと必ず、自分の記事をPC版とスマホ版でチェックします。

 

文章が意味不明なものになってないか、誤字脱字はないか、最低限見れる記事になっているか。ある意味、鏡を見ているのと似ていて、若干ナルシストな部分ではありますが、これで記事を修正できるなら良しとします(笑)

 

ちなみに、この推敲時間は記事作成時間に含まれていません。

 

今後の課題

思いつきでキーボードを叩き続けても、いつか壁にぶつかる予感がします。いえ、間違いなくぶつかるでしょう。その時に自分が越えなければならない壁は、それこそメモやコンテを準備して、理論立てて作り上げる記事の作成なのではないでしょうか。

 

今のままでは、私の精神論を前面に押し出した、勢いで作った記事を量産するだけ。そうじゃなくて、物事を多角的に見て、情報を集め、その根拠をもとに解決策や自分の意見をズバッと打ち出す。こんな風にブログを作れるようになればいっぱしブロガーの仲間入りができるのかな。

 

なーんて高いハードルが目前に現れる不安なんぞはゴミ箱にポイと捨てて、今日も本能のおもむくままに乱記事を作成するのであります。このあとは仕上げです!

 

追記

f:id:pojihiguma:20160413172036p:plain

情報収集と記事推敲は重要です!

 

半年間ブログを書き続けて思うことは、「文字の装飾や画像挿入は枝葉であり、肝心なのはコンテンツ内容である」ということですね。

 

経験とともに洗練されてくる、自分の生み出す記事への思い。過去のエネルギッシュな

記事を振り返ると、それが強調されるような気がします。

 

追記2

2016年9月13日現在の記事作成手順は以下の通りです。

  1. 記事タイトル決定
  2. アウトライン作成(見出し)
  3. 本文作成
  4. アイキャッチ画像挿入
  5. 本文装飾
  6. 各種設定(カテゴリやカスタムURLなど)
  7. 公開
  8. サーチコンソールへ送信
  9. スマホビューで誤字脱字訂正