読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

KindlePaperwhiteは買っても損しないと思うんだ

【シェアする】


みなさん、電子書籍についてどういうイメージをお持ちですか?

「本は紙が一番だろ!」って考える方がいてもおかしくないと思います、少し前の僕がそうでしたから。

ですが、巷で「KindlePaperwhiteは良いぞ!」ってもてはやされてて「それ、本当?」こんな具合に懐疑的になりつつも購入して、結果的に手放せなくなった立場としてはこの商品を推さずにはいられないわけです。それでは本編へどうぞ。

電子と紙の書籍

紙でめくって読み進める代わりに、電子デバイス(スマホをイメージすると良いかもしれないです)をポチポチと押す感じです。やっぱり紙をめくらないと、読んだ気はしないでしょうか?僕の場合ですが決してそんなことはなく、読んだものはしっかりと頭の中に入ってます。KindlePaperwhiteを推すあまり紙の本を悪く言うようなことはしたくないので、ここらへんが微妙なところなのですけど、あえていいますと、電子書籍の方が読む量や速さが上のような気がします、体感的に。紙の書籍ですと、確かに読み進んだ実感は視覚的に捉えやすいし、何より「手元にある」という充実感も満たしてくれるのは事実であります。しかしながら、電子書籍と紙を対比した場合にはやはり電子書籍に一日の長があるような気がしてならないのですよね。不思議です。

電子書籍の良さ

ここでは僕が電子書籍について感じる良さをあけすけに語ります。なお、以下に連ねる順番は重要度が高いほど先に来ているということを申し添え致します。

読みたい本がすぐ読める

一番の理由はこれですね。WEB上で「お、これは!」という書籍にでくわすこと、みなさんもありますよね?そこでもしその本が欲しい!読みたい!となった時に紙だとAmazonで購入しても到着は早ければその日のうちに、住む場所によっては数日かかるわけじゃないですか。つまり「読みたいというインセンティブとのタイムラグが生じる」というわけです。

翻って電子書籍はどうでしょうか。読みたい本が電子化されていることを前提に考えれば、Amazonでその本を調べて「Kindle」の文字が確認できれば「よっしゃ!」って感じです。というのも、「1クリックで購入する」であらかじめ設定していたKindlePaperwhite端末に即座に送れるほどの手軽さがあるので嬉しいのですよね。数分後にはその書籍が読める。クレジットカード登録していればよりスムーズに書籍の購入が行われます。

読みたい本なんて数日後に届いてもいいじゃない、って思う方もいらっしゃるでしょうが、「今、読みたいという感情」というのは何にも代えがたいものだと思います。そこですぐに買って読まずにそのモチベーションを保てるのか!?というくらいに該当する書籍に入れ込むことだってあるわけです。そんな状況に対して「即読める」というシステムを用意してくれるのは他でもない電子書籍なのです。

かさばらない

出先に本を持っていきたい!という場合に紙の本だとゴソゴソっとバックパックに詰め込みます。ボリュームのある場合だとそれは紛れもない重量になるわけです。ですが、電子書籍の場合だと端末一つでいくらでも本を持って歩ける。これが大きなメリットに感じるわけですね。

持ち歩く場合以外でも自宅であれば本棚を圧迫せずに済みます。紙の本を陳列してそれを眺めて充実感を得る方もいるでしょうし、僕もそういった感情はないことはないです。が、やはり本は「読んでなんぼ」だと思いますし、本棚に眠らせているものはそこにあるだけでは本来の価値を見いだせていないような気がするのですよね。なればKindkePaprwhite内にストックされていても同じなのかな、と。それが出先でふと「読み返したい」という感情が起きてしまっても対応できるというのであればやはり電子書籍のほうが良いのではないでしょうか。

目が疲れない

端末のテクノロジーに工夫が凝らされているようで、長時間読書していても目がシバシバしてくるような疲れがほとんどないんですよね。もちろん限度はあるでしょうけど、それでも紙媒体と比較すればその差は感じざるを得ません。

いつも不思議だったんですよね「どうしてKindlePaperwhiteで本を読むと、いつもより多く読み進めてしまうのか?」って。まとまった時間がある場合は1冊丸々、数時間でも半分は読み切ってしまうくらいに捗ります。もし手元にスマホなどWEBにアクセスできる端末がなければ、捗り具合はさらに亢進するでしょうね~。

「不思議と読み進む」こればっかりは体験していただかないと理解できないものだと思うので、是非とも!

ちょっと安い

ちょっと安いんです。あけすけに言ってしまえばこのような表現になります。紙媒体と電子媒体でAmazonで確認してもらえばわかりますけど、電子媒体のが安いんですよ。値引き率は本に応じてまちまちです、中にはあまり変わらないものもありますが、やっぱり支払う金額が安くて同じ中身を読めるというのであれば紙媒体に少々水をあけてしまうのは致し方ないのかな、と思うのですよね。

自分が読みたい本が少々値段が違っても紙だろうが電子だろうが支払います、なのでここの優先順位はそこまで高くないのですけど、Amazonで本を検索して多少なりとも意識する項目として「少し値段が安い」これがあることは事実なのです。ですから正直にこの場で申させていただきました。

KindlePaperwhiteのお値段のお話

ここからちょっとリアルなんですけど、端末のお値段の話です。このデバイスはAmazonが販売しているものですから、Amazonの年間で一定額を支払うことで資格を得る『Amazonプライム』というものを利用することで値引きがされるんです。具体的には会員限定で発行されるクーポンを利用することで4000円が引かれるんですね。これは大きいですよね。ただ、日常的にAmazonを利用する方でなければAmazonプライムになるメリットもそうないわけですから、Amazonプライムを手放しで勧めるのも気が引けます。

 

数多のサイトでAmazonプライム会員になるメリットを謳ってます、ただ大抵の場合はプライム会員の成約に誘導して利益を得ようとしている場合がほとんどです。なのでこの記事ではそのような誘導は行いません。あくまでも「電子書籍としてKindkePaperwhiteが手放せなくなった」ということを伝えたい、そして皆さんにも是非ともこのアイテムを手元に置いて良さを知ってほしいという気持ちだけなんですよね。あ、もちろんここから買ってほしいというのはありますよ(笑)ですのでこの記事を見て「私も購入してみようかな」と思い立ったのでしたら、是非とも記事末のリンクから購入していただければなと存じます。

生活の一部に

今回、KindlePaperwhiteを推す記事を書いた理由はこのアイテムが生活の一部になったからです。生活の一部になったということは使用する上で致命的欠陥などがなく、便利である証左なわけで。そんなアイテムをお勧めとして記事にしないというのは不本意なわけです。回りくどいのではっきり申すと「皆にも購入して使ってほしい」ってことなんですよ。それだけ良いものだ、と。そう伝えたいんです。だからここまでこのアイテムを推すんです。

使って「うーん、いまいちかな?」というアイテムは記事にしません。自分が使ってこれは良い!って感じるからこそ、それなりの熱量を持って記事を書けるわけです。それがまさに今書いている記事なわけですよ。Kindlepaperwhiteは読書をライフワークとする人に、また、これから読書をして色々な知識を付けたいという駆け出しの人に、色々な読書家に幅広く勧められる、僕の生活に一体化したアイテムなわけであります。

ブロガーには超お勧め

※この項はブロガー視点でのKindelpaperwhiteを語っています

あけすけに申しますとKindle本というのはAmazonアフィリエイトの紹介率が8%と非常に高額です。(他の紹介率と比べれば理解できます)ですので、ブログで収益を上げたい場合などに具体的に紹介する商品がなかったとして、自分が興味のある分野で書籍化電子化されていた場合などには、その場で購入して読んで感想記事を書いておすすめアフィリエイトリンクを貼ってそこから購入者が現れた場合などには収益の発生にダイレクトに、しかも高紹介料率で繋がるという事実があります。ブロガー以外にはぱっとこない話題で申し訳ないのですが、Kindle本の紹介だけで生活しているブロガーもいるくらいです。僕も今までサイトで書籍を紹介し、電子書籍の売り上げで多くの利益を出していたことは事実です。

自宅に居ながらにして自分の興味のある書籍をその場で購入して読み進め、その紹介記事を書いて書籍を販売し、高い紹介料率で利益を上げられることを考えればブロガーにとって素晴らしいツールにKindlePaperwhiteはなり得るのではないかとも考えるのですよね。今まで紙の書籍オンリーで書評記事を連ねてきたユーザーさんも、ここを見れば少しは気持ちも動くのではありませんか?

新しい知識をつけるという意味でも、在宅ですべてをまかなえるというアドバンテージを考えても、また高紹介率ということを考えても、Kindlepaperwhiteを購入して備えるということはまんざらでもないのかな、と。

一般の人にはわかりづらい項目でしたね...(;^ω^)

購入はこちら

先ほども申しましたようにAmazonプライムじゃなければ大幅な値引きはありません、ですが長い目で見れば購入しても損はしないと思うんですよね。重ね重ねになりますけど読みたい本をその場で読み始めることができる喜びというのは体験してみなければわかりませんよ。それだけ世界が変わるということです。僕がこの端末を購入して支払った代金以上の恩恵を受けたというか読書生活の根底を変えた革命的なアイテムともいえるわけですからね。自信をもって勧めさせていただきます。

前述したメリット以外にもいろいろとあるんですよ、書籍に特化した端末だからSNS通知などに邪魔されずに読書に集中できる、だとか暗いところでも読める、だとかね。ですけど、とにかくこの記事を読んでいる人には「電子書籍、そんなに良いの?だったら私も購入して読んでみようかな」という感情を惹起してほしい、その一心でこの記事を書いているわけであります。どうか、この熱量がここを見ているあなたに伝わりますように。願わくばこの記事から電子書籍を購入して頂けることを。そうじゃなくても電子書籍という言葉が心の片隅に浸透して、いつぞやのタイミングであなたの生活に飛び込んでなくてはならないアイテムにならんことを祈りつつ筆を置きます。

関連記事

f:id:pojihiguma:20170112070230p:plain

※画像引用元

Kindle Paperwhiteを購入したらまず覚えておきたい5つの使い方(ストア, PDF, ePub, 画像zipアーカイブなど)

外部サイトになりますが、Kindlepaperwhiteとはどういった仕組みで成り立っているのか?など根本的に知っておかねばいけないことを丁寧に解説しています。僕の記事は肌感覚で「良いものだよ」ってことをひたすら主観的に述べるだけだったので、このように解説してくれるサイトは非常に有難いですね。

購入を検討されている方はこちらもご覧になることをお勧めします♪