読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

アメリカでSAO実写化の報を受け、悲鳴を上げるツイッタラーたち

アニメ アニメ-その他


スポンサーリンク

www.hollywoodreporter.com

こちらがソース。各方面でこのニュースに少なからず衝撃を受け、騒がしくなっているようです。

SAOとはソードアートオンラインの略で、小説が2009年に上梓されてアニメ化、世界的に大人気となったコンテンツです。管理人も目を皿のようにしてアニメ1期~2期を見ました( ˘ω˘ )おもしろー

SAO実写化への反応

以下、ツイッタラーのSAO実写化リアクションをご覧ください。

https://twitter.com/yuukisansuki/status/760652073461436416

 

所感

あんなに可愛いアスナを誰がやるんだ!

 

という意見には僕も激しく賛成です。主人公ハーレム型の作品て、僕的にはどうも馴染めない傾向があるのだけれど、SAOは例外的に受け入れることができたのですよ。それはストーリーがしっかりしていて、オンゲ全盛期を楽しんだ世代にマッチしていたってのもあるのでしょう。

 

主人公のキリト君はチート並みに高性能な彼で、そんなキリト君に胸きゅんな女性陣もすくなからずおられるのかなと。そう考えれば、我らのようなアスナファンのみならず多くの方が実写化に憤慨するのも納得ですよ。あんなイカしたボーイを演じることが、いったい誰にできようか、と。

 

藤原竜也?

 

無くもない!!

 

や、そもそもアメリカ映画だし...

 

ま、賛否両論のうち否が圧倒的な割合を占めるツイッターの反応を目の当たりにしたわけですが、「面白いものに仕上がるのではないか」という前向きな意見もあり。僕個人としても、実は少し楽しみなのですね。盛大にずっこけるのか、それとも意外に我らを楽しませてくれるのか。どっちにしろ、話題性は十分ではないでしょうか。

 

ガチンコファンにとっては、こんなのんびりした話題ではなく、オリジナルの神聖さを汚されるような冒涜を受けたような気持になるのでしょうけれどもね。そこらへんに寄り添えなくて申し訳ない。

 

さて、SAO実写化はどんなキャストや内容に仕上がるのか。今後、目を離せませんね。 

 

↑SAO知らん人は1期を見てくれ、話はそれから!

 

あなたにおすすめの記事

韓国実写アイマスのオーディションに世界各国から参加者が!