読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

TVを楽しむためには馬鹿になる必要がある

社会 社会-オピニオン


スポンサーリンク

TV像

実家はずーっとTVを付けっぱなしな環境で、そこで僕は20年近くを過ごした。当然、TVは付いていて当たり前だったし、それに何の疑問も感じずに過ごしてきたけど、今となっては一切TVを見ない。

小学生、中学生の時分は毎日のように見てた

「面白いな」って、当時は素直に思えた。兄弟と一緒になってTVを囲う一家の娯楽的側面もあったのだと思うし、学校で話題に上がるのはいつもTVのバラエティのことだったから、それを欠かすということは考えられなかった。しかし、迎合する要素が少なからずあったにせよ、そのコンテンツ(番組)に本当の面白さがなければそこまで心酔できなかったように思う。多少なりとも当時のTVは面白さを含有していたのではないかと考える。

かつては『ごっつええ感じ』『みなさんのおかげです』あたりが全盛期だった。これを見ないでほかに何を見るか、というくらいの人気番組だった。毎晩毎晩、お菓子を片手に腹を抱えて転げまわる。あの頃はあの頃でとても幸せだったように記憶している。もうかれこれ、20年以上も前の話だ。

 

極端に見なくなったのはインターネットをし始めてから

ネットの世界では「TVはオワコンである!」なんてかなり昔から声高に叫ばれていてね。どんなTV好きでもその世界にいればいつのまにかTVが大っ嫌いになってしまうほどバッシングがひどかった。嘘か真実か確かめるすべのない、TVの裏側を暴露するような捏造話。現実世界で語れば変人扱いされそうな情報でも、ネット上の匿名で発せられるそれには怪しさを通り越して妙なリアリティがあった。ヘタに信じてしまう人が多いのも理解できる。

かくしてインターネットの普及とともにTVがいかに害悪かという概念は若年層を中心に広がっていくのである。僕は若年層というには年が行き過ぎているが、今までのTV文化に反発するようにそれに乗っかった。ネットの知り合いでTVに親しんでいる、などという人はほとんどいなかったように思る。恐らくそれは、周囲がアンチTVばかりなので「TVを見ている」と素直に言い出せない部分もあったのだろうが。どの世界も圧力というのは存在する。

 

わざとらしい大人たちの寸劇がつまらない

リアリズムが高じるとこのような境地に至ってしまうのだろうか、どうもTVの大人たちの振舞いなど言動全ては空虚に感じるようになった。それは当然のことだろう、だって台本通りにしゃべって、台本通りに振る舞っているのだから。予定調和が当たり前の無事故な風景、そこには特定の芸能人を崇め、さも凄い人に思わせるようなリードも見え隠れしている。これも脚本の一なのだろうか。兎にも角にも馬鹿らしい。今まで台本の存在を知らずに手放しで楽しんできた自分が馬鹿みたいだ。こんなおどけた傀儡に気分を操作されて、物事の判断をゆだねる場面もあったかと思うと、身の毛がよだつ。こう考えるあたりは、従来TVに操作されてきたという自覚があるのだろうし、そこからの解放だとか、半ば大勢批判し酔いしれる自分がいるのかもわからない。

 

TVを楽しむなら馬鹿になれ

まず大前提としてそれは台本のある行為であり「寸劇」であることを理解せねばならない。また、そこから流れてくる情報というのは責任者の意向を強く反映したものであり、1次的にも2次的にも加工されたものであるということを考えねばならない。それを妄信して丸飲みするということは、大衆心理を巧みに操作しようとするTV業界の傀儡に成り下がるに等しい行為といえる。

TVを楽しむには馬鹿になったほうがいい。馬鹿という隠れ蓑を切る。何ら知識というものに対して期待をせずに、最初から情報的な意味ではシャットアウトを決め込んで馬鹿になれば良いのだ。そして表面上は楽しめばいい。で、TVのスイッチを切ったらまた元の自分に戻ればいいのである。脳のチャンネルを開けて接していいほど、TVというのは安全ではない。そこから流れてくる恣意的な加工物に惑わされて狂うことのないように注意したいものである。それはインターネットも同じなわけだけどもね。

 

あなたにおすすめの記事

のんびりしてたらマジで詰みそうな縮小ニッポンで生き伸びる方法

長時間労働を止めて余暇を増やし幸福になるための方法

自己責任論で貧困者や仕事のできない人を差別する狂った世界

世間で生きづらく自分探しに疲れた人は4つのルールを知ろう