読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

UOの大規模ギルド代表を務めてひたすら消耗した思い出とか語るわ

【シェアする】

UOとか懐かしいなぁ

過去、UO(ウルティマオンライン)でギルドマスター(グループの代表みたいなもの)を数年間に渡り務めたことがあります。これについての思い出や所感を述べます。

詳細に記すので当時の僕を特定できる読者がいるかもしれないけど、それはそれで一向に構いません。(この記事を見て、「○○さん?」と特定できた方がTwitterで1人いました、びっくり)

ウルティマオンライン(UO) 

ウルティマ オンライン(Ultima Online 通称UO)は多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム。ネットワークRPGの始祖の一つと言われる。(中略)初期の段階で様々に試みられた商用MMORPGにおいて、最初の成功例であり、またゲームシステムとしての完成度を示した作品でもあった。その後のオンラインRPGの発展に与えた影響には計り知れない物がある

ウルティマオンライン - Wikipedia

 

僕が出会ったのは15年前。当時はトランメルとフェルッカという2つの世界に分離して間もない頃であり、前者は犯罪を犯せない世界、後者は割と何でもありの世界でした。

 

初期の頃はフェルッカ(何でもあり)オンリーで、初心者などは町の外に出ようものならたちどころにPK(プレイヤーキラー)に殺されてしまう殺伐とした世界だったとか。

 

しかし僕がjoinした頃はそのような世界と綺麗な世界が分離されてしまっており、古参の殺伐を好む多くのユーザーが離れたようです。

 

「フェルッカには行かないほうが良い」なんてベテランが言うものだから、それを信じてずっとトランメルの平和な世界に住んでいた僕。プレイヤーキラーを始め、スリなどの犯罪者とは無縁の無菌プレイヤーとしてホノボノと育ちます。

 

いわゆるトラメラーといわれる平和ボケプレイヤーでした。

 

時は戦国

ある時、ハードコアルールのシャード『mugen』というのが誕生しました。ここはトランメルやフェルッカに関係なくPKや窃盗が行える国であり、ここにキャラを作ったものは否応なしに戦国時代へ突入したかのような動乱に巻き込まれます。

 

興味本位でその世界にキャラを作った僕は、興奮しました。自分の荷物をかすめ取っていく犯罪者を始め、目の前で繰り広げられる殺人者とそれを駆る者同士の熱い戦い。構図はPK vs PKK(プレイヤーキラーキラー)。その中には多数のスター選手がいて、羨望の対象となっていました。

 

そんなハードコアな世界に没頭した僕は、あまりにもそれにのめり込み過ぎてUO廃人となりました。1日のプレイ時間は平均で12時間を超え、酷い時には18時間プレイしていたこともあります。

 

PKKギルドの立ち上げ

無抵抗のプレイヤーを不意打ちで殺すような真似はできないけど、対人戦には興味がありました。ということで僕もPKKになる道を目指したのです。

ブリテイン(UOの首都みたいなもん)の銀行前で「PKKギルドを一緒に作りませんか~」と、ギルドを一緒に立ち上げるメンバーを募りました。

 

ほどなくして2人のプレイヤーが僕のもとに集います。2人とも性格は全然違うけど、基本的に大人でとても付き合いやすかったですね。

意気投合したぼくら3人は、とりあえずギルドハウスを建てようと息巻いて、3人で資金を溜め始めます。

 

...とはいっても、最初に声を上げた僕がほとんどの資金を工面したのですけどね。

 

某町の郊外に念願のギルドハウスを建てることに成功したのです。(ここでの資金繰りはかなりグレーな手法も使ったが、当時はなりふり構ってられず)

 

ギルドメンバーがどんどん増える

ありがたいことに、メンバーが雪だるま式に増えていきました。公式BBSでの呼びかけを始め、ユーザーからユーザーへの勧誘、口コミにより僕の立ち上げたPKKギルドには多くのユーザーが集ったのです。

 

気が付けば、いつのまにやら50人、所属だけでいえば100人を超える大御所ギルドとなりました。対人戦の腕前は、ギルド全体でいえば素人に毛の生えたもので大したことはなかったですけどね。

 

当時はとにかく人数さえいればなんでも実現できる、これはアドバンテージであると疑わなかったため、とにかくどんどん規模を拡張していきました。

 

プレイスタイルや実力の差で亀裂

UOには大きく分けて2種類のスタイルがあります。1つは戦闘スキルを上げてモンスターやプレイヤーと戦うスタイル、もう1つは生産系で裁縫や鍛冶など戦う人たちの装備などを陰で支えるスタイルです。

 

僕の立ち上げたギルドはPKKという基本スタイルはありましたが、来るものは拒まずでした。なので、対人戦をしたくてギラギラした人間もいれば、裁縫や鍛冶などでのんびりと暮らしたい人もいたわけです。

 

ギルド活動を行う上ではやはりPKKがメインであるため、ギルドメンバー同士での模擬戦などが主となります。そうなると生産メンバーが暇を持て余してしまう。かといって生産メンバーでもできるようなのほほんイベント系のギルド活動を行うと、ギラギラメンバーが不満を溜める。もう完全に挟まれていた気がします。

 

何をやっても、どこからか文句が飛んでくる。それを処理するのはギルドマスターの僕なのです。

 

戦闘や生産で割れるだけではありません。戦闘に関しても個々人でプレイヤースキルに差がついてしまい、そこでもスタンスが割れたりして、もう滅茶苦茶でしたね。

僕を始めとするトッププレイヤー、いわゆる精鋭というのがギルド内でもふるいにかけられて自然発生的に浮き上がります。それで同じ模擬戦をしていてもLVが違い過ぎて愛想を尽かすメンバーも出てくるのです。

 

もう、どうしようもなかったですよ。

 

日夜、紛争仲裁会議

もう毎日、会議会議。「あいつがこんなことをした。」「こいつはギルドにいると危ないからなんとかしろ。」などなど...もう毎日、ギルドハウスの一角で数時間にわたる会議。ログはすべて残してギルドの掲示板に「昨夜の会議内容はこのようになりました。確認したメンバーは足跡を・・・」こんなんばっかり。

 

僕の振舞いも最悪でした。皆に好かれようとするものだから、自分の中でこれは良くないと思うことでも、断じることができないのです。

「ギルドマスターの僕がこう決めたのだから、これに従えないのであればギルドを脱退すればいい」

これくらいの気持ちでちょうどよかったのに。むしろそれくらいの度量というか、自分勝手さがないとギルドマスターなんて務まらないのだろうと実感しました。

 

別シャードが誕生して移住し、そのままうやむやに

日本に新たなサーバーが誕生したため、対人戦が本当に好きな一部のメンバーでそちらに移住し、落ち目だった大規模ギルドについてはGMの肩書とともに捨てました。役割を満了することはとてもできていなかったけど、もう何かの団体を代表することは懲り懲りで、凄くすっきりした記憶があります。

 

その頃には廃人を脱し、社会人として真っ当に歩み始めた時期でもありまして。度重なる仕様変更でUO自体に陰りを見ていたこと、リネ2という新たなMMOに出会ったことなどから、思い出のUOとはついに縁を切ることとなったのです。

 

人生においてこれほどハマったゲームはなく、間違いなくその世界で僕は「生きた」のだと思います。それは健全なことではなかったけど、思い出は色褪せることなく僕の中で生き続けているし、昨日のことのように思い出します。

 

日夜PKと血で血を洗う戦いに明け暮れていたあの頃の情熱は本物でした。

 

リーダーは自分勝手な人が良い(あとがき)

カリスマ性だけではギルドマスターは務まりません。「俺のやりたいようにやるから、嫌なら辞めろ」って素で言えるくらいじゃないと、大規模な団体の代表なんてできないのだろうなって経験談。少なくとも僕には務まらないですね。

 

今でこそ他人の目をそこまで気にしなくなったし、自分の選択には責任を持つようにしてるけど、それでもやっぱり誰かから文句を言われたり責任を投げかけられるのはどうも苦手です。もう二度とあんな役職には就きたくないないなぁ。凄く楽しかったし、鮮明な思い出なんだけど、すんごい消耗したのも事実なんですよね。

 

時々ふと考えることがあって、仲の良いブロガーで同じMMOとかやったら楽しいんだろうなぁとか想像します。今はもう打ち込めるMMOなんぞ存在しないのだろうけども。ほんと、あのころは黎明期だったんだなぁ~。ああ、懐かしい(笑)

 

もう少し、UOについて語らせてください。これまでの記述と重複して少々読みづらい箇所もあろうかと存じますが、ご容赦を。

 

↑UO懐かしのBGM。ちょっと休憩。

UOとの出会い~引退まで

Yahoo!チャットとの邂逅

自宅にISDNが引かれた頃。私は何の拍子か、チャットというものに触れました。始めはとても恐ろしく、誰かに話しかけられようものなら心臓がバクバクしたものです。こちらから話しかけるのに、どれほどの勇気が必要だったか知れません。

 

しかし、それほど未知の世界であるチャットは、スリリングで私の欲求を見事に満たしました。気づけば、深夜にまで及ぶチャット。親もさぞかし心配していたでしょう。思えば、その頃から私がネットに没頭する片鱗を見せていたのかもしれません。

 

出会い

チャットで意気投合したユーザーと、「オンラインゲームをしてみよう」というノリになりました。偶然です。その時に流行っていた『ウルティマオンライン(通称UO、魚)』というゲームを同時にプレイする流れとなります。

 

そのユーザーとは、それ以来会うことはありませんでした。まだオンラインゲームというものを知らなかったので、キャラを作るサーバーを合わせる(一緒の場所で遊ぶための設定)の知識すら無かったのです。

 

とりあえず適当にキャラクターを作った私は、街中で動物を殴るなどして遊びました。 その時はさほど面白さを感じませんでしたが、ゲーム内で「初心者ですか?」と声をかけてくれたベテランと仲良くなり、徐々にその魅力に取りつかれていくのです。

 

オークションギルドの立ち上げ

正直、特定されかねない内容ですけど、もし私のことが解ったらこっそりとメールでも下さいw

徐々にゲームに慣れ、知り合いも増えてきたころ、「街中でオークションをするイベントギルドを作ろう!」という流れになりました。その時に初代ギルドマスターとなったのが私で、毎週末に行われたオークションイベントは、かなり盛況なものでした。

 

その頃のゲームに対する入れ込みようは異常で、半ば「廃人」とも呼べるプレイスタイルでした。親に呼ばれても上の空、学業にも力が入らない。それと反比例するかのごとく、ゲームの世界は日ごと満足感で満たされるようになりました。

 

対人戦を始めてさらにのめり込む

対人戦を推奨する新サーバーの立ち上げとともに、そのサーバーへ移住した私。そこは無法者が集う、まさに世紀末を彷彿とさせる世界でした。圏外ではプレイヤーキラーが闊歩し、圏内でも盗賊が手荷物を漁る。殺すか、殺されるかのハードボイルドな世界です。

 

前の世界は犯罪を犯せない平和なサーバーだったので、私にとって移住先の世界は最高にスリリングでエキサイティングな新天地でした。

 

そこでもギルドを立ち上げ、ギルドマスターとなり、一時はメンバーを数十名集める一大ギルドになりました。(今でも検索でギルド名を調べると、懐かしい活動の一部が出てきたりします)

 

日に日にハマる私。朝までプレイしてることもザラにありました。

 

仕様変更とともにゲームから離れる

大幅な対人戦の仕様変更とともに、古参メンバーはゲームを去っていきました。私もその中の一人であり、同時に「このままでは将来が危ない」と危機感を募らせていたのも、引退の大きな理由でした。

 

正社員として就職したあとも、オンラインゲームには付かず離れずといった感じで距離を保ってプレイしていました。ですが現在では全くプレイしません。

 

考察「なぜハマったか」

熱中しやすい性格

自分の好きなものとはとことん向き合って、ひたすら情熱と時間を注いで熱中してしまうという「猪突猛進型」の性格が災いしたのでしょう。これがMMOと合わさると、社会的にどんどん衰退していくのですね(笑)

 

承認欲求が満たされる

社会性が非常に高いゲームだったことも一因です。ギルドという集団を形成し、ギルドハウスという拠点を作って仲間と集う。ある時は頼り、ある時は頼られる。承認欲求を疑似的に満たす最高の空間がそこにはあったのです。

 

パッとしないリアルの穴埋め

現実世界でうだつが上がらない状態の人は、なおさらネットの世界に没頭してしまうことでしょう。

 

今だから言えること

結果的に社会にでて食い扶持を稼げてるから、こうやっていい思い出として振り返ることができるわけです。

 

30歳越えても自室でカーテン閉めたままディスプレイと睨めっこして親の年金食いつぶして生きているような人生にならなくて本当に良かった。

 

ただ、貴重な経験はできましたね。正直、ここまで何かに熱中したことは人生においてありませんから。メンタル面ではなかなか得られないものを手に入れたはずです。少なくとも、「MMOハマり耐性」はついたのではないかな(笑)

 

以上、UOについての思い出を色々と語らせていただきました!

あなたにおすすめしたい記事