読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

iPhoneSEにも!高性能耐衝撃ケースZEROSHOCK

アイテム アイテム-IT・ガジェット


スポンサーリンク

巷ではバンパーって呼ぶみたいですね、スマートフォンの耐衝撃ケース。上手な言い回しだなあと感心します。まさにバンパー。

今回は愛用しているアイテムの紹介です。

『ZEROSHOCK』

 

H28/4/9現在、僕の使用しているiPhoneは6plusです。これがまたサイズの馬鹿でかい端末でして、片手で扱う際は非常に不安定。自宅でも出先でもしょっちゅう落下させてます...

 

ですが、この『ZEROSHOCK』さんのお陰でディスプレイに傷はほとんどありません。かなり優秀なバンパーといえます。

 

特徴

  1. 4つ角にダンパーを設置、効率的に衝撃を吸収
  2. ソフト素材、外側から包むハード素材を使用
  3. ケース内側にも衝撃吸収効率の高いハニカム構造を採用
  4. 4層構造のフィルムが衝撃を緩和
  5. 液晶画面をキズや汚れから守る衝撃吸収フィルム付属(時間の経過とともに気泡が目立たなくなる特殊吸着層を採用)

 

Amazon.co.jp: ELECOM iPhone6S Plus iPhone6 Plus ZEROSHOCKケース レッド PM-A14LZERORD: 家電・カメラより抜粋

 

なにより①の恩恵が大きいです。スマートフォンは落とした際に角がぶつかりやすいので、そこをガードするダンパー構造がタフで頼もしい。落下時の衝撃音がほとんど聞こえないほどです。

 

1年間、衝撃を吸収し続けたダンパーの画像

f:id:pojihiguma:20160409172445j:plain

f:id:pojihiguma:20160409172450j:plain

 

戦いの傷がなまなましい。おそらく、iPhoneを生身で使用し続けていれば、無事では済まなかったでしょう。1年間使用してもこの状況ですので、ケース自体がいかに頑丈か察して頂けると思います。

 

iPhone画面の修理費用

f:id:pojihiguma:20160409172926p:plain

iPhone の画面の損傷の修理 - Apple サポート

 

サービス未加入で6plusの画面を破損した場合、16800円もの修理費用がかかってしまいます。たった1撃で万金が吹っ飛ぶと考えると、非常にリスキーです。

 

見た目や大きさの変化もあり、購入装着を嫌がる方もいらっしゃるのでしょうけど、リスクを考えると付けておいたほうが良いのでは。

 

iPhone各種・Xperia用商品

6plus

カラーリングはイエロー・シルバー・ブラック・ブルー・レッドの5種

 

5・5s・ SE

 

カラーリング5種(同6plus) 

 

iPod Touch 2015 

 

カラーリングはレッド・ブラックの2種類 

 

Xperia Z5

 

カラーリングはシルバー・レッド・ブルーの3種

 

後記

f:id:pojihiguma:20160407111846p:plain

硬性のケースだと、落として何度目かに割れることもありました。今回紹介したケースはソフト素材なので丈夫ですよ!

 

「元は十分にとれた」と思える数少ないITガジェットアイテムの一つを紹介しました。皆様も大事なスマートフォンをバンパーで護ってあげてくださいね。

 

あなたにおすすめの記事

フラッシュメモリーのお買い得感は時が止まった僕を震撼させる

iPhoneSEの評判やスペック情報、6plusとの比較

iPhone緊急速報が鳴る条件や音の種類、設定や音量について

iPhoneの指紋認証(Touch ID)が超速だった