読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

クリック報酬型広告はこれを貼れ!6つの事業者収益性比較

blog blog-money


スポンサーリンク

2016年11月30日更新

 

僕の知る範囲内でクリック報酬型アドネットワークの事業者とその収益性について記載するので、参考にしてください。

アドセンス・nend・medi8は実際に使用したデータに基づいて記載、そのほかは他のサイトを参照しながら、主にアドセンスを軸に比較しています。

クリック報酬型アドネットワークとは、サイトに貼り付けてそれがクリックされることによって報酬を得るタイプの広告です。

 

なお、当サイトのPVは20万前後であり、各事業者の最後に記載した目安の収益はこの規模のサイトについて発生する金額を記載しています(2016/6/20現在)

 

★アドセンス

クリック報酬型のアドネットワークとしては最強であると断言しても良い、もちろん収益性についてです。

 

貼り方の工夫やサイトの専門性と集客によるマッチングにより、収益性を高めることができます。

 

一般的に、1000PVあたり100円は最低でも発生させると考えてよいでしょう。試行錯誤を繰り返した場合は、さらに1.5~2倍の収益を生むことが可能で、当サイトもこの域にあります。

 

審査あり(住所確認含む)、振り込み手数料なし、貼れる広告はPC・スマホに各3枚ずつ※、広告には色々なサイズがある、規約が厳しめ(特に性的表現など)が特徴として挙げられます。

 

 

初心者はまず、アドセンスにサイトの審査を申請し、そこを通ってからブログで収益を発生させる登竜門としてアドセンスについて試行錯誤してはいかがでしょうか。

 

サイト運営が進むと、中には成約報酬型広告に移行したり、他の手段で収益を得るなどの理由でアドセンスを外す方もいらっしゃいますが、この広告を何らかの形でサイトに残している方がほとんどです。それだけ収益性が高いということ。

 

なお、ここで具体的数値を含む当サイトのアドセンス収益を公開することは規約違反行為に該当するので、残念ながらお見せできません。

 

現在の収益は3万円~4万円です(参考値)

 

忍者アドマックス

PCに限定すると、忍者AdMaxの収益はGoogleAdSenseの 8.7%となりました。 クリック数は 71.3%です。

nend、忍者AdMax、GoogleAdSenseの収益性比較 - 名誉社畜ブログ

 

登録から広告配信のスピードが圧倒的なのが忍者アドマックスです。アドセンスの審査は通ってないけど、とりもあえずも広告を貼りたい、という方には良いのでは。

 

収益は高くありません。他のサイトを参照した場合だと、アドセンスの8.7%の収益だったとか。正直、雀の涙と言わざるを得ない規模です。

 

振込手数料が発生してしまうのも、痛いところですね。指定の銀行を利用すれば、ここはクリアできるようです。

 

今回、参考にした率を素直に当てはめれば、忍者アドマックスを主軸にしたとすれば月に5000円程度の収益になります。

 

nend

貼り始めの頃は収益性が高めで「これは!」と歓喜するのだが、インプレッション数が増加するに従ってクリック単価がみるみるうちに下がっていきます。当サイトでは2週間もしないうちに単価が9円→7円→5円、ついに3円まで下がってしまいました。

 

1日に100回もクリックされて300円というのは、正直頂けません。もちろん、他のアドネットワークと比較しての話ではありますが。

 

さらに振り込み手数料も安くないのです。忍者アドマックス同様に配信スピードは速いのですが、あくまでもメインまでの代替手段と割り切ったほうが良いでしょう。広告を剥がして間もなくすると、未掲載広告のお達しが来て広告を止められてしまうのもシビアです。

 

最低限貼り付けたとして3000円~5000円、主軸にしたとすれば1万~1万5千円程度でしょうか。

 

スマートフォンアドネットワーク【nend】

登録はこちらからどうぞ。

とりあえず収益を発生させたい方へ。

フラクト

Gさん平均クリック単価の半分~3分の1くらい

クリック課金型広告Fluct(フラクト)を導入!流れとか単価とか規約とかミンナ気になる所のまとめ!グーグルアドセンスに替わりになりえるのか? | 笑来

 

フラクトの収益に関する情報は、ネット上でも非常に少ないです。その中で2年前に公開された記事を見つけて参照してみると、どうやらアドセンスの半分~1/3程度の収益のようで。つまり最低でも1000PVで50~30円程度ということが推察されます。

 

かつては事業者にのみ広告を配信していましたが、現在では個人のメディアでも申請を通れば掲載することが可能になりました。決して低いとはいえないプラットフォームだけに、少なからずのブロガーがフラクトに興味を抱いているようです。

 

実は僕も3か月前、フラクトに申請を出したことがあるのですが、返事すら来ませんでした。いくら泡沫サイトからの連絡とはいえお祈りメールの返信くらいはテンプレートでもいいから欲しかったというのが正直な気持ちです( ノД`)シクシク…。

 

ともあれ、収益が高いことに間違いはないでしょうから、自分のサイトに自信がある人は申請してみてはいかがでしょうか?

 

当サイトで主軸とするなら、2万円~3万円の収益を発生させると思われます。

i-mobile

CPMがなんと40円を超えてます。 サブ広告としては優秀です。

nendやめてi-mobile(アイモバイル)にしてみない?オーバーレイに最適。 - 涙拭けよ

 

言及記事では、とにかくnendの収益が悪く、i-mobileに変更したところ好調であると述べています。最初は収益が低かったが、掲載していくうちに徐々に上向きになったとの記述もあり、nendや忍者アドマックスと比較するのならこちらを掲載したほうが良さそうです。

 

CPM40円超えというのは驚異的な数値で、アドセンスのそれに迫るものはあります。ただ、この数値がいつまでも続くとは限らず、最低でも半年程度のロングデータが欲しいところです。

 

見込みでは、スマホをi-mobileを軸として広告展開すれば、月に1万円~1万5千円は間違いなく得られるのかなと。

 

☆medi8

medi8の広告をサイトに設置した成果が予想以上に高かった

 

クリック報酬型広告のダークホース、medi8の登場!

 

当サイトに導入してから今日で12日目ですが、そのデータを以下に画像で示します。

 

f:id:pojihiguma:20160620082617p:plain

 

貼り付けた初日は「う~ん、まぁまぁかな」といった具合なのですが、そこからグングンと伸びる伸びる。ただ、これは同じPVが推移して伸びていった収益ではなく、サイトへの訪問者が伸びたからこその現象であることを述るに留めます。

 

f:id:pojihiguma:20160620083630p:plain

 

このように、本家のアクセスと広告が見事に連動していることがおわかり頂けますでしょうか。言い換えれば、medi8というのは不安定さがありません。アドセンスは鋸の刃のように良い日もあれば悪い日もあるなどの山型グラフを形成しますが、medi8は実に安定した収益源となりうることがここで実証されています。

 

気になる収益性ですが、端的に1クリック10円です。

 

数多のアドネットワークを利用してきた管理者ならこの数字を見てピンとくるでしょうけど、「収益性は高い」のです。1日に100クリックを発生させたとすれば1000円。nendの300円と比較しても、実にその3倍以上。これは凄いですよ。

 

使用してまだ12日間しか経過しておらず、クリック単価や収益性については今後の動向に注目したいですね。もしかすると、nendのようにある一定期間を経過すればガクンと成績が下がるかもしれないし。ここには過剰な期待はしないでおこうと、やや身構えています。

 

当サイトのアドセンスを全てmedi8に変更すれば、収益はどの程度になるでしょう。少なくとも現在の5割確保は間違いなさそうです。上手くいけば、7割~8割をカバーできるかもしれません。

 

このことを考えると、アドセンスがアボった時のリスクヘッジとしても、このサービスは優秀です。

 

アドセンスのリスクヘッジは?

 

アドセンス以外のクリック報酬型広告を貼るならmedi8!

 

理由は上記で述べた通り。フラクトの審査が通過している方は、それでもOKです。nendと忍者アドマックスは緊急避難的に使用すべきで、i-mobileに関してはアドセンスがポシャったあとに本格運用を考えてもいいのではないかな、というのが大まかな所感。

 

併用してさらなるウマウマをしようと考えている人も少なからずいるのでしょうが、僕的にはアドセンスを主軸にしたときの収益をいかに他の事業者でカバーできるのか、ここが重要になってくると考えています。つまりは収益先の分散、リスクヘッジです。

 

いつ、どのタイミングでアカウントが停止になるかわからない。ホワイトでポリシーに沿った運営を心掛けているつもりではあるが、それでもリスクは避けられない。

 

そんな時に、従来の収益を5割以上カバーできるアドネットワークというのが、実際問題的にも心理的にも大きなバックボーンになることは、言うまでもないでしょう。

 

(参考)広告配置

f:id:pojihiguma:20160620091508p:plain

 

平成28年6月20日現在の当サイトの広告配置です。

 

なお、効果のある広告配置というのは、サイト毎にまちまち。つまり、「これが正解」というものがないのです。こればかりは貼る場所を試行錯誤しながら、最も収益性の高い配置を自分で見つけるしかない。

 

最低条件はあります。例えばアドセンスでいえばPC・スマホにそれぞれ適正な枚数を貼るだとか、露出の多い場所に貼るだとか。このような底のラインをクリアすれば、あとはサイト管理者の研究に結果の全てが委ねられていると言っても良いです。

 

正直、広告については貼りつくした感は否めません。これ以上の広告増設は、いよいよユーザビリティを下げてしまうのかなと考えています。貼れるとすれば、あとはPCの本文1・本文2間にmedi8を1枚、といったところでしょうか。あまり広告だらけにすると、サイトの寿命を縮めるような気がして心配です。

※追記 medi8の300*250広告をPCの本文1と本文2の間に追加済み

 

ーー

 

以上!

 

絵美:先輩、結局どうすれば良いんですか!?

理沙:Adsense一択ね(キッパリ

絵美:根も葉もない・・・

理沙:まぁ半分は本気よ。いくつものASPから案件を持ちかけられているけど、結局Adsenseを超える業者はいないわ。クリック報酬型広告を主体にマネタイズしたいブロガーはAdsenseポリシーに従順に従うのが理想ね。いざという時の為に逃げ道を用意しておくのであればmedi8がおすすめ。またはAmazonや各種成約報酬型ASPを導入してリスクヘッジするのが理想ね。

絵美:ベテランのオーラが凄いです、先輩・・・