読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

アニメ『サイコパス(PSYCHO-PASS)』全シリーズ感想

アニメ アニメ-サイコパスシリーズ


スポンサーリンク

ここではアニメ『サイコパス(PSYCHO-PASS)』

1期・劇場版・2期

について所感を述べている。確実なネタバレがあるので、それが嫌な人は閲覧を控えてほしい。

この記事のスタイル

Wikipediaなどによる引用文などは一切なし。俺が見たサイコパスの印象だけで全てを語っていく。詳細が知りたければ自分で調べてくれ。

誤情報を流すつもりはないが、正確な情報という保証もない。基本的には俺がどう思ったかの感想をメインとする。調べりゃ出てくる情報などはこの記事にはないので、そういうのを求めている人は早いうちに他所へ行ったほうが良い。

 

サイコパス1期感想

SFであり、刑事ものである。未来の世界を舞台に、犯罪捜査を進める刑事を中心に物語は進む。犯罪者はあらかじめ数値としてその係数を測定され、100を超えたものは潜在犯として刑事の持つ『ドミネーター』という特殊拳銃で撃たれることになる。100~299はパラライザーというモードで麻痺させられ、300~はデストロイモードで即時処刑される。 これを統合しているのが『シビュラ』といわれるシステム。

俺は主人公は以下の3人であると考えている。

・アカネ-新米刑事の女の子

・コウガミ-ベテラン刑事

・マキシマ-超頭のいい犯罪者

フルネームだとか肩書は省かせてもらった。この3人を中心に物語が進む。マキシマは犯罪係数が測定できない免罪体質者と呼ばれ、シビュラの統べる社会に反旗を翻す。コウガミは過去の因縁から、マキシマを殺すために執念を燃やす。アカネは法を守るためにシビュラとマキシマの間で揺れ動き、成長していく。

基本的に最初はシビュラのシステムだとか正体が不明なので、そこが解らなくて楽しい、それと相まってマキシマも不気味で良い。シビュラの正体が判明してからはそれはそれで面白く、今度は今まで極悪人だったマキシマに感情移入できる人も増えてくるのではないかな、理想の社会だと感じていたシビュラが統べる世界をディストピアと見なす人も出てくるかもしれない。1期を見終わって俺が思ったのは「こんな社会は窮屈すぎるだろwww」といったところ。つまりはこの世界をディストピアとして見たわけね。だからシビュラ滅びろ!とか思ってたしマキシマに肩入れする自分がいた。けどこれは劇場版と2期を見たらちょっと考え方が変わった。

最終的に1期はコウガミさんがウィナーな感じで終わる。まだまだ続くぞコレは感が半端じゃないので、そのまま劇場版なり2期に突入してくれ。ちなみに恋愛要素は皆無だ。アカネちゃんのシャワーシーンならしつこいくらい出てくる回があるので、「ふぅ」する奴はそれでやってくれ。

 

サイコパス劇場版感想

主人公は以下の2人

アカネ-すっかり新米じゃなくなったハイパー刑事

コウガミ-強いんだけどボコスカにされちゃう

1期で「どこいったのだ」的ポジションだったコウガミを中心として物語は進行する。舞台はなんと日本の外。シビュラシステムを海外輸出するモデルケースが進行していて、その中で犯罪にコウガミが関連している可能性があるとのことで単身アカネが海外へ潜伏するというもの。

ごちゃごちゃとした背景は置いといて、この映画の見どころはドミネーターではなく重火器を使用した有人戦闘だとか無人化したドローンによる戦闘シーンではないかと思っている。

コウガミさんは反政府ゲリラの指導者として活躍しているのだけど、劇中では捕まってボコボコにされたり、割と不遇な状況におかれています。ちょっと可哀想だった、もう少し活躍させてあげればいいのに。反面、アカネはそんなに痛い思いはせずにインテリ情報戦をメインに戦っている。

見どころはさっき言ったように重火器やドローンの戦闘シーン、あとはギノザ(ロン毛)という刑事とコウガミの因縁が爽やかに断たれるラストのシーンではないかと思う。あ、あとマキシマ君が友情出演します、お化け役ですけど、ここは超嬉しかった。あと、最後の最後でオチがアカネに容易く懐柔されて民主化に歩を進める一国家という不自然さ。時間がなさ過ぎてこれ、急展開しすぎだろーと思った。急展開し過ぎと感じるのは2期も一緒さね。倍の時間を使わないと、もっと重厚なストーリーは描けないんじゃないかな。いまいちだった。

 

サイコパス2期感想

主人公は以下

アカネ-お馴染み無敵刑事

シモツキ-うざいけど愛せれば楽しい

トウガネ-最初はカッコいいんだけどね

カムイっつうのが黒幕(?)なんだけど、基本的には薄い。上記3人にかなり焦点が当たっている気がする。シモツキはアカネと同じ立場なんだけど、他人の言動に左右されて安定性がなく、小市民で気が小さい小物を演じている(馬鹿じゃないけどね)、んで優秀なアカネに対して超ジェラシーを爆発させてキーキーいってる。ここら辺は理解していないとただただウザい。始めて見た時は「なんだこいつは氏んでくれ」とマジで感じた。2回目は逆に愉快なキャラで愛着が出てきた。

トウガネ君はポストコウガミかと思って完全に信用していたのに、途中から真っ黒けっけなキャラクターになってびっくりした。まぁ背景を知ればそれはそれは悲しいキャラなんだけどね。

アカネは今回も難解な事件で頭を悩ますことになるけど、凄腕の分析官であるサイガ先生に導かれて徐々にカムイの真相に近づいていく。うだうだとストーリーは語るつもりはない、実際に見てほしい。サイコパス全シリーズの最高頭脳はサイガジョウジ先生だと俺は思っている。

先述したがとにかく詰め込み過ぎである、1期に22話に対して2期は11話、実に半分である。それなのにマキシマの事件よりも複雑な背景を限られた時間で無理やり語ろうとしているから混乱する。なんせ物語が急展開過ぎて頭が追いつかない。2期は3回くらい見ないと本当の意味で理解するのは難しいかもしれない。Wikiも一通り目を通したけど、Wikiですら整然と2期のストーリーを説明しきれていないのには笑ってしまった。

とりあえず見どころはシビュラの喉元に新たな概念を突き付けたカムイのアンチテーゼだろう、集団的サイコパスとはなんぞや、全能者のパラドクスとは。ここらへんを知ることでシビュラについての考え方も変わってくるのではないかと思う。俺はシビュラは最大多数の最大幸福を実現するためにはそれなりに必要なシステムだと思った、それは1期の頃は少し独善的だと感じたが劇場版と2期のシビュラの振舞いを見る限りはこのシステムが真にディストピアにはなり得ない、アカネと新しい世界を作っていくのではないかなぁと想像した。

 

以上所感。

とりあえず見れ、サイコパスは面白いぞ。

 

サイコパス見放題の動画サービス

  • サイコパス1期→見放題
  • サイコパス2期→見放題
  • サイコパス新編集版→ポイント制

 

1期と2期が見放題だから、基本を押さえるには完璧!

 

 

 

とりあえず31日間無料トライアルあるから、サイコパス見たい人はU-NEXTがおすすめ。サイコパス以外にも見放題のアニメが目白押し!