読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

野球好きの気持ちが全然わからない、何がそんなに楽しいの?

社会 社会-オピニオン


スポンサーリンク

野球の楽しさがわからない

周りはみんな野球好きばかりで、全然話題に乗れないのだが・・・。

俺だけ野球知らん

職場で休憩中に、TVに映る野球にみんな釘づけになる。「おお、勝ってる勝ってる」「○対○かぁ~」など、その場は「野球」という共通言語で括られ、不思議な一体感がある。そんな中で、僕はできるだけ関わろうとしない。別に野球嫌いなわけではないのだけど、興味が無いのである。ルールを含め、全くと言っていいほど野球を知らない。だから、へたに話題を振られると、返答に困ってしまう。だから、関わらないようにしているのだ。

その場の一体感に包まれるために野球を学ぼうと思わない。自分が好きなことでなければ、いかにルールを調べたとしてもそれが頭に残るとは思えないし、情報を無意識のうちに頭の中で篩にかけてしまって、全然残らない。興味が無いものだから学ぼうとしない、無理やり学ぼうとしたところで、頭の中に残らない。畢竟、野球には関わらないようにするしか、選択する術はない。

2chまとめなどでも「○○で打線組んだ」のように、野球に例えてネタ話に花が咲くことが多々ある。職場のみんなが夢中になっているのと合わせて、世間では野球に興味のある人が多数いて、そこで共通の話題を醸し出す土壌が生まれているのだなぁということをヒシヒシと感じる。でも、僕は知らないんだよ。

 

困るとき

「今日は日ハム、勝ったな!」とかおじさんに言われても「はぁ・・・」としか答えられない。むこうは興奮冷めやらぬ感じで、日本ハムファイターズの武勇をさも自分が成し遂げたい業の如く滔々と語るのであるが、僕にはその姿が半ば滑稽にすら見えてしまう。旅行先の外国人が突然興奮して、意味の解らない言語で畳みかけるように話しかけてくる感覚と類似しているのではないかと想像する。僕はしらないんだってば、野球の話題なんか振られてもさぁ。

かなり前の話だが、職場に野球好きの先輩がいて「お前、セリーグとパリーグの違いは知ってる?球団全部言える?」などと問い詰められ、答えに窮する僕を人間ではないような蔑んだ扱いをしてきた。この時ばかりは野球好きを心底憎み、「あんな球と棒に何を夢中になっているんだこの猿!」と憎悪したものである。これはお門違いで、この先輩の人間性が問題だっただけで、別に野球が悪かったわけではないと、今ではその頃の若かりし稚拙な自分の思考が懐かしくも感じる。それにしても、君らが野球にそこまで熱くなれる理由はなんなの?僕には、さっぱり理解できないんだけど。何が楽しいねん。

 

夢中になれるのが羨ましい

昔の昭和の頃だったら、お茶の間を釘付けにした野球に大勢が沸くのは理解できる。だけど、趣味が多様化し、野球も視聴率を年々落としている中で未だにこれだけの人の共通言語になりうる野球というものは、底知れぬパワーを持っているのかもしれない。

団体競技が苦手でランナーだとか一人で自転車で遠乗りする人は野球に興味がないのかもしれない、なんて推察していた時期もあったけど、どうもそうじゃないらしい。そういう人たちも、意外と野球好きだったり。

野球好きな人に「昔、プレーしてたのですか?」って聞いても「いや、観る専門」って返ってきたリネ。いやいや、過去に経験していて体験が蘇る感じで野球観戦を楽しんでいるものばかりだと思っていたよ。何が楽しくて見てるんだ!?

ともあれ、みんなあれだけTVやスタジアムのプレーに夢中になって、それを酒のさかなにできるのが羨ましい。2chのネタにできるのもね。僕は今日も、TVを見て歓声が上がる休憩室の中で、ひっそりと息をひそめているのです。 

 

あなたにおすすめの記事

一人が好きな人の特徴5つ

HSPとは?敏感、繊細で感受性が高い人は自己診断してみよう