読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

勉強法ってコレってのあるのか?僕は読んで覚えるんだけどさ

社会


スポンサーリンク

読書

「書かないと駄目」って人もいるじゃん。勉強法も人それぞれでコレという決め打ちは無いような気がするのだけど、あるなら教えてセニョリータ。

読んで覚える派

断然読む。資格の勉強とかでも参考書買ったら、とにかく読む。ふせんや蛍光ペンはそれなりに使うけど、読むことに集中するよ。ポイントは集中すること。静かな環境で、その文字の羅列に全ての集中力を発揮させるのさ。

2周もしたら、大体どこに何が書いてあったかくらいは記憶できる。それで勉強はほぼ完了って感じ。一生懸命書いている人もいるけどさ、あれって必要なんかな?まいど見てて「書くより読んだ方が早いじゃん」って思っちゃう。

 

後輩にアドバイスしたらドン引き

「ポジ熊先輩、この資格ですが、どうやって勉強したら良いか教えてください!」こんな風にして自分を頼ってくる後輩は少なからずいる。可愛いね。んで、僕は迷わずこういうのさ。「読んだらいいよ」

( ゚Д゚)ハァ?みたいな顔をしてフリーズする後輩。え、そんなに変なこと言ってる?「いや、だから読めばいいんだって。2周もすればOK」

( ゚Д゚)... 止まらないポカン顔。で、次に言われるのがこれ。「それはポジ熊先輩だからできるんすよ、失礼シャス」ソソクサーといなくなる。あれれー、おっかしいなぁ。僕的にはそんなに変なことを言っているつもりはないのだけどね・・・

 

読む勉強法は万人受けしない

先ほど述べた具体例のみならず、他者で僕の勉強法を受け入れられない人は少なくない。世間でどのような勉強法が多数派なのかは存じないが、少なくともこの「読む」という勉強法が万人受けしないことは解った。

でも、ちょっと試してみてほしい。ただただ写しているだけの書き作業で勉強時間の大半を費やしてしまうような人は、一度でいいからじっくりと読んで欲しい。それで成果が出ればあなたには「読む勉強法」が適してるって言えるんじゃないかな。

色々と捗るよ、なにより場所を選ばばい。自宅はもちろん、通勤途中の電車なんかでも読むだけで学べる、書くスペースはいらないんだからさ。面倒くさがりにはもってこいだよ。

 

書くメリットは

書くことって時間がかかるじゃない。余計なことを書かなければ最小限で済むのだろうけど、結局はなんらかのデバイスに物質として浮き上がらせる行為が必要でしょ?その時間と頭に落とし込む効率を天秤にかけなきゃいけないわけだよねぇ。

今回、最も知りたいのは「書くメリット」だね。これがはっきりすれば、僕も今後は勉強に「書き」を取り込んでいきたいと思う。時間も食うし、道具も必要な「書く」というものへのハードルを越えるためには、何らかの気づきが欲しいなぁ。

もちろん、勉強法なんて個人によってまちまちなのだろうけど。また、読み、書きに偏重せずに複合型のが良いよって場合もあるのだろうけどさ。わかんねぇ。

 

あなたにおすすめの記事

耳栓で静寂を取り戻せ!同居人や隣人の生活音を遮断して休める良アイテムです
「はてなブログ」を定年退職後のセカンドライフにお勧めします
読み漁れ!kindle読み放題のブログ運営に役立ちそうな本【unlimited】
いつか孤独を共有できる人に逢えたらいいなって思うのです
2chまとめサイトの人気は、等身大の共感を得られる部分にある