読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

ブログ記事作成虎の巻!文章作成、各種設定からSNS拡散まで

blog blog-accessup


スポンサーリンク

2016年11月25日 更新

ブログ作成虎の巻イメージ

はてなブログでブログを書いている方は、そのまま適用できます。

ブログサービスが違う方は、該当箇所を自利用サービスに読み替えて参照してください。

以下の目次は、記事作成の順序通りです。

記事の題材を決定

記事ネタが思い浮かばない方

以下の記事を参考にしてください。

 

 

アクセスを伸ばしたい方

キーワードボリューム調査ツール各種でワードを絞り、決定します。以下の記事を参考にしてください。

 

 

好きに書きたい方

頭の中である程度の構想をまとめます。以下参考記事です。

 

 

記事タイトルを決める

28文字~32文字、重要なワードを頭に持ってくる意識でタイトリングします。

※欲張りすぎてキーワードを詰め込みすぎるのも良くない、との指摘もあり。

 

なんだかんだでh1タグに囲われた部分は重要です。内容との解離や小手先のSEOに終始する必要はありませんが、ここは少し考えてもいいセクションです。

 

影響:SEO

 

本文を書く

  1. 冒頭文を書く
  2. 〈続きを読む〉を挿入する
  3. 〈目次〉を挿入する
  4. 〈見出し〉を作り、各見出しに沿って文章を作成する
  5. エディターで2行~3行文章が続けば1段空けて改行する
  6. 〈ボールド(太字)〉や〈文字色〉付与は随時実施する
  7. 引用文は参照リンクを必ず貼る、参照リンク元の情報の正確性を考慮する

 

上記はほんの一部で、ほかにも数多のTIPSがありますが、省略します。

最重要事項は「読者が見て便利かどうか」だと考えます。

 

影響:全般

 

見出しをh2タグへ変更、誤字脱字など修正

はてなブログはデフォルトで〈大見出し〉→h3タグなので、HTML編集ですべてh2タグへ変更します。以下の記事を参考にしてください。

 

 

誤字脱字を修正します。ほかにも文の流れ的に不自然で読みづらい部分については、随時修正します。

 

ボールドや文字色変更もここで補います。

影響:SEO・ユーザビリティ

 

記事末に関連記事挿入

自動で挿入する方法も多数公開されていますが、僕的には手動で関連記事を貼り付けたほうがサイト回遊率が上がるのではないかと思ってます。

 

自動貼り付けは確かに便利ですが、やはりその記事毎にどんな関連記事を貼ったら良いのかを、読者目線で考えて実施するのが何よりも効果的であり、コンピュータに勝る部分だと考えるからです。

 

1日1記事更新であれば、面倒くさがらずにこれを地道に実施しましょう。必ずあとから効果は表れてきます。

 

効果:サイト回遊率上昇・直帰率低下

 

カテゴリーの決定

親→子となるように2つのカテゴリーを設定します。パンくずリストの作成については、以下の記事を参考にしてください。

 

 

影響:SEO・ユーザビリティ

 

カスタムURL設定

記事独自のURLを決定します。以下の記事該当箇所を参考にしてください。

 

 

影響:SEO

 

アイキャッチ画像の選定

フリー画像素材サイトから、記事のテーマにマッチングした画像を選定し、記事の冒頭に貼り付けます。選定は以下の記事を参考にしてください。

 

 

アニメ風ロゴメーカーでオリジナルロゴを作ってアイキャッチ画像にする際は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

画像のalt属性を変更してSEO効果を上げたい方は、『はてブロimageTitle』というツールを使用してみてはいかがでしょうか。簡単にaltを書き換えることができます。(はてなブログ専用)

 

以下クロームのウェブストアで入手できます。

 

 

影響:集客

 

記事の概要を書く

以下の記事を参考にしてください。

 

 

効果:クリック率上昇

 

記事を公開する

ここまでのすべての項目をチェックし、記事を公開します。

このとき、公開記事をTwitterに流しません。理由ははてなブックマークをセルフで実施し、その時に連動させたTwitterでツイートするからです。2重にツイートすると、拡散が散ってしまう恐れがあります。

 

GoogleSearchConsoleに更新を通知する

以下の記事を参考にしてください。

 

 

効果:速やかなインデックス登録

 

はてなブックマークでセルフブックマークを実施する

この時、Twitter機能と連動している場合は、Twitterにも更新通知を流します。

 

効果:SNS拡散・SEO

 

※セルフブックマークは利用規約を熟読の上、実施されることをお勧めします。

 

Facebookに投稿する

以下の記事を参考にしてください。

 

 

効果:SNS拡散・SEO

 

ーー

 

関連リンクが大量にあるけど、参考になる記事を厳選しているのでじっくり見てね♪