読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

副業禁止のサラリーマンがブログを始めるなら知っておくべきこと

blog blog-money


スポンサーリンク

副業禁止のサラリーマンはこれを読め!

サラリマンブロガーのポジ熊です。

今回はサラリーマンが副業でブログを始めるなら知っておくべきことを、経験談を踏まえてお伝えしようと思います。なお、会社に副業バレしたくない人を主なターゲットにしています。

※お金の話多数

※友人が確定申告で副業バレを防いだ話を追記

生活が楽になること

 

ブログ収益は最初は雀の涙ですけど、軌道に乗ってくれば生活費の大半を賄うレベルに達することも可能です。

 

開設10か月目は月8万円と32万PV記録~Adsenseで僕がしてきたこと

僕は開始10か月で月8万円を記録しました。調子が良い月でしたので今後はこうもいかないのでしょうが、現時点で最低ラインで家賃を支払える程度のブログ収益が発生しています。

 

一部上場企業でしか賃金の上昇は見込めないこんな情勢ですから、少しでも副収入はあったほうがいい。そんなときにブログというのは最適なのですね。

 

月に5千円でも、生活が助かると思いませんか?多くの人がブログで月に5千円を稼ぐことができないという統計が出ていますが、しっかりと目的意識をもって取り組めば、月に3万円程度なら到達は難しくない!ということを覚えておきましょう。

 

サラリーマンの強みは主たる生計の源がサラリーにあることに由来します。本業さえ真面目にこなせば、基本的な生活は保障される。そのうえでブログで少なからずの収益を得るということがいかにアドバンテージであるかを知るべきです。

 

はてなブログPro代はアドセンス広告収入ですぐにペイできる

ここでは未経験者が「はてなブログ」でブログを始めたとして、有料版ですらすぐに広告収入で賄えてしまうということをリアルな数字で示しています。参考にしてください。

 

ブログの存在を周りに話してはいけないこと

社内規定で副業が禁止されている人は特に注意してください。周りにブログを始めたことを漏らしてはいけません。ちょっとお洒落なサブカルに参入したんだぜ!的なノリで周りに話しても、「何言ってんだこいつ」と見られてしまうのが関の山です。運悪く「え、それって収入発生するんだよね?」などと穿って見られれば、あなたの状況は急激に悪化します。

 

そもそも「ブログ」という文化がまだ大衆に浸透していないことを肝に命ずべきです。多くの人がその存在を知っていて、副業禁止にもかかわらず生活が苦しいのでしょうがなく始めているものとして認めてくれるほどブログの認知度は高くありません。それこそサブカルチャー、マイノリティな世界なのです。ブログの苦労話やSEOのことなど、100人に1人が知っていれば良い方ですよ。

 

僕の勤めている会社では、誰もブログのことを知っている人はいません。もちろん、僕が同僚にそのことを話していないからです。そもそも「ブログ」の何たるかを知る人が何パーセントいるのかどうか。もしかすると僕しかいないかもしれない、それほどにマイノリティです。そこで「月に8万円を得た」などと話そうものなら、瞬く間に噂話が千里を駆けて伝わってしまう。

 

ねぇ、どうしてオフ会が楽しいか知ってる?~ブロガーをリアルで明かさない僕の話

どうしてもブログ談議に花を咲かせたいならブロガーオフ会で心行くまで吐露してください。そこではブロガーしか在籍しませんので、みなニッチでマニアックな話題でも共通言語として盛り上がってくれるはずです。

 

兎にも角にも、ブログのことは周りに話しては絶対に駄目ですよ、あなたのメリットになることなどほとんどありません。稼げば稼ぐほど「会社ではイマイチだけど、ネットでは俺はすごいんだぜ!」的な承認欲求の充足行為をしたくなる思いに駆られるのでしょうが、それで自分の立場が社会的にも悪くなることを考えると、ぐっと堪えるのがスマートです、冷静に考えれば解るはず。

 

むしろ黙って稼いだ方が、本業でストレスがかかっても「まぁこんなことは大した問題じゃない、私には別に生きる世界があるんだから」なんて救済にもなるのですよ。僕がそうです、仕事でそこまでひとかどに見られずうだつの上がらないコースにいたとしても、このブログさえあれば大抵のことは我慢できる。このように社会で生きる上で逃げ道にもなるのがブログでの副業なわけです。

 

税金の申告は特別徴収を避けること

マイナンバー制度による副業バレは「住民税の納め方」次第

詳しくはここを参照してください。会社で副業が禁止されている人が恐れるのは「副業バレ」だと思うのですが、これを回避する手段は、なくはありません。

 

サラリーマンは源泉徴収といって給料から所得税が自動的に天引きされる仕組みになっていますが、インターネットで得た利益は雑所得といって、年間20万円を超えると確定申告が必要になります。そこで特別徴収枠で申告してしまうと翌年の住民税にそれが加算され、会社の経理にばれてしまうのです。それを防ぐために自ら納付する形態をとる「普通徴収」とするための手続きをする必要がある。これは各自治体に応じてまちまちですが、とりあえず会社に副業がバレたくない人は税務署に問い合わせてください。

 

大事なことは脱税しないことです。どのような形にしろ、得た収入に対して適正な税収を得られるならば、国税にとってこれ以上ないこと。各自の社内規定なんぞ知ったことではないのです。ですから、所得を隠して後から露呈するようなことは避けて、しっかりと税金を納めて会社にもばれない道を探りましょう。

 

旭川市のダブルワーカー確定申告実例

友人のDさんが副業バレを防いだ話確定申告にメイン・副業の源泉徴収を提出する。
確定申告会場で、素直にメインにはバレたくないと税理士に報告。税理士もわかってるので、ハイハイ🎵という感じ(笑)あとは税理士に言われるがままパソコンポチポチして確定申告終了。これだけでは、副業分は普通徴収にならない…市区町村に寄って、違うかもしれんが…
次は市役所に確定申告書類を持って行く。市役所、税の窓口。んで、担当者が出てきたら、ここでもメインにはバレたくないと素直に話す。市役所でもハイハイ🎵って感じ。市役所では自分で何かを書くことはないかな。職員が書いてくれる。これで終了。
思うところは、税務署も市役所も、普通徴収だろうが特別徴収だろうが税金をしっかり払うということに賛同してくれてるんだなっと。メインにバレて副業ができなくなれば税収が減るからねぇ。とても協力的。
恥ずかしがることはない。税理士・市役所では胸を張って相談するべし。ダブルワーカーは人よりも税を納めておる
追記
ネットで調べると確定申告会場で、税の徴収方法を分けれるってあるんだけど、自分はできなかったがために市役所で徴収方法を変更しなければならないんだわ。 だから、最初に市区町村によって違うかもという表現にした
確定申告が始まって提出の源泉徴収が準備できたら、早めに確定申告しましょう。 期日ギリギリは、めっちゃ鬼のように混む…ギリギリだと、受付→パソコンさわるまで2時間待ちとか当たり前

※2016年9月5日聴取、ほぼ原文 

転職するための下準備になること

ブログは継続するとサイトがどんどん成長し、マネタイズも試行錯誤を繰り返せば月に10万を超える規模になることがあります。さらにその先の世界へ移行する人も少なくはなく、月に20万や30万、凄腕ならば100万や200万以上を稼ぎ出す管理者もいます。

 

こうなると本業のサラリーを凌駕した収益を獲得することになり、気を遣いながら心身を擦り減らすサラリーマン稼業にもサヨナラを告げることも、資金的には可能になります。

 

人間関係でうまくいかない、ストレスが超絶である、こんな訳ありなサラリーマンが転職する際の大きなバックボーンとなるのがネットの副業であります。その額が大きければ大きいほど、転職や退職する際の心理的ストレスは緩和されるでしょう。世の中はお金で動いています、先立つものは「金」ですからね。

 

自分でいつか適えたいと考えていた夢へ邁進する機会としても、副業ブログの収益は背中を後押ししてくれます。本業に従事しているから、追えなかった夢。それも、ブログで成功すれば実現できるかもしれない!と考えれば、素敵な世界じゃないですか?

 

おわりに

ブログという自分のメディアを持つなら早いほうが良い

こちらも合わせてお読みください。

 

とりあえずブログを始めてみたらどうでしょう。本業で十分すぎるくらいの稼ぎを得ている人には無縁かもしれませんが、低収入でダブルワークに身をやつしている人などは、片方の仕事を辞めてでも注力すべき価値がブログにはあると思うのですよね。

 

月に5万や10万なんて夢のまた夢だと思いますか?ところがどっこい、この世界は努力を裏切ることは少ないのです。何せ、参入するプラットフォームが平易ですからね。その分、大勢の人に機会を与えているのですね。

 

もちろん、並みならぬ努力は必要ですよ、始めは血反吐覚悟で始めるくらいがちょうどいいのかもしれない。でも、全力で走ってふと後ろを振り返ったときに、自分が積み上げたものがいかに大きく重要なのかを、身をもって知ることができるはずです。

 

以上、副業禁止のサラリーマン向けブログ指南でしたー!

 

あなたにおすすめの記事

サラリーマン+ブログ→社会的信用+金銭的余裕→最強

ネットで個人情報がバレるもの一覧

Facebookページ作り方と匿名利用方法~いいねは身バレ危険

『お金に強くなる生き方』書評 年収600万で上位10%という現実