読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

ブログ書けないときは休んでみたら?って話

blog blog-mental


スポンサーリンク

2016年11月29日 更新

書けないんだったら、休むみましょう。

ブログが書けない。これ、ブログ書きの宿命というか、ジレンマですよね。

「書きたい、でも書けない」...

そんなあなたに、少しホッとするようなメンタル指南をしましょう。

うつの本を見て

 

14歳の頃にうつ病を発症し、以来50年以上うつとお付き合いしてきたという人のエッセイを読んだことがあります。その方は、何らかの活動を頑張って頑張って、そしてエネルギーが切れたようにうつになる。このパターンを繰り返していました。

 

罹患したことがないので経験談ではありませんが、うつというのは脳のエネルギーが切れるもしくは不足することにより引き起こされるのかな、と。そう感じました。

 

ブログを書くことはエネルギーの放出?

「文章を書くことは、己と向き合うこと」という記述を文章力を養う本で見た記憶があります。確かに、自分の頭の中にある考えや思いを文字にして起こすのですから、その通りですよね。

 

これがエネルギーを必要とする作業で、ある時それが切れてしまったり不足してしまったら...「ブログが書けない」という、うつに似た状況に陥ってしまうのかもしれませんね。

 

楽しむためのブログに苦しむ矛盾

これは、できれば避けたいですよね。誰しも苦しむためにブログを書いてるわけじゃないのですから。

 

しかし、「書けない」ということが多くのブロガーにとってストレスになっていることは事実です。

 

ならば、この矛盾をどうするか。

 

時には休む

前述のエネルギー切れがブログを書けない原因であるのなら、やはり休息というか、チャージ期間が必要なのかなと思うのです。

 

何らかの具体的手段により書けるようになるのであれば苦労はしないのですが、書けないことに焦りを感じて、ゴールのない迷走をすることもまた大きなストレスになってしまう。思い切って時間を空けてみるのも良い試みではないでしょうか。

 

「更新を絶やしたことがない」ような人は、ブログを休むことに罪悪感を覚える、というように自分を縛るがゆえの苦悩に陥りがちです。

 

僕もかつて、1000文字以下の記事は作らないという縛りで、大きなストレスを自ら生み出していました。ですが、現在ではこの縛りを止めたお陰で、ブログを書くということが苦になりません。

 

更新を止めてはいけない、というのは自分で作り出したルールです。ですから、そのルールから解放されるかどうかも自分次第ですよね。

 

どんなペースでも、無理せず楽しく続けよう

さんざん偉そうなことを書きましたが、この記事は自分に言い聞かせたい内容なのです。僕も得てして自分を縛ります。そして、本来の目的である「楽しむ」ということを忘れてしまいがちなのです。

 

時には自分の感情と向き合ってみましょう。「ブログを書けない。辛い」こういう悲鳴が聞こえたら、「少し休んでみたら?」と、こう言い聞かせてみてはどうでしょう?

 

追記

f:id:pojihiguma:20160410102332p:plain

ブログは仕事でもなければ、無理をして書いているものでもありません。中心に据えるべくは「楽しむこと」だと思います。

 

であれば、「無理をする」ということは存在しないのではないでしょうか。書きたいときに楽しく。これが一番。

 

もし無理して書いているようであれば、ブログからしばらく距離を置いて休んでみるのも良いかもしれませんね。ブログは書かなくても腐りませんので、いつでも戻ってこれば良いのです。

 

絵美:せんぱ~い・・・

理沙:何泣いてんのよ、いい大人が

ブログが書けないんですぅ~

書かなきゃ良いじゃないの

なにいってんですか!駄目なんです!ブログは人力飛行機なんです!書かなきゃ死ぬんです!

(マグロみたいな理論ね)あのねぇ、書けないものは書けないのよ。書けない時に無理に書いた記事を見返してごらんなさい?

うわぁ、黒歴史だー

でしょ。そんなもんなのよ。良いブログ記事は良いコンディションで生み出されるの。惰性で書き上げた記事はサイトの片隅に埋もれるのがオチよ。素直に休みなさい。

うう・・・

まだ納得がいかない?それではこの記事を見なさい!

なんですかこれ・・・?

このサイトの管理人が3日間ブログを更新しないで、その後最初に公開した記事よ。いつもより文章が生き生きしてるし、文字数も多いわ。こんなもんなのよ。

さらにこれを見るのよ。かつて1日20記事を更新するという愚挙チャレンジした結果、どうなったかがリアルに描かれているわ。無理にブログを更新したって、何も良いことはないのよーーーー!(ドーーーン)

ひええええ・・・

 

 

 

1週間後・・・

 

 

 

f:id:pojihiguma:20161129173228j:plain

 

そこには超絶まとめ記事を書き上げて晴れやかな気持ちになっている絵美の姿がっ!!

 

 

こんなものなのです。ブログから少し離れて止めちゃうようなら、それがあなたとブログの運命だったというわけ。理解できたら、ブログの更新はやりたいときにやる生活にシフトチェンジすると良いですよ。