読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

ブログ文章の書きだしに正解はありませんよ!

blog blog-accessup


スポンサーリンク

2016年11月23日 更新

スタート

ただ、「型」はあると思います。

僕はブログ記事における書き出しに定型は設けていません。ここを掘り下げていきます。

なぜ人は書き出しに悩むのか

それが全てのとっかかりであり、これにくじけると文章全体が駄目になってしまうのではないかという錯覚に陥っているのではないかと思われます。

 

また、そこに正解があるのであれば、それを選択したほうが結果が出るのではないかという推察をしているのではありませんか。

 

ここははっきりいってしまえば正解はないのです。

 

数学などの明確に答えを出せる分野ではありません。自分というものを表現するのに正解があるかどうかと言われたら、どう答えます?それに正解なんて存在しないのです。だから自分の出し方なんて人それぞれで面白い。

 

しかしながら、出足で悩むようなリソースを割きたくないという気持ちも理解できます。文章を書くというのは一筋縄ではいきませんからね。

 

なので、僕の考えていることをどうにか文章化して一定の方向性を示しましょう。

 

「どうも○○です」自己紹介系に利点はあるか?

大いにありだと思うし、定期購読中のブログでもこのような書き出しをする人が多いですね。

 

この利点というのは先述、書き出しで頭を捻らなくて良い分、記事内容に集中することができるというところです。もうひとつは、筆者が名乗ることでブランディングとなることでしょう。

 

毎回このように名乗っていれば「どうも○○です」→「あ、○○さんが書いた記事なんだー」と認めてくれるようになるかもしれません。つまりは自分の売り込みですね。

 

定期購読者であればそんなことを言わずとも誰が書いたかわかろうものですが、検索エンジンから流れてきたような読者であれば管理人の顔はおろか名前すらわからないことがほとんどでしょう。そのような方々に名前を売ることができます

 

以上のメリットをお伝えしましたが、僕的に最大のメリットは後者、名前を売るという部分だと思います。

 

僕がブログ記事における文章の書きだしを決めていない理由

フレキシブルな書き出しができない

悲しい、嬉しい、怒り。そんなエントリーを書き始める時に必ず「どうも○○です」と決めてしまえば、どこか調子が狂う時もあります。

 

例えば怒りに打ち震えたエントリーを書こうとして「ふざけるな!」と始めたとしましょう。その前に「どうも○○です。ふざけるな!」って、なんか危ない人みたいじゃないか。

 

こう考えるとその時の気持ちを素直に書き綴るエントリを主とする僕の筆耕スタイルにはどうしても「名乗り形式」は合致しないのです。

 

管理人の顔は記事内容で伝える

若干暑苦しい理論だけど、まさにこの通りです。

 

とにかく僕の性格が知りたければ中を見てくれ、それですべてがわかる。これくらい熱い気持ちで毎回ブログを書いているものだから、僕にとっては名乗りなど蛇足になってしまい、逆に興ざめとなります。

 

名乗るブロガーを全否定するつもりはありません、あくまでも僕の中では、の話をしています。

 

まとめ

  • 書き出しに正解は無いが、型を決めることはできる
  • 「どうも○○です」というのは悩まなくていいということ、自分を売り出すという2点のメリットあり
  • 僕は記事内容を柔軟にするため、また面白ければ必然的に手間をかけてくれるだろうという中身ありきの運営をしているから書き出しは決めていない

 

こんなところかな。最近では文末の締めも形にこだわらないようにしている。

 

書き出しをちゃっかり決めてます

2016年11月23日追記

「ブログアドバイザーのポジ熊です」

 

これが現在の書き出しです。なぜこのような決め打ちをしているのかというと、当サイトが「初心者ブロガー指南」として方向性を定めたからです。「ブログアドバイザーやってますよ、覚えてね!」という思惑がここに隠れていることは言うまでもありません。

 

書き出しはつまり、管理人のアピールポイントなんです。もし、自分を売り込むことにそこまで情熱を注ぎたくないのならそもそも名乗ることすら不要。記事タイトルに従って粛々と記事を書くだけです。

 

僕の場合は管理人の人となりを知ってもらい、ファンを増やすことをサイト運営の主軸に置いているものですから、冒頭で自己アピールすることも重要な手段となっているのです。

 

ブログに関係ない記事であれば「ブログアドバイザーのポジ熊です」は封印します。だって、検索エンジンから訪問した人にとっては「はぁ?」ってなるに違いありませんからね。

 

ある程度の決め打ちはしてるんですけど、話題によっては名乗らない。これが一番柔軟で都合が良いのではありませんか。