読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

ブログで稼ぐには、とにかく手を動かさねばならない

blog blog-money


スポンサーリンク

ブログで稼ぐ人のイメージ

ブログアドバイザーのポジ熊です。

大規模な過去記事の改修を終えてやや燃え尽き状態で、新しい記事を書く気持ちがなかなか沸きません。

そう、この「気持ちが沸かない」がブログ収益向上の最大の障壁ということを説明します。

手を動かすって何?

新しい記事を書くだとか、過去記事を修正するなど。もしくはアクセス解析や検索クエリを分析して、なぜクリック率が上がらないのか、これからどういう路線で進めばいいのかを検証する作業もこれに当たります。

 

ブログ作業ってかなり緻密で、僕はマメな人じゃないと成果を上げることは難しいと考えます。インターネットとの親和性も大いに関係してくるでしょうし、外向型の人はそもそもPC触る機会が少ないので内向型の人にさらに向いているのかなと。

 

手を動かさない人は結果を求めても疲れるだけ

「どうしてアクセスが伸びないのか」「なぜ収益が上がらないの?」などと悩む前にそもそも手を動かしているかが問題です。先ほども申した通りブログ運営というのは想像以上に繊細なものですから、ちまちまと時間をかけないと結果が出ない。だから、それなりに取り組んでいる人はそれなりにしか成果が出ないのは当然なのです。

 

僕がそうですね、手を動かしているとは言い難い。普通の人よりは触ってますが、それでもブログで飯を食えるレベルにサイトを弄ってません。だから、成果もそれなりなんです。

 

収益をUPさせている周りのブロガーに嫉妬心を燃やした時期もありましたけど、結局それは各自で手を動かしている、努力しているからにほかならず、数字が全てなのでそれを否定することもナンセンスです。あの人たちは常に手を動かしていたのでしょう。

 

だから、自分が「全然やれてねえな」って感じている人は、上がらない成果に業を煮やすのを止めて「まぁそうだよな」くらいに考えておきましょうって話。

 

儲ける仕組みはわかるんだけど問題はそこから先

ブログ始めて真似ごとでもマネタイズして手を動かしていれば、「ああ、なるほど、こうすれば儲かるのか」というのは肌感覚でわかるんです。センスについて個人差はありますけど、1年やってれば何となくわかる。ずっとブログを触っていれば。

 

さて、理屈がわかりました。あとはやるだけです。

 

で、やるかやらないか?

 

それは自分次第なんですよね。

 

空論ですけど僕がもしサラリーマンを辞めてアフィリエイターやライター稼業で飯を食っていくとすれば、きっと今の10倍手を動かすと思うんです。だって、それをしなければ人生がままならないんですから。けど、今は安寧なサラリーマンを不自由なくやってますし、それで主たる生計は維持できるからまぁブログに関してはどこか甘えがあるんですよ。

 

言い訳がましくなりましたが

 

ブログで儲けるには手を動かすこと

それはブログ運営を長く続けていれば肌身でどうすればいいかが理解できること

そこから先はやるかやらないかであること

 

をざっくばらんに述べさせていただきました。

 

サロンやセミナーの言

だいたい落としどころは「あなた次第」。講師がどんなに稼いでいたとしても、残念ながらインセンティブまでの再現性はないんです。

 

情報商材を売って稼ぐ、またはインターネットでその成果を披露して耳目を集める人が誰かに何かを伝える際におそらく苦心しているのがこの部分です。相手の手は、無理やり動かすことなどできないのですよね。だから「あなたがやる気にならないと成果は出ません」って言うんです。

 

これ、わかるんですよ。もし僕が講師だとしてノウハウを限界までかみ砕いて伝えても、最後にはどうしても一言こう添えざるをえない。

 

「あなたが手を動かさねば成果は出ませんよ」と。

 

だからブログ無料相談を実施するにあたり注意事項として「まずはブログを触って向き合って、そこで壁に当たったら来てください」って書かせてもらってるんです。そもそもやる気のない人には、どう伝えても伝わらない。

 

反感を買う成功体験談

成功体験談は大抵、ボヤを起こしてます。やんややんやと反感を買って批判的なコメントをもらうことが多い。それは何故かというと「お前らが成果が出ないのはやる気がないからだろオラ!」と強い語気で語るものが多いからだと思います。そこに「俺はこれだけやったんだ!」というアピールが含まれていればさらに燃焼は促進します。

 

成功体験述懐者の言いたいことはよくわかるし凄い血のにじむような努力をしたんだなって伝わってくるんですけど、読者に対して「やる気のねえやつは止めちまえ!やればできるんだコノヤロー!」的な書き方をするのは、いかがなものかと思います。だって、相手はあなたじゃないわけですからね?

 

やる気の部分は放り投げるくらいの伝え方でちょうどいいんですよ。

 

僕はここを見ている人に伝えたい

ブログで稼ぐには手を動かすしかありません。それは内側からあふれ出てくるものであり、どんな有能な講師もそれが湧き出るスイッチを押すことなどできないのです。すべてはあなた次第。

 

ただ、手を動かすインセンティブを得られるかどうかは各自のポテンシャルや環境次第なわけですから、沸かないからといって「甘えんな!」とは言いません。自分のやれる範囲でやったらいいのではないかと。そうすれば結果はそれなりなんです。僕を見てもらえばわかります。

 

一言では「甘い話はない」ってことですね。楽してブログで儲けられるなんて考えちゃいけない。

 

だから楽をしたい人は月に1000円でも稼げばいいんです。

 

それが楽をしたい人が動かした手の対価ですから。上を見て成長していく気持ちが沸けば、その時には必死に手を動かして頑張ってみてはいかがでしょうかね。

 

 

 

いやいや、それにしてもですよ?

 

 

 

手、なかなか動かないんだよねーーーーー(笑)

 

ケツに火が付かないとダメですね、人間。

 

 

あ、方向性を大きく間違えて手を動かしても徒労に終わることがありますから、壁に当たった際はいつでも相談してくださいね。