読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

1日置いたら美味いカレーの謎と、芋入れない豚肉派のルーの入れ方

食-料理


スポンサーリンク

f:id:pojihiguma:20151112063832j:plain

画像はカレーです。薄暗いけど朝です。全国的にも日照時間が割合少ない地区ですのでね。これは昨日作ったカレーで、本日の朝食として摂取されるまさにその直前を収めた貴重な写真です。真ん中の黄色、カビてるわけではありませんよ。後乗せでチーズを入れたは良いけど、うまく溶けずに失敗したという、それはそれは人間らしい痕跡なのです。しかしなぜ1日置いたカレーは美味しいのでしょうねぇ?

なんで1日置いたら美味いの?

どこぞの誰かから聞いた出所不明の話だと、なにやら腐りかけてアミノ酸が出るから美味いんだ!なんて手放しで喜べない内容だった気がするけど、今日に至るまで調べたことなかったので。良い機会です。ちょっと調べましょう。

 

色々染み出るらしい

ふむふむ。なにやらネバーうんちゃらでまとめられてますが、こんなにダラダラと書くまでもない内容ですね。要するに、1日置くと具の野菜や肉から旨味が染み出して凝縮されるというのが原因です。うまみ成分のグルタミン酸や、果糖やショ糖なども増えます。ということは具なしカレーは置いといても変わらないのかな。具なしカレーなんてあるのかって?闇を知らないのね!

 

デンジャー食中毒

もっとカレーの旨味を引き出す系のサイトが続々出てくるかと思いきや、作ったカレーを常温で保存することでウェルシュ菌が増幅し、食中毒を起こす危険があるから注意しろという警鐘的サイトが目立っていましたね。これらを予防するには、出来たてのうちに食べない分は冷蔵保存するのがポイントだそうで。冷める際に菌が増えていくよ、と。特に夏はやばいんだよ、と。そうおっしゃってます。

しかし今思い返してみれば、私の幼少期は実家でカレー作っても、コンロに放置で朝食べるのがデフォだったものです。危機意識が研ぎ澄まされたのか、子供の菌に対する耐性が下がったのかはわかりませんが、とりあえず置いておくというのは今の常識では考えられないようですねぇ。普段、原因不明の下痢なんかを起こしている時は、何げなくこういった放置食材を摂取して下しているのかもしれません。おそろしい。

 

芋入れない派

私はカレーに芋は使いません。これはそれぞれの家庭によるのでしょうけども。なぜ入れないのかというと、冷凍保存後、解凍した際に芋が変質して食感が悪くなるのですよ。あとはご飯と組み合わせているのだから栄養価が似たり寄ったりになるのでお得感が感じられない、という理由もあります。芋入れる派と小競り合いをしたことは過去に何度かありましてね。局地紛争ってやつです。今考えると、すっごく不毛な争いでしたね。自業自得だが、あえて言います。あの時の俺の時間を返してください。

 

カレーのルーは1種類で良かったんや!

作り方ですが、カレー粉から作るような本格的なものではなく、市販のカレールーを素直に使用します。以前は複数のルーを使うとスパイスが増えて美味しい、などという眉唾な話を信じて使っていましたが、ただただコストが増えるだけでさほど美味しさに変化がなく、1種類だけでも十分美味しいじゃんと我に返った今日この頃なのであります。騙されるなよ。

 

肉は断然豚肉派

9割方、豚肉のバラが多いですね。気分でひき肉を使ったりします。牛や鳥なんてのは滅多に使いません。牛はコストの問題。鳥はカレーと合わさると、どうもいまいちという、完全に個人の趣向です。ですが、とにかく肉は入れたほうがいいです。旨味が全然違いますから、ほんと、驚くくらい。それに保存するにしても前述の時間経過による旨味の出具合も違う訳ですしね。

それにしても、豚肉の万能感は異常です。安いし、美味いし、どんな料理にでも合います。あんな太った人への蔑称として使われるのは、私としては納得できません。宗教によっては不浄の生き物とさえされています。我ら豚肉愛好家は、今こそ豚たちのために立ち上がる時ではないでしょうか?ということで明日から立ち上がります。これ、うそつきの常套句。

 

というわけで1日置いたカレーの話やら我が家のカレー事情やらというまとまりのない話題になりましたが、これで筆を置かせて頂きます。

 

 

あなたにおすすめの記事

www.pojihiguma.com

 

www.pojihiguma.com

 

www.pojihiguma.com

 

www.pojihiguma.com

 

www.pojihiguma.com