読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

【格安!】LINEモバイルでiPhoneを使う手順を全解説

SNS 広告不要

【シェアする】


通信事業者はdocomo、機種はiPhoneSEでスマホを利用していましたが

1か月に1万円がコンスタントに発生しているのが経済的にキツい

と今更ながらに感じまして、今回はLINEモバイルへの乗り替えを試みた話です。

  • 前半 キャリアの料金が高いという私事
  • 中盤 docomoからLINEモバイル乗り換え手順解説

ですので、お急ぎの方は目次「乗り換え手順全解説」をどうぞ。

過去10か月のdocomoスマホ使用料

2016年

5月 9,669円

  • 基本使用料 1,700円(カケホーダイライトプラン)
  • 通話料・通信料 111円
  • パケット定額料等 5,000円(XiデータMパック(標準)) 
  • その他ご利用料金等 -714
  • 端末代金分割支払金 2,916円
  • 消費税等相当額 656円

5月のみ内訳を示します。

パケット定額料がべらぼうに高いと感じます。 

6月 10,588円

7月 10,241円

8月 10,147円

9月 10,061円

10月 10,095円

11月 10,144円

12月 10,112円

2017年

1月 10,283円

2月 10,149円

 

10か月計 101,489円

1か月平均 10,148円(端数切捨て)

 

解約金・解除料を支払って解約した場合にかかる費用

残り14か月の契約期間があり、機種代金もその中で分割で支払っているのですが、もし2017年2月でdocomoを中途解約したとすると、どのような費用が発生するのか。

 

機種分割支払い残高 43,740円

Xiカケホーダイプラン解約金・解除料 10,260円(税込)

携帯電話番号ポータビリティ手数料 2,160円

 

計 56,160円

 

なお機種代は一括でも、残り14か月で月々2,916円を支払ってもOKとのこと。

解約しても14か月縁が切れないとか、ちょっとした地獄感あります(-_-;)

 

格安SIMに乗り換えたとしたら(皮算用)

このままdocomoで14か月使い続けると、見込み発生料金は140,000円です。

中途解約すると56,160円かかります。

格安SIMに乗り換えて月々2,000円で済むようになったとして、14か月使い続けると28,000円です。

 

docomoのまま:140,000円

解約して月2,000円の格安SIMに乗り換え:56,160+28,000=84,160円

 

docomo解約して乗り換えたほうが:140,000-84160=55,840円浮く

 

いやはや、月に4,000円弱浮くことになりますよ(汗)

 

LINEモバイルの特徴

「docomoのiPhone使用者は乗り換えできるよ!」

って触れ込みだったので今回は乗り換えを考えたんですよ。

本当かいな?

とりあえずLINEモバイルの特徴を紹介します。

各プラン特徴

音声通話は20円/30秒が基本です(国内)

LINEフリープラン

  • 最安値月500円(基本)
  • 1GB~通信制限(LINEアプリは制限なし)
  • SMS付きで+120円
  • 音声通話付きで+700円

コミュニケーションフリープラン

  • SMS付き
  • LINE、Twitter、Facebook、Instagram使い放題
  • 通信料は3,5,7,10GBから選択
  • 最安値月1,110円(3GBで音声通話無しの場合)
  • 音声通話付きで+580円
  • 10GBで音声通話付けても3,220円

MUSIC+プラン

  • LINE MUSIC、LINE、Twitter、Facebook、Instagram使い放題
  • 通信料や音声通話の選択肢はコミュニケーションフリープランと同一
  • +700円上乗せ

iPhoneが使える(重要)

f:id:pojihiguma:20170222180251p:plain

図はLINEモバイルのサイトを参考に作成したものです(H29.2.22現在)

管理人はdocomoのiPhoneSEを使用しているため、見事に合致しました。

 

乗り換え手順全解説

MNP予約番号取得

従来と同じ番号を使用するためには、LINEモバイルに乗り換える前にMNP(マイナンバーポータビリティ)予約番号を取得する必要があります。

Mydocomo を参照したところ、「お近くのdocomoショップにてMNP予約番号を受け取ること」とされていました。

というわけで最寄りのdocomoショップへ。

  1. 氏名・電話番号を伝達する
  2. 現在の機種代金や途中解約について説明を受ける
  3. MNP予約番号を紙で受け取る

以上10分程度のやり取りで終了です。

 

MNP取得Q&A

Q:MNP予約番号をもらったらdocomoさんとはどうなる?

A:2週間以内に乗り換え手続きをしなければ自動的にdocomoとの契約が続きます。

 

Q:MNP手数料はいつ引かれる?

A:翌月に引かれます。

 

Q:機種代金や解約金はいつ引かれる?

A:機種代金は分割支払い継続、解約金は翌月に引かれます。

 

Q:格安SIMに移行したらdocomoさんにはもう来なくていい?

A:その通りです。機種代金を一括支払いしたい場合はご来店ください。別の通信事業者へ移行したことをdocomoで確認後、解約にかかるDMを郵送いたします。

 

以上、docomoショップで聞いてきたことをQ&A形式でお伝えしました。

 

LINEモバイル(WEBサイト)での申し込み

1 LINEモバイルのサイトへ

↑並行して申し込み手続きをされるかたは、こちらのバナーからどうぞ。

※記事末に2017年2月末現在のキャンペーン情報を記載しています。 

2 「申し込み」をクリック

f:id:pojihiguma:20170223114457p:plain

3 お申込み前の確認

押さえるポイント

  • 配送に時間を要す場合がある
  • 事務手続きに3,000円、SIM発行手数料が400円発生すること
  • 動作確認済み端末を確認すること(先ほどの図のとおり)
  • 基本的にau及びSoftBankの端末は利用できないこと
  • MNPは期限が10日以上必要

上記含め全ての記載事項を確認したほうが良いです。

4 「上記事項に同意のうえ申し込み」をクリック

5 「通常申し込み」→「次へ進む」をクリック

6 プラン選択

管理人は「SIMカードのみ」「コミュニケーションフリー」「3G」「データ+SMS+音声通話」を選択しました。

これで初期費用3,400円、毎月の支払料金目安1,692円です。

7 SIMカードサイズ選択

iPhoneは基本的に「ナノ」サイズでOKです。

申し込みページにSIMのサイズを端末ごとに表示したページへのリンクがありますので不明な方は要チェック。

8 オプション選択

  • 持込端末保障、留守番電話、割込電話は月額有料
  • 転送電話、国際電話、国際ローミングは無料

管理人は無料の3つにチェックを入れました。

9 料金を確認して「次へ進む」をクリック

10 申し込み区分で「他社からの乗り換え(MNP転入)」をクリック

11 MNP予約番号入力→「次へ進む」をクリック

数字2つ入れたら欄が勝手に進んで驚いた方もいるかもしれませんが、2-4-4形式で自動的に欄が進むので迷わず10桁のMNPを半角数字で入れましょう。

有効期限はdocomoでもらったMNP予約申込書に記載されています。

転入予定携帯電話番号には現在の携帯電話番号を半角-なしで入力しましょう。

12 お客様情報入力→「次へ進む(メールアドレス確認)」をクリック

氏名・性別・生年月日・住所・電話番号・メールアドレス・お知らせ受け取りの有無

を入力します。メールアドレスは今までのキャリアメールが使えないので別のアドレスを入力しましょう。

利用者と契約者が同じです にチェック

契約方法の確認について 電子交付(ウェブ表示)を選択

規約について (同意できたら)すべてにチェック

13 登録メールアドレスに届いたメールを開く

14 本人確認書類アップロードURLをクリック

15 本人確認書類をアップロード→「進む」をクリック

「+ここをクリックしてアップロード」をクリック

※注意!

添付書類が必要な本人確認書類は

  • 住民票
  • 公共料金支払い領収書

のいずれかを送る必要があります。

16 支払方法を選択→「進む」をクリック

管理人はクレジットカードで決済しました。当然、本人名義じゃなければ使用できません。

17 ログインID・パスワード設定→「次へ進む」をクリック

LINEアカウントとは関係なく、今回新たに設定するIDとパスワードです。

18 最終確認→「申し込む」をクリック

今までの手続き内容が表示されます。

面倒がらずに誤りがないか良く確認しましょう。

19 審査開始のメールが届く

登録メールに先ほど確認した内容と同じものが届きますので、メールを破棄せずに保存しておきましょう。あとは確認後にメールが届くのを待つだけです。

20 審査NGの場合

以下管理人の苦労談

  1. 保険証の裏表で申請→「添付書類なし」→NG
  2. 保険証の裏表+水道料金領収書で申請→「添付書類が有効ではない」→NG
  3. 保険証の裏表+電気料金領収書で申請→「添付書類が有効ではない」→NG
  4. 保険証の裏表+住民票で申請→OK

NGメールから24時間以内に本人確認書類の再申請をしないと、手続きがやりなおしになるので注意してください。

保険証で申請される方は、一発、住民票をアップロードしたほうが確実かもしれません。

よくある質問・ヘルプ - LINEモバイル

公共料金の領収書を補助書類として添付されるかたは、こちらを参照してください。

21 審査OKの場合

審査OK、「契約成立」のメールが届きます。

22 商品発送メールが届く

「契約成立」メールから約3時間後に「SIMカード送りました」メールが届きます。

SIMカード到着後は

  • MNP開通窓口へ連絡して自ら切り替えを実施
  • (連絡しなかった場合)2日後の午後以降に順次切り替えを実施

のどちらかの手順で切り替えが行われます。

商品(SIMカード)到着後

1 MNP受付窓口へ連絡して開通手続きする

℡0120-889-279

※手続きしない場合は2日後に自動的に切り替わる

聞かれること(4点)
  1. 電話しているのは本人か
  2. LINEモバイル契約時の登録電話番号
  3. 生年月日を西暦から
  4. LINEモバイルの「ID」
注意点のお知らせ
  • 登録メールアドレスへ手続き完了のお知らせをもって開通、1~2時間を要する
  • 端末の再起動が必要になる場合がある。メール到着後に使用できなければ端末を再起動してほしい

2 SIMカード差し替え

iPhoneやiPadに付属しているSIMカード取り出し用の器具(細いピン)を利用するとスムーズです。

3 プロファイルダウンロード

Wi-Fiに接続

Safarihttps://mobile.line.me/apn/line.mobileconfigへアクセス

APN構成プロファイルをインストール(要パスコード)

詳細はAPN設定方法(iOS・iPhone) - LINEモバイルを参照

4 開通のお知らせを受け取る

お知らせが来ても「圏外」の場合は、端末を再起動してください。

管理人は再起動することで通信が可能となりました。

 

通信速度測定(参考)

同じ時間帯、同じ場所でdocomoとLINEモバイルで計測した結果

docomo

f:id:pojihiguma:20170227143613p:plain

LINEモバイル

f:id:pojihiguma:20170227143618p:plain

LINEモバイルは速い

「docomoの回線使ってるから、どこでも繋がるし速い」という評判は聞いてましたけど、実際にスピードテストして速いなって感じました。

長い期間、色々な場所や条件下で比較検証したわけではないので、あくまでも参考としてください。旭川市の中心部~少々足を延ばした住宅地で昼頃に測定しています。

 

キャンペーン情報

3か月分の月額基本使用料無料

条件:2017年3月31までに(データ+SMS+音声通話)で新規利用開始

補足:契約月、2017年6月分・7月分が無料になる

3か月連続3GB(計9GB)プレゼント

条件:2017年3月31日までに(コミュニケーションフリープラン)(MUSIC+プラン)のどちらかで新規申し込み

補足:月初めから3営業日以内に3GB付与

2017年3月に3GBプランを申し込んだとすると、4月・5月・6月が上限6GBとなる

付与された通信料は翌月まで繰り越せる

 

以上、LINEモバイルの紹介でした。管理人もdocomoから乗り換えて使用中です。安く抑えるポイントは「電話をいかに減らすか」でしょうね。facetimeやLINE電話を有効に活用していきたい。

 

登録はこちらから。