読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

都々逸「恋に焦がれて鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす」に学ぶ

社会 社会-人間関係


スポンサーリンク

恋に焦がれて鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす

皆さんはこの言葉をご存知だろうか?

言葉の意味・発祥・歴史

まずは「都々逸」について辞書を引いてみる。

 

流行俗語。雑言を用いず、主に男女相愛の情を口語をもって作り、ふつう七・七・七・五の4句からなる。

ー広辞苑第6版より

 

俳句は季語の入った五・七・五、入ってないものは川柳、短歌は五・七・五・七・七であることは知っていたが、このような句の並びで綴る作品が昔から親しまれていることを、つい最近知った。

 

元来は、三味線と共に歌われる俗曲で、音曲師が寄席や座敷などで演じる出し物であった。 主として男女の恋愛を題材として扱ったため情歌とも呼ばれる。 七・七・七・五の音数律に従うのが基本だが、五字冠りと呼ばれる五・七・七・七・五という形式もある。

都々逸 - Wikipedia

 

ウィキペディアでは別の形式が示されており、七・七・七・五以外の句の並びも都々逸となるということを示唆している。男女相愛を題材として扱う、という部分は基本らしい。

 

惚れて通えば 千里も一里 逢えずに帰れば また千里(作者不詳)

この酒を 止めちゃ嫌だよ 酔わせておくれ まさか素面じゃ 言いにくい(作者不詳)

浮名立ちゃ それも困るが 世間の人に 知らせないのも 惜しい仲(作者不詳)

三千世界の 鴉を殺し ぬしと添い寝が してみたい(桂小五郎説、高杉晋作説、他もあり)

逢うて別れて 別れて逢うて(泣くも笑うもあとやさき)

末は野の風 秋の風 一期一会の 別れかな(井伊直弼 茶湯一会集)

岡惚れ三年 本惚れ三月 思い遂げたは 三分間(作者不詳)

都々逸 - Wikipedia

 

作品例。男女の恋を歌にしたものは世間に溢れているが、これら都々逸にはそういったものにはない風情を感じる。 

 

同サイトをさらにひも解いてみると、以下のことがわかった。

 

  • 発祥は名古屋
  • 名古屋節の合いの手「どどいつどいつ」を取り入れたもの
  • 江戸の庶民に親しまれた

※有力説とのこと

 

次に、僕が最もグッとくる都々逸を紹介したい。

 

恋に焦がれて鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす

流れるような美しい七・七・七・五の句でまず目を引かれ、その意味を知ることでさらに心に染みてくる。何度聞いても美しい。

 

鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がすとは、口に出してあれこれ言う者より、口に出して言わない者のほうが、心の中では深く思っていることのたとえ。

鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす - 故事ことわざ辞典

 

男女相愛を謳うものであるから、このような意味が推察できる。

 

上辺だけの「好きだよ」「愛している」などと口軽く言うものよりも、言わないほうがずっと相手のことを深く好いている。

 

なんでもかんでも当てはまるものではない。例えば本当に嫌いで「好きだ」と言いたくない場合もある。だが、そんなときは言葉に出る出ない以前に態度に出ているだろうから、推して知るべしということだろう。

 

しかしながら、巧言令色とは良く言ったもので、浮ついた言葉がポンポンと立て板に水の如く出てくる軟派な人はどこか信用できないというか「お前、本当にそれ思ってんの?」と言いたくなる。

 

傾聴と不言実行

こと恋愛だけではない、普段の人間関係においてもそう。主に自分のことを中心に、常にペラペラとおしゃべりに興じる人には、どこか軽薄な印象を受ける。逆に、相手の話に傾聴し、やるべきことを黙々と遂行する人は信頼できる。言葉にするまでもなく、行動、背中で自分を語っている。こういう人がいざという時に発言すると、あまり話を聞かない人間も思わず注目してしまうものだ。

 

僕はここを目指したい。これまでの人生では、常に自分語りを中心に人とコミュニケーションをとってきた。時には語りすぎて相手の嫌な顔を見、「またやってしまった」と自省することもあるが、結局は本質が変わらずにまた自分語りのコミュニケーションに戻ってしまう。懲りていなかったのだね。

 

最近は人の話を良く聞くようになった。もちろん、自分を語りたい欲求は常にあるのだが、遮ってまでそれをやろうとは考えなくなった。これについては色々と要因が考えられる。

 

1つ目は半年以上という長い休暇期間を経た事。これによりこれからの他者とのコミュニケーションについてあるべき姿を自分なりに描き、練ることができたのかもしれない。半年も自分と向き合えば、嫌でも色々なものを注視して変化していくものなんだな、と。

 

2つ目はブログだろう。ここは好きな意見を好きなだけ書くことができるし、見てくれる人が大勢いる。これにより、職場で誰かに自分を語る必要がなくなったのかもしれない。他人は自分のことを聞かれると嬉しいもの。僕はブログでそれを体現し、職場では誰かが嬉しくなるよう傾聴を主に振る舞うことで、より一層のコミュニケーション円滑化を図れる。素晴らしい構図だ。

 

気分の抑揚もあるのだろうが、ここ最近はめっきり口数が減った。今までどれだけ自分語りをしてたんだろーって思う。でも、それはもうする必要はない。これから、僕は黙々とやるべきことをやって、他者の話に耳を傾け必要なことを口に出して生きていこうと思う。

 

恋愛についても同じ。好きだからといって軽薄な言葉を連ねるよりも、相手に伝わるような行動で示していきたい。鳴かぬ蛍の如くね!

 

あなたにおすすめの記事

良い人や平等な人を「モテない」と断じるやつは許しておけない

女性にモテる科学は結構だが、愛を継続する探求もしようよって話

【読書】本を100冊読んで起きた変化~語彙増・思考癖・口数減など