読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

独自ドメイン切り替え後の検索アクセス推移はどうなる?

blog blog-accessup


スポンサーリンク

2016年11月23日更新

独自ドメインに切り替えたらアクセスはどうなるのよ?

 

独自ドメインに切り替えたのが平成27年11月17日なので、本日(平成28年2月17日)でドメイン年齢が3か月ということになります。

 

読者が最も気になるのは、独自ドメイン移行後の検索エンジンからの流入割合じゃないでしょうか?

今回はそれを示します。

検索流入割合データの参考値

 

アナリティクスで解析したデータの概数で検索流入割合をお伝えします。

調査方法:アナリティクス→ユーザー→サマリー→任意の期間指定→集客→すべてのトラフィック→参照元/メディア→googleとyahooの割合を合算

【旧ドメイン】10/12~11/16

 

検索流入割合 7%

 

7%て、少なwww

 

まぁ1か月目だし、インデックスされているコンテンツ自体が少ないということで...

 

それにしたってはてなドメインの恩恵はほとんど受けてないようにも思えます。やはり解析ツール等を使ってニーズのあるワードを絞りながらコンテンツ作りしないと、そもそも検索流入は増やせないってことなのかも。

 

『ポジ熊の人生記』が雑記で始まった時点で、こうなる運命は定められていたのかもしれません。どっかの専門分野に特化したブログのデータっていうのは、おそらく全然違うものになるのでは。

 

【独自1か月目】11/17~12/16

 

検索流入割合 10%

 

10%か・・・はてなドメインで通していたらこの数値がどうなっていたのかが気になります。それにしたって雀の涙感は否めません。

 

この時期は連日のように「検索流入が少ない少ない」とぼやいていた気がします。周りもさぞかし付き合うのに疲れたでしょうね(-_-;)

 

特に切り替え~12月の頭はアクセスが底打ちになりました。炎上も相まって絶望感が半端じゃなかったです。やっぱり、独自ドメイン切り替え直後が一番アクセスが落ちるのでしょうか。周りのブロガーを見ていたら、ますます疑惑が確信に...

 

それにしても独自ドメイン切り替え→炎上→アクセスがた落ちとか、僕は良くブログを続けてきたもんです(笑)

 

【独自2か月目】12/17~1/16

 

検索流入割合 32%

 

ええやん!!

 

実はここ、「おみくじ」という検索ワードで年始からがっつりと稼いだ時期でもあったのです。だから余計に検索流入が増えたのですね。それがなかったら、おそらく割合は2割程度じゃないかなと。

 

やっぱりドメインパワーというのは一朝一夕にはつかないっちゅうことはこれを見ても明らかです。

 

【独自3か月目】1/17~2/16

 

検索流入割合 32%

 

変化なし。

 

自分の中ではもうちょっと増えてほしかったなというのが正直な気持ち。

 

ぶっちゃけ、ここからが正念場だと思ってます。諸説ありますが、ドメインは3か月~半年でパワーが付き始めるそうで。SNS拡散の頻度にもよるのでしょうが、4か月目、5か月目そして半年と検索流入割合がどうなっていくのか見ものです!!

 

ーー

 

以上、独自ドメイン切り替え後、3か月間の検索流入割合の推移を示してみたよ!

ドメイン、もっと頑張りーや!!

 

その後の変化(2016年11月23日追記)

2016/2/17~3/16 47%

2016/3/17~4/16 60%

2016/4/17~5/16 68%

 

f:id:pojihiguma:20161123132205p:plain

 

はい、というわけで順調に検索アクセス増えてました(笑)

 

これだけではミクロすぎて確定的なことは言えませんが、とりあえず独自ドメイン切り替え後の3か月間が辛抱の期間なのかなと。

 

アクセス落ちた時はどうしても気持ちもダウナーになりがちで、これは痛いほどわかるんですけど、あとで振り返ったときに微笑ましいくらいに頑張れば成果が出ので...

 

独自ドメイン切り替えでアクセス減となり落ち込んじゃってる訪問者さんは、ここを見て少しでも元気になってもらえれば幸いです。

<補足>

今回、示したデータはあくまでもブログ開始から1か月目で独自ドメインに切り替えた場合のものです。

長くブログを続けている方が独自ドメインへ切り替えた際にこのような急激な変化があるかどうかは未知数です。多少減少する人、あまり変わらない人などそれぞれですので、ここに留意願います。