読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

ゴルスタサービス終了 個人情報公開や反省文騒動を経て

社会 社会-犯罪


スポンサーリンク

※25日に起きた騒動および26日のゴルスタ謝罪内容についての概要と所感を記載しています。

 

【公式】ゴルスタ-夢がはじまる中高生限定アプリ-無料でライブ配信

そもそも「ゴールスタート(以下ゴルスタ)」って何かといいますと、中高生専用SNSアプリなんですね。どのようなコンセプトかは公式をご覧になって頂きたいのですが、まぁとにかく甘酸っぱい香りでいっぱいです。

 

中高生専用SNS「ゴルスタ」運営批判は威力業務妨害でBAN、復帰には協力姿勢と反省文という驚異の体制を見て震える人々 - Togetterまとめ

昨日から話題となっているのが、こちらのまとめに記載された「運営批判に対して容赦なくBANをする運営→協力姿勢と謝罪文を見せることで解除」というファシズム顔負けの振る舞いをツイッター上で平然とする運営ですね。

 

これが話題にならないわけがありません。

 

2016年9月5日 追記

真面目要素もあるようだが

「放課後一緒に遊ぼうよ!」というド派手な出会い系のような謳い文句から、
「アバターでおしゃれしちゃう」というア●ブロみたいなイラストが来て、
「チャットで恋バナ」「はじめてのトークはドキドキ」などという、もう出会い系としか思えないイラストが来て、
「色んな悩みをみんなに相談!」という普通のSNSでも出来るようなことが書いてあり…

中高生アバター「放課後アプリ:ゴールスタート」がなんか予想と違う : 特異点ドットコム

こちらの書き手さんと、感想はほぼ一緒です。

 

まず公式HPを開いたらそのギラギラ感にめまいがしそうになる。TOPページだけ一瞥したら「なんだこのいかがわしいアプリは!」と決めつけて去っていく人も少なからずいるような気がします。

 

僕はTOPを見てまず受けた印象は「出会い系の温床」「ツイキャスの中高生バージョンでカースト促進」「未成年の未熟な金銭感覚を利用した金銭搾取」でした。

 

授業を配信したり、ITと教育を掛け合わせた元教育に関わる方が運営を手がけているそうなので、真面目要素も少なからずあるようなのですが・・・講師陣はイケメンや可愛いを謳う人たちのラインナップで眩しい。勉強にこの要素が必要なのかと疑問に感じます。TVCMも放映していた(今もしているのか?)ようですから、ある程度まともな部分がなければまかり通らないものなのでしょうけれども。

 

利用規約を見ると登録に「ニックネーム」を使えるようですが、所属する学校情報や位置情報も収集しますと堂々と宣言しておりますので、匿名が完全に守られるような安心感は見えない。

 

さらに、利用するにあたってクレジットカード(保護者のカードでも可)情報が必要になる場合もあるようですね。学生だってデビットカードなど利用できるクレカがあるわけですから、間違いなく課金要素もあるでしょうね。ゲーム内通貨「ルビー」は課金アイテムではないようですが、何らかの仕組みで課金を促す要素もありそう。

 

利用規約|ゴールスタート

プライバシーポリシー | ゴールスタート

 

感想:ロクなものではない

 

運営開始からこのような横暴を運営が行っていたにも関わらず、それが話題にならないでここまできたのか。それとも、にわかに発生したのかは定かではありません。

 

なんにせよ、運営批判をしただけでBANされるというのは異常と言わざるを得ません。さらに常軌を逸しているのは、反省の弁を述べたり運営に協力姿勢を見せることで凍結を解除するという行動です。明らかにおかしい。

 

真面目な要素ありきで、親も「これなら大丈夫かな」と判断できるようなアプリであれば、子供に使わせるのもやぶさかではないのでしょう。ですが、公式HPの謳い文句やヴィジュアルでのバイアス、とどめに今回の事件です。これはもう「完全にアウト」判定を受けるのは時間の問題ではないでしょうか。

 

子供間のコミュニケーションにLINEがインフラ化している現状、それを排除するのは難しい。そこは半ば認めつつ、学校や保護者が利用上の啓発を含め、事件を防ぐことに注力すべきでしょう。しかし、これ以上何かが起きそうな危ない香りのするSNSを勃興させてはいけないような気がするのですが・・・

 

中高生のアプリ事情などは詳しくありませんが、全国にどれだけのゴルスタユーザーがいるのでしょうか。そこで生まれる闇などが今後、露になっていけば、その全容が見えてくるのかもしれません。

ゴルスタ謝罪

H28/8/27追記

ゴルスタは26日、読売新聞の取材に対して謝罪したようです。

中高生向けアプリ「ゴルスタ」 個人情報流出で謝罪 : まとめ読み「NEWS通」 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

ソースはこちら。ここではその一部を引用して25日~26日にかけての運営側の主張について所感を述べます。

 

アプリの運営会社「スプリックス」(東京都豊島区)の常石博之副社長は26日、読売新聞社の取材に対し、同社の担当者がゴルスタの公式ツイッターアカウントで、ゴルスタを批判していた元ユーザーの氏名を書き込んだ上で、「警察に通報します」などと警告したことについて、「この事実に対しては、当社のミスでした。深夜でもあり、担当者がヒートアップしてしまったためです。深くお詫びいたします」と謝罪した。

 

「氏名を書き込んだ」という時点で、相当やってしまった感はあると思うのですよね。全世界に公開されているツイッターサーバー上ですよね?これはほかでもない晒し行為じゃないですか。

 

当社は、利用者情報のうち、個人情報については、個人情報保護法その他の法令に基づき開示が認められる場合を除く他、あらかじめ利用者の同意を得ないで、第三者に提供しません。但し、次に掲げる場合はこの限りではありません。
(1) 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取り扱いの全部又は一部を委託する場合
(2) 合併、会社分割、その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
(3) 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用者の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
(4) その他、個人情報保護法その他の法令で認められる場合

プライバシーポリシー | ゴールス

ゴルスタのプライバシーポリシーです(H28/8/28 5:39時点)

「深夜でヒートアップした際に、運営側の判断で個人情報を開示できる」要件がどこにも記載されていません。ポリシー違反を犯したことは明らかではないかと思うのですが、これはどうなのでしょうか。

 

 また、アプリの利用規約の「クレジットカード情報」を収集するという記載についても、「保護者のクレジットカード番号が必要なのか」などとSNS上で指摘されている。この点について、常石氏は、利用規約でクレジットカード情報を求めていたことは認めたものの、将来的に課金コンテンツを設置した時に備えたもので、「いままでクレジットカード番号を入力した人はゼロ」と回答。26日現在、その部分は利用規約から外されている。

 

運営はクレジットカード情報を収集した事実はないとのこと。ただ、課金に備えて求めていたこともまた事実、と。今後、アプリ利用を継続するうえでクレジットカード情報を入力すべきかどうか。利用規約から一時外した事実を踏まえて、冷静に判断していただきたいなと思いますね。冷静、といっても、主たるユーザーは中高生等未成年なわけですけれども...

 

垢BAN→謝罪反省文解除については

「いきすぎでは」などと批判が出ている。この点について、常石氏は「アプリを安心・安全に中高生に使ってもらう上で、学校みたいな感じではあるがこのような対応をしている。多少、判断が厳しすぎるかもしれない。しかし、中高生を守るためにという認識のもと、アプリを運営している」と話している。

 

「学校みたいな感じ」って。生徒が学校側に疑問を呈したら退学させるのか。謝罪や反省文を書けば、復学させるのか、と。独善的な運営思想にもほどがあるのでは。

とどめはこれ、「中高生を守るためにという認識」??いやいや、違いますよね、運営を守るためではないのですか。件の利用者は運営を批判したのであって、誰かを名指しで批判して脅威に陥れたわけではないでしょう。

 

感想

まぁ、なんというか、あまりにも独善的で誇大ともとれそうな申し開きを目の当たりにしたわけです。これで今後、このアプリを使用すべきか否かは、今まで判断がつかなかった人にも理解できるのではないかと。

しかし、すべての中高生がこの件で危険性を認識できるかどうかといえば、それは難しいかもしれません。保護者の方は今回の顛末を踏まえ、お子様が利用するアプリ等について無関心にならずに、しっかりと把握して踏み入るところは踏み入ってくださいね、事件が起きる前に!

 

サービス終了

Twitterトレンドがゴルスタで騒がしいことに気が付き、今頃どしたのって開いてみたらサービスを終了する模様です。

個人情報公開、反省文騒動はインターネット上でかなり問題視されましたし、これ以上運営を続けていくことは困難と判断したのでしょう。

それにしても件のツイート内「ゴルスタアイドル活動に専念するために中退」ってのは事実なのでしょうか。だとしたら、決して浅くない闇がそこにはあったのだと思われます。

個人でライブ放送を行い、人気を集めることのできるコンテンツはゴルスタだけではありません。しかし、中高生専用と銘打っているあたりに厄介さが潜んで・・・いや、もろに出ていたのは言うまでもないことでしょう。

中高生、人生の進路を方向付ける大事な時期です。ゴルスタに腐心している暇はないはず。ましてやカーストを助長させるようなシステムが実装されているなら、それは淘汰されるべきだったのですね。

LINEでもグルチャなどで問題が起きやすい子供のSNS事情を、さらにややこしくさせる危ないコンテンツが今後も勃興しないことを祈るばかりです。社会は、こういったコンテンツに監視の目を厳しく向け続けるべきでしょう。

 

「ゴルスタ」無事サービス終了→高校中退までしたゴルスタ発アイドルの行方は - Togetterまとめ

Togetterまとめ記事へのリンク置いときまーす('ω')ノ

 

ひま部というアプリも話題になっている模様。

 

画像を見る限り、アカンやつですね、これも(笑)

なんでしょうねー、最近はこういう運営ディストピア絶対権力系の中高生向けアプリが流行っているのでしょうか?

時代を映す鏡とでもいうのでしょうか・・・

 

2016年9月5日追記

あなたにおすすめの記事

ネットで個人情報がバレるもの一覧

「スクールカーストの正体」8分類の詳細と決定要因の図

いじめでもマインドコントロールは使われる!逃げ場のない子供たち