読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

合コンで可愛い子だけちやほやするのはいい加減止めないか?

【シェアする】

合コンで可愛い子だけチヤホヤする馬鹿

ベテランではないけど間違いなく50回は合コン経験があるので、合コン参加時の心境などを書くとともに、最も言いたいことを述べたいと存じます。

 

とりあえず...

 

「可愛い子だけちやほやするのはいい加減やめないか?」

 

サクラについて

 

サクラが舞い込んでいた時のガッカリ感は異常です。主催同士で「今回は○○ちゃんがサクラだから、ごめんねっ☆」と事前に根回しがあればまだ良いのですけども、当日試合が始まってから「実は私、彼氏持ちでぇー」とか無しですよ。

 

もっとタチが悪いのは「旦那・嫁」持ちです。

 

これは半ば当事者全員が巻き込まれるわけですので、始末が悪い。配偶者もちでサクラは本当に控えてください。なお、世の中には「既婚パ」という結婚したのに諦めきれない中途半端な精神構造をお持ちの男女のためのダブルスピークのような言葉が存在するようです。せいぜい民事に震えて楽しむと良いでしょう。

 

会場に来る前のワクワク感は異常

男性陣が先に会場に来て待っているパターンが多かったですね。それで後からくる女性陣を迎え撃つ形。入口の方を見てソワソワする野郎一同が面白いです、猿ども。「どんな娘がくるんだろー」そんで自分にピタリとくる娘は来たら心躍り、そうじゃない場合は一気にモチベーションが低下してしまう、これが一般的な様式です。

 

迎え撃たれる女子はどう思ってるのでしょうか、今となっては聞いてみたいものでありますが。合コンなんてしばらく行ってないし、これから行くかどうかもわかりません。

歳が歳ですのでね(笑)

 

可愛い子だけちやほやするのは罪深き行為なり

ここが今回、一番言いたかったこと。可愛い子だけをちやほやするアレです。女性陣には申し訳ないのですが、今回は男性目線で語らせてもらいますね。

 

玉石混交の女子の中にはやはりひときわ輝く外見の女性もいるわけです。グラマラスであったり、おめめぱっちりの顔のパーツが整っていたり、または雰囲気が超絶モテオーラに包まれているなどさまざまであるが、とにかく「可愛い」のです。それは会場に着いて一目でわかります、「ああ、この人はモテるんだろうな。今回はこの人がどうしても視線を集めるだろう」僕の本能はそう教えます。

 

合コンという場は恋人を作る場であり、そこに来た人間に等しく権利が与えられるわけではない、自由競争の場です。なのでどうしても優劣を付けられてしまうことは自然なことなのかもしれません。件の女子に注目が集まることも不自然ではないのです。

 

しかし・・・食い物を取り分けるにしても話題を挙げるにしても褒めるにしても、その可愛い子ばかりに集中してちやほやするのは本当に見ていて残念な気持ちになります。「いい加減にしろ」と毎度言いたくなる。非モテの女子をかばうような偽善的・欺瞞的精神に則っているわけではなく、バランスが著しく崩壊するような行為はやめてほしい、ただそれだけの感情です。

 

その行為は、会を台無しにする

可愛い子だけちやほやするのは止めてください。気持ちは大いにわかるのですけど、何度も言いますがバランスを欠くんです。

 

ここは大人の社交場です。各々が仕事もあり、暇じゃないところに時間を作って4:4なり5:5なりの場に時間を割いたわけですよ。大の大人が10人も集まって同じ場所、同じ時間に同じ物を食べて楽しむ。まずはこの奇跡にこそ感謝して杯を傾けるべきではないのですか?

 

可愛いからってちやほやした結果、全体がしらけて「なんなの、この会は・・・」っていう顔をして帰っていく『ふてくされ余され系女子』が大半です。「あれはやりすぎたな」と自省する『時すでに遅し系男子』が大半です。こんなことで良いのですか?これが何のみのりになるというのでしょう?どうか再考してください。

 

可愛い子がいてもせめて1次会は全体の調和を考えて行動してください。いくらその子が自分のドストライク状態でも、隣接してひたすら口説きにかかるのは止めましょう。周りはドン引きして見てますよ。

 

最初っから猛烈なスタートダッシュを決めるよりも色々な人と会話を楽しんでゆったり過ごした1次会メンズにこそ後半に強いものですよ。大人な人たちは2次会のフリーダムな空気の中であくまでも自然に発生したかの如くアドレスの交換など自己アピールをエレガントに行うものなんです。

 

最後にもう一度。

 

合コンで可愛い子だけちやほやするのは止めてください。

 

関連記事