読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

はてなブログSEO対策~記事タイトル・目次・見出し・内部リンクなど【保存版】

blog blog-accessup


スポンサーリンク

はてなブログのSEO対策

ここでは

はてなブログにおける記事作成から公開までのSEOに関する対策について順番に記載していきます。

記事タイトルの決定

 

検索エンジンへのアピールとして「記事タイトルでは重要なワードほど前に持ってくる」のが基本です。

記事タイトルはSEOとインパクトのどちらを重視するかがポイント - ポジ熊の人生記

 

その他の情報は、引用先を参照してください。

 

なお、文字数は従来ですと28~32文字におさめるよう述べていましたが、現在では厳密に文字数にはこだわらなくなりました。

 

これ以上の文字数になるとインデックスされた記事タイトルは途中で切れてしまいますが、SEO的に悪影響かどうかは不明確だからです。

 

文字範囲内に収める思考ルーチンを省略することにしています。 

 

目次の使用

 

引用記事内「見出しを使った修正作業」の項を参照してください、画像付きではてなブログに見出しを設ける方法を解説しています。ここでは「見出し」としていますが、これは「目次」ですね。

 

なお、目次を入れることでSEO対策に有利か否かというのは、僕の知見では何ともいえません。ただ、記事内容にボリュームがあり、多くの項がある場合は挿入したほうが閲覧者のユーザビリティを向上させると考えております。当サイトでは、ほぼ全ての記事に目次を導入しています。

 

見出しを適正化(H3→H2へ)

h2タグは使うべき

理由

botがh1→h2とすんなり読み込んでくれる 使える見出しが1つ増える

【SEO効果・見出し】はてなブログでh2タグを使用し記事を作ろう - ポジ熊の人生記

 

修正方法は引用記事で解説しています。

 

端的にいえば「Googleが記事を評価する際に、はてなブログデフォルトの大見出しではH3タグになってしまうのが駄目」ということ。これをHTML編集で直すのですね。

 

 

なお、この作業を過去記事に施したところ、検索順位の上昇を確認しました。

 

これは確実に効果がある!

 

カスタムURL設定

f:id:pojihiguma:20160820195015p:plain

記事の固有URLを決めます。

自分の基本アドレス以下の文字列になります。未入力ですと、記事を公開した年月日が自動的に記述されますが、ここは手動のほうが良い。

以下利点です。

 

  • 他サイトがURLを紹介した際に文字化けしない(ひらがなや全角だと文字化けする)
  • URLが簡単でわかりやすいと、ユーザーもリンク先の内容を判断できる
  • 検索エンジンがURLで記事内容を把握できる

 

「基本アドレス/○○-△△-××-□□-●●」最大でも-を隔てて5つの文字列までが良いとされています。また、単語はつなげすぎずに、しっかりと区切ると良いそうです。

 

メタディスクリプション(ブログ紹介文)設定

50文字以内におさめましょう。50文字〜120文字については、PC検索者用に作成しても無駄ではありません。

記事修正とセットで行いたい「メタディスクリプション設定」その方法など - ポジ熊の人生記

 

ブログの説明文です。検索エンジンにインデックスされた際に記事タイトル下に表示されるほか、他サイトに引用された際に表示される場合があります。簡単に言うと記事の説明文ですね。

 

以下の事項に注意してください

 

  • 短すぎないこと(最低でも50文字程度)
  • 他の記事と重複しないこと
  • 記事内容と齟齬がないように

 

短すぎ・重複はGoogleからの低評価に繋がるので、特に注意してください。これを引き起こすくらいなら、未記入のほうがまだ良いです。

 

アイキャッチ画像挿入

ずばり「視覚に訴えることができる」です。 自サイトを含め、どこかのメディアに記事が掲載された場合、サイト閲覧者の目に飛び込んでくるのが「設定した画像」なわけです。これに興味を引かれた人が、次に記事の説明文を読む。そしてさらに興味を示せば記事に入ってくるというわけです。

blog記事へ画像(看板)を挿入するメリットと著作権への留意など - ポジ熊の人生記

 

記事の画像を設定しよう、ということですね。これにより、SNSでの拡散時やキュレーションメディアへの掲載、自ブログへ記事を掲載した際に設定画像が使われるのです。

以下の点に注意を

 

  • 内容にそぐわない画像の使用
  • 著作権侵害
  • 使いまわしのありきたりな画像使用

 

人気のフリー素材は、猫も杓子も使う傾向があり、これでは記事内容に関わらず閲覧されない可能性が出てくる。できるだけ見たことのないものを使用するのが理想です。自分で撮影したオリジナル画像なんかも、良いですね。

 

 

画像探しは、こちらを参考にしてどうぞ。

 

パンくずリストを実装してカテゴリ分け

 

記事にカテゴリを設定します。その際は「親カテゴリ」「親カテゴリ-子カテゴリ」の2種類を最低でも付しましょう。これをSEOに役立てるためには、引用記事内の「パンくずリスト」を実装する必要があります。

 

これで何が有利かというと、検索エンジンに記事がインデックスされやすくなるのですね。記事にカテゴリが適切に付された結果、その記事の場所がGooglebotにしっかりと伝わる、ということです。

 

関連記事挿入

今回、一番伝えたかったのはこのセクションです。

 

みなさんは、ほかのサイトを見たとき、記事末に「あわせて読みたい」などと書かれて関連記事が挿入されているのを見たことがありますか?また、自分のサイトにこれを導入している人も多いでしょう。

 

僕は以前から疑問だったのです、「自動スクリプト処理した関連記事リンクは、内部SEOに有効なのだろうか?」ということに。

 

かいつまんで説明すると、内部リンクとは自サイト内で記事へのリンクを貼ることです。これを構築することにより、検索エンジンの評価が上がり、上位表示されやすくなるのですね。この効果が、はたして自動で機能するのか、と。

 

人によっては、自動スクリプトで表示させた関連記事は、SEO効果はないと仰る場合があります。実は、僕もそちら寄りの考えなのですよね。つまり、手動で関連記事を挿入してこそ、内部リンクの真のSEO効果を発揮するのではないか。

 

 

ツイッターで宣言した作業は、これです。今まで書いてきた1000近くの記事全てに、関連記事を手動で挿入します。記事ごとに関連性が高く、訪問したユーザーが興味を惹きそうな記事を自分で選定するのです。選定記事数は「5」と決めました。1つのページに貼りすぎるのは良くない、との説があるためです。

 

挿入方法はアンカーテキストかブログカードかで迷いましたが、結局ははてなブログの仕様で活用できるブログカードを選択しました。幅が大きいためにユーザビリティを損ねそうですが、カード内にアンカーテキストもあり、アイキャッチ画像も表示され、メタディスクリプションも記載される。これらの理由により、ブログカードによる関連記事挿入としたのです。

 

 

作業は想像を絶しました。ルーチンで適当に記事を挿入していけば、そんなに煩雑な作業ではありませんが、過去記事から適切なものを5記事選定して、しっかりと入れる。これを過去の1000弱の記事に挿入しようというのです。途方もない作業ですよね。しかし、作業量が大きいということは、それだけ結果にレバレッジをかけることができる、報われる努力だと信じて現在も作業中です。

 

具体的な手順

  1. 記事末に「あなたにおすすめの記事」と記載
  2. 下に関連記事を5つ挿入

 

たったこれだけ。ですが、その記事にふさわしい関連記事をつど選ぶというのが、予想以上に思考ルーチンを割くということは、実際にやってもらえばわかります(笑)なお、全ての作業終了時に自動挿入スクリプトは削除予定です。自分で選んだ関連記事に勝るものはありませんからね。

 

【後記】手間を惜しまない人が結果を出す

全てはモチベーションです。

 

今回、紹介した方法は誰にでも実践可能なものばかりで、難解なセクションは0。にもかかわらず、これらをすべからく実行しているユーザーが少数派であります。それはどうしてか?理由は本気じゃないからです。

 

本気でブログを成長させたい、収益を上げたいと考えている人は、こういった情報をしっかりと自分に落としこんで実践し、時間をかけてでも結果を出すのですね。これらを「面倒だ」とスルーし、結果がでずに平行線を辿ったり、止めていく人は、結局自分がそれを招いたのだと納得する必要があります。

 

要は「やる気」なんです。ここまで具体的に方法を示しているのです。あとはやるだけ。結果が出ない人は「やってないだけ」なんですよね。これを「やれない」と誤解するのは間違いです。ブログは万人が高みを目指せる舞台で、広く門戸を開いている。決して難しいものではありません。才能に多くを依拠するような不条理な世界ではないということを、知ってください。

 

手間が積み重なったもの、それが結果を出したブログです。

 

 

追記(重要)

関連記事挿入を「ブログカード」から「テキストリンク」に変更します!

 

 

「テキストリンクのほうがクリックされる」というデータは、前から目にしていました。しかし、Googleで調べても、検証データ量が少なすぎて信頼に値しないと判断し、ブログカードを挿入する方針にしたのです。

・・・が!つじもんさんやレイジさんから、このようなほっかほかの情報を頂きまして。リンク挿入はテキストで行うことにしました。かなり作業は進んでいましたが、今からなら8割以上をテキストリンクで構築することが可能ですからね。

当記事を読んで「ブログカードええやん」って考えた人へ、この記述を参考にして、あらためてリンクの挿入をどちらにするか判断してください!

 

 

☆ブログアクセスアップを目指すあなたへ☆

はてなブログ運営1年目の教科書