読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

誹謗中傷や暴言でお悩みのはてなブロガーへ

blog blog-hatenablog


スポンサーリンク

2016年11月27日 更新

f:id:pojihiguma:20151216135547j:plain

ネットに親しみの少ない方がblogを開設して、始めにぶつかる壁があります。文章力やネタの話ではなく、「心」のお話。誹謗中傷や暴言です。

※はてなブログ設定記事

誹謗中傷や暴言を受けている方へ

 

もしくは受けて悩んでいる方へ。辛いし、悶々としますよね。大変でしたね、良くここまで止めずに続けられました、忍耐強いのですね。

 

それら誹謗中傷や暴言は、まともに対応しているとどんどん消耗して、blogを続けられなくなることもあるのです。取り合ってはいけません。

 

今回はそんな誹謗中傷を可能な限りシャットアウトする方法をお伝えしますので、参考にしてください。

 

はてなブックマークの非表示

手順

f:id:pojihiguma:20151216074156p:plain

まずはブックマークを開きましょう。

 

 

f:id:pojihiguma:20151216074226p:plain

左側のファビコンにカーソルを載せると現れる左側の▼をクリック

 

 

f:id:pojihiguma:20151216074405p:plain

「非表示に追加」これでOKです。

 

効果

  • これ以降、非表示にしたユーザーはコメントを含めて見えなくなる
  • 該当ユーザーがブックマークしても、通知を受けなくなる

 

最初に見てしまったものは事故として諦めよう

ブックマークコメントは短文で、しかも付けっぱなしで立ち去ることができます。なので誹謗中傷や暴言を書き込んでいく方々については「2ちゃんねるの延長で使用している」場合が多いです。それらは「つばの吐き捨て」にほかなりません。

 

吐き捨てられたつばにいつまでも頭を悩ますのが無駄だということは解りますよね。しかし、最初にそれを見た時にはやはり残念な気持ちになります。ですが、それはもう「事故」として諦めましょう。そのあとは可能な限り迅速に「非表示に追加」をしてください。

 

「自分を成長させる批判もある」論について

「批判の中にも自分にない視点で成長させてくれる要素があるから、非表示はお勧めできない」という論。散見されます。

 

私的にはこれはナシですねぇ。本当に言いたいことがあるならコメントやメールで伝わるように言えばよいです。誰も攻撃を伴った進言など聞き入れようとは思いません...というか、そもそもまともな大人のやることではないでしょう(笑)

 

初見で人格攻撃等を前面に出したコメントに、いったい何を期待すれば良いのでしょうか。ファーストインプレッションが最悪すぎますよ。「何かを伝えよう」というオーラを一切感じません。「あ、ただ言いたいだけなんだなコイツ」と判断するのは当然です。

 

忍耐論で何事も切り抜けられると思いきや、そんなことはありませんよ。誹謗中傷や暴言は消すべきです。日常的に受け答えしていると、想像以上に心は疲弊するものです。

 

どこぞの誰か解らない、ちょっと危ない方の手斧コメントを全身で受け止めて成長しようという気概のある方は、このスタンスでいいんじゃないですか。僕は脆いから無理。

 

ブックマーク非表示の応用技

自分の記事に対する誹謗中傷や暴言は、受けた時点でつど対処していけばいいのですが、それでは潜んでいる輩に何時、不意打ちされるかわかりませんよね。

 

そんなときは誰かの記事でブコメがたくさんついている場合、その中で暴言を吐いているユーザーを非表示入りにさせてしまえばOKです。これは地味に有効ですよ。しらみのように地道に潰すと、気持ちいいくらい目にしなくなりますよ、しょうもないコメント群。

 

私には見えないのですが、当blogの記事に対して、日々「何かの」ブコメを寄せている方がいるようです。非表示なので何を書いているのかさっぱりわかりません(´・ω・`)そのような方々が暴言を吐いているのであれば、それを非表示にするのもアリでしょう。

 

コメント欄の設定

f:id:pojihiguma:20151216075507p:plain

ここでも当然、誹謗中傷や暴言を受けてしまう場合があります。こんな時は、段階に応じて色々な設定ができるのですよ。「設定」→「基本設定」の最下部に設定場所がありますからね。

 

私的に対暴言としての段階を考えると

  1. 全部OK
  2. 全部OK(承認制)
  3. はてなIDあればOK
  4. はてなIDあればOK(承認制)
  5. コメント欄を無くす 

こんな感じですね。現在、事情により「1」の状態ですが、よろしくない書き込みがあれば「3」~に設定しなおそうかと思ってます。そろそろこれはやらないといけない状況になる予感(笑)

 

「コメント拒否ユーザー」としてピンポイントでIPやIDで弾くこともできます。活用しましょう。

 

idコールや言及でいわれのない批判を受けたら

基本的に無視しましょう。あなたに本当に何かを伝えたいのなら、そのような手段ならずともメールなりなんなり手段はありますから。反応してはいけません。

 

それでもしつこく繰り返してくるのであれば、いつ、どのような方法で批判を受けたのかを随時記録しましょう。自分が受けたネガティブな感情もしっかりと文章で残してくださいね。ハラスメント行為の有効な証拠になりますから。

 

記録がある程度たまったら、そのデータと合わせて(株)はてなへ通報しましょう。同じサービスを受けている者同士であなたがへりくだる必要は一切ありません。現実世界と一緒です。然るべき処置をとってください。

 

はてなに通報した場合の具体的回答例・情報削除ガイドラインへのリンク

「名誉棄損・侮辱(個人)」という項目がありますので、こちらの文言を確認したうえで通報されれば、なお効果的でしょう。 

 

理沙:暴言を全て真正面から受け止める必要はありません。非表示を利用して穏やかに過ごすブロガーも大勢いますよ!