読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

一人BBQってメジャーなの?おすすめのアイテムを紹介する

アイテム アイテム-その他


スポンサーリンク

一人BBQ

「一人○○」って時代の後押しもあってか良く見るフレーズだけど、一人BBQってどうなの?

天気の良い日に

「今日は暑くなるな、よしBBQだ!」ってデカい独り言を放つ職場のおっさんが結構いる。その場にいた僕はそれにレスポンスしないと無視したことになりかねず、なんだか対岸の火の粉が飛んできたような気持になって、遠慮がちにこう聞くわけ。「誰とやるのですか?」と。そうしたら「おう?一人に決まってんだろうがぁ!」と威勢よく返事が返ってきて、豪快に笑っている。何がそんなにおかしいのか。まぁ、誘われなかっただけ運がいいのかもしれないけれど。

 

一人BBQってのは、実は僕も何回かやってる。持ち家に住んでいるので、実施場所は自宅前の敷地だ。近所に火気を使用できる公園や河川敷のない人には縁遠いかもしれないけど、こういった地の利に恵まれた人は、あるハードルさえ超えれば割とやってしまうものなのかもしれない。

 

ハードルというのは「一人でやる孤独感」だ。リア充などは男女混合でBBQパーリーなどするのだろうが、誘えるような友人もいなければ同僚は煩わしいわけで、しかもお金はそんなにかけたくない。そこで「屋外で一人BBQ」というのを選択できるかどうか。ここには多少のハードルはあるのではなかろうかね。

 

おすすめアイテム

消耗品以外で一人BBQを実施するにあたり、あると便利なアイテムを紹介する。

 

 

七輪。あらぬ使用法で風評被害を被った可愛そうなして無だが、一人でBBQをやるときには最高に雰囲気を醸し出してくれる必須アイテムだ。ここでホッケの開きなんてしっぽりと焼きつつ、酒をチビチビやると最高だろう。なお、焼き網は規格に合ったものを選択して購入する必要あり。もちろん、炭もね。

 

 

「俺用」というのがぐっとくる商品名の少し大きめの七輪。丸型の方が個人的には雰囲気が出るけど、こちらは食材を焼くスペースが広いので利便性が高い。

 

焼く台に関わらず炭で焼いて食べる食べ物というのは、かくも美味きものかと毎回舌を巻く次第。あれって、味覚に何か働きかけているのだろうか。不思議だ。

 

 

座る椅子。展開も収納も素早くできる、ドリンクホルダー付きのものがお勧め。もちろん、個数は1個でOK、なんてったって一人だからね。無敵だ。

 

 

チェアにつける傘があればなお良し。一人焼肉というのは天気の良い日に行いがち。ということは照り付ける日差しも強烈であることが予想される。日焼けを防止するほか、熱中症の予防にも役に立つ。知り合いに見られないようにするにも便利。

 

 

収納が折り畳み式で超コンパクトな机。ここに肉や野菜、タレや取り皿を置く。地べたに置くのは非衛生的でよろしくない。 

 

ーー

 

以上の4点セットを置いて火を起こしたあたりから、一人BBQというのはぐっとムーディになる。アスファルト路面の文明の香りがする場所から離れ、自然に囲まれた場所でこれができるなら、さらなる開放感があなたを包むだろう。

 

「あれがない、これがない」とBBQ警察が来るかもしれないけど、ここでは最低限僕が必要なアイテムを紹介しただけなので、各自必要な任意のアイテムを買えばいいと思うんだ。記事に取り込まれないようにネ!

 

さて、今年の一人BBQの予定は・・・

 

酒が同席しない一人BBQについて

僕は今年の1月にお酒を止めたのだが、それ以来一人BBQは実施していない。まぁ、真冬から春先になって、最近やっと気温が上がってきたからね。当然と言えば当然なんだけども。

 

さて、ここで従来とは違ってくることがある。それは一人BBQにおいていつも傍らにいた「酒ちゃん」がいないことだ。一緒にやる友人も彼女もいなかったが、お酒ちゃんが良い感じに出来上がらせてくれるため、今までは最高の雰囲気を味わうことができた。

 

しかし、これからはそうもいかない。一人で肉をじゅーじゅー焼くにしても、ずっとシラフなわけだ。さぁ、どうだろう。ここで僕は試されているのかもしれない。昼間から酒を飲むために行っていたのか、それとも本当に好きで一人BBQをやっていたのか。

 

僕が一人BBQの矜持を語れるのは、まだまだ先の話になりそうだよ。

 

あなたにおすすめの記事

一人が好きな人の特徴5つ

いつか孤独を共有できる人に逢えたらいいな

ヒトカラ初体験レポート!