読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

北海道弁について 区分 歴史 特徴 名詞一覧 消えつつある北海道方言

北海道 北海道-うんちく

【シェアする】


f:id:pojihiguma:20170306043830j:plain

北海道というのはご存知の通り非常に大きい。そのため、食文化のみならず言語のアクセントなどについても地域に応じて違ったりします。私は道北圏住みですが、道南圏出身者の訛(なま)りは、とても強く聞こえるのですよね。

今回は北海道の方言について調べてみました。

参照:北海道方言 - Wikipedia

北海道の方言

  • 北海道で使われる日本語の方言を指し、北海道弁ともいう
  • 大分類では東日本方言に属する
  • 内陸の都市部では標準語に近い比較的均質な方言を話す
  • 海岸部の方言は東北方言的特徴が濃い
  • 地域的・世代的な違いもある

所感

内陸は標準語に近く、海岸部は東北方言に近い。これは間違いなくあります。

内陸部の道民は「俺たちのアクセントは標準語に近いんだぞ!」なんて誇らしげに語ったりしがちですが、東京で誰かに話をすると「訛ってるね~」と、すぐに指摘されます。切ない。

区分

  • 渡島半島・沿岸部各地とそれ以外の内陸に分かれる 
  • 漁村で話される言葉は「浜言葉」
  • 浜言葉は内陸出身者にとって聞き取りにくい(若年層ではほとんど理解できない者もいる)
  • 北海道自体が広大で、それぞれの地域間でも微妙に異なる

所感

浜言葉は強烈です。同じ北海道の言語とは思えないほどエッジの効いたアクセントに、いつも圧倒されます。

北海道の広さは、やはり方言なども散らしてしまうようですね。

歴史など

ここは項目多数のため、興味深いと感じた部分を強調(太文字)して所感を述べます。

  • 飛鳥時代に阿倍比羅夫が蝦夷討伐を実施
  • 平安時代末期は渡島半島南部に和人定住記録あり
  • 江戸時代までには海岸部各地に和人定住が広がる
  • 上記から東北方言の色彩が濃い浜言葉が生まれた
  • 交流の歴史から、語彙には北陸方言や近畿方言の影響もある
  • 明治以降に入植が活発化、内陸部では各地の方言が入り混じる
  • 互いに通じ合う言葉が求められる
  • 東北4割、北陸2割という入植者の割合から、それらを基盤としながら共通語に近い内陸方言が形成
  • 内陸住民(特に札幌)は自分たちの言葉を標準語に近いと考えている
  • しかし実際にはアクセントなどで北海道が丸出しである
  • 現代はメディアや道外への出入りの影響でアクセントが消えつつある
  • 特に1970年代以降の若い世代は方言の語彙を知らない
  • 浜言葉ですら、若い世代は標準語に近くなってきている

所感

沿岸部に和人定住→浜言葉形成というのは、なるほど納得って感じ!てっきり、道南限定かと思っていた浜言葉は、このようにして北海道沿岸部各地に存在することとなったのですね。

入植が活発化しても、コミュニケーションをとる必要が出てきます。そこで入植者の出身割合から標準語に近い方言が生み出され、それが内陸方言の基礎になっていた、と。これも目から鱗ですよ。

若い世代で方言が消えつつある、というのは時代の流れでどうしようもないのかもしれませんが、何やらさみしい気がします(´・ω・`)

海岸部方言の特徴

  • 音声・音韻は東北方言と共通
  • イ段とウ段の音がかなり近い
  • シ・ス、チ・ツ、ジ・ズの区別なし(ズーズー弁)
  • イ・エもほとんど区別なし
  • 語頭以外のカ行・タ行は濁音化(有声化)、本来の濁音の直前には鼻音を伴う
  • 理由を表す接続助詞(~から)に「すけ」「すて」「は(ん)で」がある
  • 「けれども」にあたるものとして「ども」がある

所感

これだけ見て頂ければ、浜言葉の特徴はご理解いただけると思います。

ちなみにズーズー弁というのは、一般には東北の方言を指すそうですよ。

ズーズー弁 - Wikipedia

 

名詞一覧

北海道方言 - Wikipedia

上記サイトから引用する形で、各々に所感を添える形をとらせていただきました。

※性的なワードや蔑称は除外してます。

あきあじ(秋に収獲される鮭)

幼いころは「あきあじ」って良く聞いたけど、成人してからは普通に「鮭」と呼んでいました。

あごわかれ(送別会)

語源は「網子別れ」で、ニシン漁期が終了した折、漁場の親方が催した送別会に由来する。

これが全国区じゃなかったことに驚きを隠せない(;´Д`)

通じないところでは「あごが分かれてるの?ザキヤマなの?」とか言われそうだね...

あしたあさって(明後日)

さらにその次の日は明々後日(しあさって)なんて言ったりしますよ。

使用頻度高し。

あっぺ(さかさま)

聞いたことなし。

あんべ(按配)(気持ち、具合)「あんべ悪い」

普通に「按配が悪い」と言ってました。

おつゆ(味噌汁)

「みそつゆ」とも言う。

「おつゆも飲みなさい!」って良く怒られてた。

みそつゆは初耳。

いいふりこき(格好をつけたがる人、見栄っ張り)

いわゆる「ええかっこしい」の北海道バージョンですね。

たまに使うよ。

おんじ(弟)

おんちゃんとも言う。

HTBのゆるきゃら?もONちゃんていうんだよなぁ。

何か関係があるのだろうか。

がっちゃき(痔)

いぼ痔は「いぼがっちゃき」、切れ痔は「きれがっちゃき」と言う。

聞いたことない。

ないけど、テキスト見るだけでお尻がムズムズしてきた。

かんかん(缶缶)

(空き缶)缶詰などの小さいもの(ただし、名古屋や関西、東北の一部、沖縄でも使われていることから、方言と言うよりは、俗語・幼児語と言う見方もできる)

 かんかん、使いますね~!

「かんかんはここに捨てて」だとか「きょうはかんかんゴミの日だ」などなど。

がんがん(缶缶)(一斗缶などの空き缶)

大きいものが「がんがん」と呼ばれる。

がんがんもたまに使う。ペール缶などを指すときなんかにね。

ドラム缶はさすがにデカすぎるのか、こうは呼ばない。

かんぷうかい(観楓会)

(秋に宿泊付きで行われることが多い宴会、飲み会)東北地方で行われる芋煮会に相当するが、通常はただの慰安旅行か宴会である。道外、また道内でもある世代以下では使われないため、聞いた人は「寒風会」だと思うことが多い。

おじさま方が観楓会でどこぞの温泉に行ってきた!なんて話は良く耳にしますが、これが方言だったとはねぇ。

がんべ(瘡蓋/痂(かさぶた))

聞いたことなし。

きしゃ(汽車、気車)(列車)

JR(昭和62年3月までは国鉄)の列車のこと。「電車」は路面電車を指す。しかし、現在ではJRに名称が変わって以降JRと呼ぶ人が多い。北海道は日本で最も遅くまで国鉄による蒸気機関車の運行が行われていた地域でもあり、現在でも多くの路線で気動車が使われていることによると言われる。この使いわけは北海道以外にもある。

これはナチュラルに出ますね、きしゃ。電車なのに「きしゃにのっていくべ」なんて言っちゃったりね。最近では使わなくなった気がする。

ネットに触れていると標準語ばかり目にするし、僕の周りでも北海道弁を多用する人が次第に減って来てるからな~。自然に消えていくのも仕方ないよね。

げっぱ または げれっぱ(最下位、またはその人)

げれっぱ、の方を良く使ってました。

油断すると今でも出ます(笑)

げんこ(げんこつ)

「げんこ(を)はる」子供を叱るとき、頭をげんこつで叩くことを指す。

 これは現役バリバリの方言ですね。

「いうこと聞かないとげんこはるよ!?」なんてよく怒られたもの。

ごしょいも(五升芋)(ジャガイモ)

聞いたことなし。

こっこ(子供)

魚のおなかにある卵を指すことも多い。

こっこは使いますねぇ。書籍『もっと!北海道民のオキテ』でもこれについて触れていました。道民は「こっこ(魚の卵)」が大好きで、特にカジカのものを好むというお話。

 

f:id:pojihiguma:20160106091339j:plain

 

ザンギ(鶏の唐揚げ)

 成人するまでは当たり前のように使っていたザンギですが、今では唐揚げと呼ぶようになりました。あーザンギ食べたい。

サガリ(牛・豚の内臓肉、はらみ)

焼肉屋のメニューにも普通に書いてあるよ。

じゃら銭(せん) または だら銭(小銭)

じゃら銭もだら銭も現役選手。小銭は改まったイメージ。

じょんば(ショベル、雪掻きに使う道具)

方言を承知で意図的に使ってますw

たくらんけ(愚か者)

「たふらんけ」とも言う。

冗談半分で笑いをとる時に使ってましたね 。

どこかかっこいい響きなのですよね。

あとは響きが妖怪っぽいw

ちせ(家、転じて居場所、神の住処)

英語の"house"より広い概念を持ち、むしろ"home"に相当するとされる。アイヌ語で家を意味するチセに由来。

 使ったことなし。

つっぺ(突っ支い棒)

「つっぺ-かる」戸などが開かないように障害物を置く、固定するために支える。また、鼻血が出た時に鼻にティッシュ等を詰める事を「つっぺ-する」と言う。

つっぺをかる、の万能感は凄いよ。とりあえず何かを突っ込んで塞ぎたいときはなんにでも使える。鼻血が出た時にティッシュを鼻に詰めるのは「鼻つっぺ」といいます。

デレッキ(石炭ストーブに使う火掻き棒)(オランダ語のdregから。他にも英語のderrik、the rakeからといった説がある)

デレッキはまぁ、一言でいえば「バールのようなもの」かなw

成人後、年配の方が使っているのを耳にして自分も使いだしたパターン。

とうきび(とうもろこし)

非常に一般的な呼び名。語源は「唐の黍」や「サトウキビから」などと諸説ある。函館地方では「とうきみ」「きみ」とも。ただし、講談社の国語辞典には東北・四国・九州でも使われているとある。

 過去にコメントで「とうきびはマジで通用しなくて泣きそうになった」というものが寄せられたのを思い出しました。東北・四国・九州でも使われているというのが事実であれば嬉しいですけどね。使われてますか?

なすび(「ナス」のこと。関西方面の言葉が北海道に根付いた典型的な例)

「なすび」が正式名称じゃなかったのか(驚)

もとは関西の言葉?今も関西では使われているのかな?

電波少年の懸賞チャレンジャーも「なすび」さんですね。

冷やしラーメン(冷やし中華。山形名物のものとは異なる。)

昼飯がこれだと、テンションマックスになります。

「冷やしラーメン」直感的で良いじゃない。

ぶたじる(とんじる)

ただし、全国各地で使われている。また道内でも「とんじる」と併用されるようになっている。

ぶたととんの不毛な汁論争は、傍から見るととても面白い。

個人的にはぶたじるを多用。

ぺったらこい(薄い、平べったい)

胸が小さいことを揶揄する表現で使う場合もあって、何気なく放つには憚られる言葉。

ぼっこ(比較的短い棒、棒切れ)

語尾の「こ」は、大人が中型犬や小型犬を「ワンこ」と呼んだり、浜言葉や東北弁で子供を「童っこ=わらしっこ、わらすこ」と呼ぶ場合や「どじょっこふなっこ」にも見られるように、小さなものを指す接尾語といわれる。他に根っこ、端っこなど。類例として葉っぱ、菜っぱ。

木のぼっこ、なんつってね。ナチュラルに使う。

わんこ、にゃんこは可愛らしいものへの砕けた表現。野に放たれた狂犬などには使うことはありません。

根っこ、端っこ、これって北海道弁だったのか。全国でも使っていることを信じたい。

ほっちゃれ(産卵、遡上を終え、弱った鮭)

「気の抜けた様子」や「気の抜けた者」に用いる。

遡上を終えた鮭のことは、釣り人はみな「ブナブナな鮭」と口をそろえて言いますね。ほっちゃれは聞いたことがない。

真ん中らへん(真ん中のあたり)、どこいらへん(どこら辺)、他地方にも例あり。

 出ましたね、北海道特有の曖昧表現w

要するにメイビーなわけです。適当。

「~ささる」という責任回避的言い回しもありますよ。

 

ーー

 

以上、北海道方言における名詞をご紹介しましたよ。

これ以外でも、まだまだたくさんの方言があると思われますので、興味がある方は調べてみはいかがでしょうか!

 

消えつつある北海道方言(あとがき)

編集していて思ったこと。

幼少期に使用していた北海道弁の多くを、成人後に使わなくなったことに驚きました。先ほども述べましたが、文字や会話のコミュニケーションの距離を0にした携帯電話や、全国一律に情報発信するインターネットメディアに日常的に触れることなどが影響して、地方独特の方言という文化がフラット化するのかなとも感じます。

それは良くも悪くもなく、まさに時代の流れなのでしょうね。このようなものを素地に育つ現代の子供は、方言というものをほとんど使わなくなってしまうかもしれません。

自分が歳をとったときに、若者から「じーさん、その言葉の意味がわかんない」って言われる日がくるのかもしれませんね。それはちょっと切ないかなぁ。

 

以上、北海道弁について駆け足でお伝えしましたー!

 

したっけな!(またな!の意)