ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

北海道銘菓10選を北海道民がガチでおすすめするよ!

北海道の銘菓といえば白い恋人を連想しますか?

もちろんそれもテッパンなんですけど、まだまだ美味しい銘菓はあります。お土産の事前調査や実際に通販で購入して食べてみたい方へ今回は

道民がガチでおすすめする北海道銘菓10選

を全力でお届けしていくぞ!

六花亭バターサンド

めちゃめちゃ濃厚で甘い、そのくせいくらでも食べてしまうという至高の旨味を包含したバターサンドがこちら。押しも押されぬ北海道銘菓といっても過言では無し。なお、レーズン含有のため苦手な方やアレルギー持ちの方はご注意ください。今目の前に会ったら迷わず食べてしまう恐るべきお菓子です。

おすすめのポイント

柔らかめのクッキー生地に濃厚なバタークリームとレーズンを挟んだあまーいお菓子

 

柳月 三方六 

柳月は帯広に根差した 由緒ある銘菓店で、今回紹介する三方六を始め味はもとより見た目でも楽しませるお洒落なお菓子を多数世に送り出していることで有名です。僕も帯広へ旅行へ行ったときは必ず寄る店のひとつですね。地元で「お土産は柳月よろしく!」って言い放つ人が多い(笑)

おすすめのポイント

一口サイズで甘すぎず、しっとりとした食感のバウムクーヘン

 

き花

管理人の地元旭川で生まれた、胸を張って皆様に紹介できる銘菓がこちら。確かな歯ごたえの下に広がる濃厚な甘さは、あなたは北国の楽園へ一瞬にして連れて行ってしまうことでしょう。なお、12枚入りですがその独特の歯ごたえと美味しさによりあっという間になくなってしまうことが予想されます。地元だかららいちおし、という贔屓目をいっさい取っ払っても、これは間違いなく北海道銘菓に並ぶ実力があります。

おすすめのポイント

歯ごたえしっかり風味よく、中身も堅めのクリームでしつこくない甘さが特徴

蔵生

しっとりしたクッキーって、聞いたことあります?これ、あまりメジャーじゃないみたいで寂しいのですが、北海道はロバ菓子の誇る大人気のお菓子なんですよ。今まで口にしたことのない触感と、素敵な甘みでリピーターになること請け合いだと思います。地元旭川では製造工場の見学もできます。職場でお土産に買ってくる方もいて、そういう場合はこっそりと蔵生を頂いちゃいます。チョコ、ホワイトチョコのどちらも大好きです。是非ともいちど食べてレビューをしてみてください。

おすすめのポイント

しっとり新食感の生地にチョコやホワイトチョコを包んだ丸型のお菓子

ROYCE'(ロイズ) ポテトチップチョコレート

かつて僕を完全に骨抜きにした蠱惑の銘菓がこちらになります。「え、ポテチとチョコレート?」いやいや、これがまたタッグを組むと恐ろしいんですよ。まぁ、食べればわかります。食べたら最後、あなたもポテチチョコの堕天使になること必須ですけど。止はしません(笑)

おすすめのポイント

甘さの中にほんのり塩味、あまじょっぱくて食感の良いチョコレートコーティングクッキー

ROYCE'(ロイズ) 生チョコレート

これまた反則級の美味しさ、定番中の定番。北海道の新雪?っていうくらいに口の中で溶けて甘さがジワーっと広がり、しばらく幸福な時間が続く感じです。箱を開けたらノンストップですので、各自自制心を持ってこのお菓子と対峙していただければなと存じます。僕は勝てませんが(笑) 

おすすめのポイント

お口でとろける生チョコの甘みが定評のお菓子

白い恋人

お待たせしました、白い恋人です。なんでこれが人気なの?って「食べればわかるよ」じゃあまりにも不親切なので稚拙な表現で説明させていただくならば上品さと甘さと歯ごたえ。この3つで説明がつきます。まずは上品さ。がちゃがちゃしてない、まるで色白薄明美人のようなつつましさ、暖色の外側は見る人の心をとらえて離さない。次に甘さ。ぶっきらぼうな甘さじゃないんです。多分、食べたら30分は口の中がユートピアになるでしょう。しつこくないんですよ。押し売りをしないのに、人に好かれるセールスのような緻密さを持つ甘さというか。そして歯ごたえですね。これまた儚い。ほろりと溶ける繊細なクッキーの下に、薄いけど確かに存在する至高のチョコレートがあなたを待つのです。どうでしょうか、少しでも伝われば幸いです。

おすすめのポイント

見た目良し甘さ良し歯ごたえ良しの北海道定番主力銘菓

白いブラックサンダー

神はなぜこのような恐ろしいものを世に生み出してしまったのだろう(誉め言葉)ってかブラックサンダー自体が神がかった美味しさなのに、北海道限定で白い稲妻発射するとか、そりゃ電撃に打たれて廃人になってもおかしくないでしょうよ。というわけであの安定の美味しさブラックサンダーが白くなってあなたを襲います。旭川空港にも売ってて、横を通るたびに立ち止まって購入を検討させられるとか、いけないトラップです。・・・え、ホワイトサンダー?夢を見ていたのよモルダー(古)

おすすめのポイント

ブラックサンダー好きなら間違いなく好きになる美味しさ、贈答品にも良し

じゃがポックル

癖になる塩の旨味。食べ過ぎて血圧が上がらないように注意してください。本心を述べれば、毎晩お酒のお供にしても良いと思ってます。はい、結婚したいですね。嘘じゃないです、過去にじゃがポックルのみを題材にした記事を書くくらいにファンです。北海道ならどこにでも売っている(はず)。旭川の駅と空港には確実にあります。 美味しい芋をスティック状にしてそのまま素材の味を活かしつつ魔法でもかけたんじゃないかという旨味塩で仕上げてきやがります。

おすすめのポイント

油っぽくなくサクサクとしたきめ細かい独特の食感を楽しめる素材を活かしたお菓子

じゃがいもおかき

北海道高速オアシスの凄腕ハンターといえばコイツ。何が凄腕ってオアシスに寄ったらほぼ買わされるくらいにリピート率が抜群なんです(僕の場合)。とにもかくにも旨味が凄い。しっかりした塩味。お酒飲みにこれを与えてしまうと、それ以降は「ねぇ、あれないの?」とうわごとのように求める言葉を発してしまうので危険。それくらいに癖になる塩味なのです。甘いものが苦手、という方への贈答品としても大変に優れているのではないでしょうか。

おすすめのポイント

ピリッとした山わさびがアクセントのお酒のお供に最高のお菓子

ジャガビー

食感がたまらない、反則級の旨塩スナック菓子がこちら。地元でもお土産じゃなく嗜好品として駅でカリカリ食ってる人をよく見かけるお菓子でもある。うん、その気持ちはわかるよー。家に連れて帰りたくなる箱ですから。

おすすめのポイント

地元民でも無性に食べたくなる、ジャガイモの美味しさに旨味を加えたお菓子

 

以上、道民がガチでおすすめする北海道銘菓10選でした。

北海道は飯も美味いけど、お菓子の美味しさも反則級だと思いますね。こんなところにいるから、いつまでたっても体重が落ちないんじゃないか!?(という幸せな悲鳴)

なお、ここで紹介するお菓子は当然のことながら僕も食べています。ガチンコおすすめってわけですな。