読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

居留守を使うと空き巣に「留守だ」と確認される危険性がある

社会 社会-犯罪


スポンサーリンク

留守を確認し侵入する犯罪者

居留守は犯罪者の侵入を招くこともある。

居留守は悪?

僕はそうは思わない。親類縁者や顔が知れた間柄であれば良いのだが、得体のしれない相手がインターホンモニターやのぞき穴越しに立っていたら、出たくないのは当たり前。強盗かもしれない、押し売りかもしれないもんね。

 

昔の田舎は鍵なんてかけてなかったし、逆に玄関を開けっぱなしにして今でいうと公開モデルハウス並みのオープンさを醸し出している家まで。ここらへんはやはり田舎といった感じが出てるよね。うちの近所は鍵をかけている家といない家が半々だった。

 

郵便屋さんは困るよね。荷物を配達しなければ、不在票を投函するなどして出直さなければならない、これは明らかな二度手間。できれば1度で終わらせたいし、ここは受け取る側と配達する側もでWINWINになるから、在宅者はしっかりと受け取りたいところ。とはいえ配達員を装った犯罪者の可能性も無きにしも非ずなので、配達トラックや制服、相手がしっかり名乗るかどうかは確認する必要があるだろう。

 

以上のことから、居留守は悪でないと考える。得体のしれない相手から、最高にプライベートな空間を侵食されないように自衛することは当然と言えよう。ただ、発注した商品を配送するような業者さんにまでその煽りを食らわす必要性もないのは事実。ここらへんは警戒しつつも滞らないようにするべきじゃない?

 

チャイムで留守を確認する空き巣

空き巣が留守を確認する方法は「インターホンで呼ぶ」が約46%※1で最も多く、マンション狙いの強盗犯の侵入口も「表出入口」からが約75%※2と、常日頃から玄関先を見守ることが大切です。   

※1:平成15年 (財)都市防犯研究センター JUSRIリポートから  

※2:平成24年 警視庁 犯罪統計書から

http://news.panasonic.com/jp/topics/2013/38296.html

 

半数近くの空き巣がインターホンでの在宅有無を確認し、7割以上が玄関ドアから侵入しているというデータがある。つまり、チャイムが鳴ったからといって息をひそめ、居留守を使うと泥棒が侵入してくる危険性があるということ。

 

相手さんも「空き巣」と呼ばれるだけあり、誰もいない家を想定して盗みを働こうと考えているのは間違いない。しかしながら、想定外にも居住者と鉢合わせしてしまったときに逆上したり口封じ目的で危害を加えてくる可能性もある。こう考えると、ただただ居留守を使うのは危険を孕むということがわかる。

 

東野圭吾『手紙』

冒頭で主人公の兄の剛志がお金持ちに家に侵入した際、留守だと思って侵入したら昼寝をしていた高齢者の女性と鉢合わせして凶行に及んだ、という描写がある。日中でも居留守だけでなくこのように生活音を出さない状況というのもありうるから危険だ。

 

自衛のためにできること

相手が誰かを確認する

ドアモニターやのぞき穴で見ることは言うに及ばず、「どなたですか?」としっかり聞くことが大事。これではもはや「居留守」にならないのであるが、正面玄関や窓を破られて空き巣と鉢合わせするよりはマシだ。当然、相手は氏名や身分を名乗るのであろうが、得体が知れなかったり身なりが怪しければお帰り頂くかおおもとの会社に電話してこのような従業員がいるかどうかまで確認する必要があるだろう。

在宅だとわかるようにする

バツは悪いかもしれないが、生活音などをシャットアウトせず灯りも付けて「いるけど居ません」というスタンスを前面に押し出す。これにより空き巣はもとより、アポなしのセールスマンでも「ここはいるけど、対応するつもりはなさそうだ」と判断して去っていく可能性が高い。これで強行突破するようなそぶりを見せれば、大声で助けを求めるとともに110番通報は待ったなしだろう。

 

危機意識を高める

空き巣や強盗から身を守るための施策は、個人でしっかりと行い、危機意識を高める必要がある。特に若い女性の一人暮らしは日常の出入りにおいて居住環境情報がどこかに漏れている可能性もあり、より一層の警戒が必要だろう。

 

ほとんどの住宅や賃貸マンションには、ぞのき穴やモニターが付いているはずだが、これがないところに住んでいるのであれば何かしらの防犯対策を早いうちに講じたほうが良い。

 

我が家はモニターつき、しかもチャイムを鳴らした人間の姿まで記録してくれる機能がある。ここまで必要とはいわないが、最後の砦である玄関ドアの守備は鉄壁にしておきたい。

 

あなたにおすすめの記事

最大の護身術は予防!それでも危ない場面では人間の弱点を狙おう

玄関に施錠しない田舎の高齢者は心配!

護身用具携帯は軽犯罪法に触れるのかを過去の裁判事例から考える