読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

【リライト】過去記事を書き直して新しく公開するってどうなん?

blog blog-accessup


スポンサーリンク

2016年11月22日 更新

「リライト(rewrite)」という言葉をご存知ですか。これは「主に他人の文章を書き直すこと」だそうです。

ブログ記事作成にあてはめますと、「どこかのブログ記事をトレースして、言葉尻を変えるなどして自分の記事にしてしまう」このように見ることができそうです。

f:id:pojihiguma:20151125171933j:plain

他人の記事を盗むのは良くない

自分で作らずとも、土台をコピーペーストして細部を変えてしまえば楽でしょうね。しかし、検索エンジンからの評価は「コピーコンテンツ」と見なされ、低くなるでしょう。また、オリジナルの記事を書いた人がその事実を知れば、著作権侵害などで訴えるかもしれません。

 

ブログ記事というのは自分の経験則で、かつ自分の言葉でボリュームを出して書くのが理想です。これが難しいのですけどね。

 

過去記事修正

最近、「ポジ熊の人生記」の過去記事を修正しています。

 

 

この記事では、その作業内容についてやや具体的に触れています。要するに、従来の記事の質を上げることで、ブログ全体の底力を上げようという試みです。

 

 

正直申しますと、とても面倒な作業です。オリジナルで1記事2記事作る方がずっと楽に感じるのは私だけですかね(-_-;)

 

ですが、長期的にブログを続けていくのならば必須の作業なのかな、と自分を納得させて地道にやっています。

 

そんな中で、ブログ開設から間もない、未熟な時期に書いた記事で「これは酷い...」というものがよくあります。

 

消したくなる過去記事

現在も巧みとは言い難いのですが、それでも見ていて酷いものがある。1か月前の記事なのに、これほどまでに低質に感じてしまうものがあるとは。がっかりします。(裏を返せば成長したということですかね(^_^;))

 

今まで、あまりにもひどいものは「削除」して、google serch comsoleでurlを指定し「こいつは無かったことにしてね」という処置をとりました。(もう10記事は消した...)

 

削除した中には、アイディアは悪くないものもあったのです。が、現状では誰も得をせず、サイトの質を下げる。だから仕方なく捨てていました。

 

ここで冒頭の「リライト」という言葉を思い出します。

 

サーチコンソールでURLの削除申請は、2016年11月22日時点で実施していません。送信しなくてもインデックスからは自然に消されるからです。

 

過去記事を「リライト」する?

あまりにも内容がズタズタな過去記事を、現在の文章力や構成力を駆使して作り直す。これは有効ではないかと思ったのです。

 

「自分の」記事を「自分で」どうこうするわけですから、著作権問題はまったく気にしなくていいですしね。(もともとパクリで作ってたらアウトでしょうけど(笑))

 

冒頭「リライト」の意味は「他人の記事をトレースして作る」という意味が強いらしく、厳密にいえば今回の件とは無関係かもしれません。ですが、この「リライト」とうのがとてもしっくりきたので、引き合いに出させて頂きました。

 

次に、その作業パターン2つを挙げてみます。

 

パターン① 記事を消さずに作り直す

これは従来の「過去記事修正作業」とほぼ同義です。ただ、内容の修正が激しい、といったところでしょうか。「リフォーム」みたいなものですね。

 

これでgoogleのクローラーが巡回した際に「ん?この記事の中身が良くなっているね。順位を上げましょう」となることを願うのです。

 

メリット

  • ほぼ0から作る手間が省ける
  • googleへのインデックスが終わっているので、検索エンジンに再評価された方が上位表示が早い?

デメリット

  • 新しい読者の目に触れることが少ない(例:記事作成時は読者「10」だったけど現在は「100」いる)

 

パターン② 記事を消して新たに記事を公開する

私はこれがやりたいです。現在、読者も増えていますし、骨組みが残っているよりもほぼ0から書く方が楽です。記事を消すことのデメリットがいかほどなのか解らない部分にためらいを感じています。(すでに10記事消しておいてためらいもなにもないですけど)やっていいならバンバンやりたい。

メリット

  • 多くの読者の目に触れる(現在は読者が増えているため)
  • 文章力が過去最高の状態でしっかり作り直せる

デメリット

  • インデックス済みの記事を消すことでの検索エンジンへの悪影響が不透明
  • 被リンクがある場合は、相手方に対し「リンク切れ」を生じさせてしまう

※2つめに関しては自分で削除したくなるほどのクオリティな記事ですから、被リンクなどはほとんどないと思うのですがね。どこからリンクされているかなんて解らないので念のため(^_^;)

 

結語

自分のサイト内で行うことですし、ここまで難しく考えなくとも良いのかもしれません。私の考えは9割決まっていまして、過去記事を消して新たに「(自分の)リライト記事」を書いて公開していくつもりです。

 

ただでさえ煩雑な過去記事修正作業です。内容がズタズタな記事にその時間を割く気にはとてもなりません(-_-;)ここは容赦なくズバズバと削除して書き直したい。

 

経験者の諸氏におかれましては、「自分の過去記事を消す、修正する、リライトする」などの効果的な作業の進め方や禁忌などについて、詳しい方は是非ともアドバイスをくださいませ。

 

2016年11月22日追記

まさに現在もリライト作業の真っ最中です。

リライト方法は先ほどの【最新の関連記事】で示したリンクを参照してください。

現在は基本的に「記事を消さずに(下書きに戻さずに)」リライトしてます。そうすることで検索エンジンでのインデックス順位は確実に上がるからです。

記事を消す、となればそれはよほどグダグダで手が付けられなかったり、リンク切れのオンパレードなコンテンツで構成している場合ですね。