読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

金縛り中にデジタル時計の表示を見ると面白いよという話

社会


スポンサーリンク

みなさんは金縛りの経験、あります?

 

発生頻度にはかなりの個人差があるようで、友人知人の中でも頻発する人もいれば全くなったことがない人もいます。

※2016年9月5日追記

無力だった少年時代

私は昔から金縛りになりやすい体質でした。子供のころは、金縛りに対する知識がほぼ0だったせいか、大きな恐怖心を抱いたものです。

 

人間というのは正体がつかめないものに神秘的でオカルトなパワーを当てはめることで、無理やりそれを納得させてしまう生き物です。

 

当時の僕は、それを「霊の仕業だ」と信じて疑いませんでした。

 

正体見たり

年齢を重ねるにつれて、情報を得るようになります。テレビ、新聞...そして決定的に金縛りの正体を暴ける時代が到来しました。

 

google先生の登場です。

 

インターネットの検索エンジンで情報を能動的に収集できる時代が訪れたのですね。これにより今まで恐れおののいていた「金縛り」を丸裸にする反撃の時代が到来しました。

 

金縛りとは、身体は眠っているが、脳が半覚醒した状態である。そのため、身体を動かすことができなくなる。疲れている時に起こりやすい。

 

調べた結果、現在ではこのように把握しています。科学的な根拠があるからこそ、この知識は一般的に知られているのではないでしょうか。

 

今まで恐怖だった「金縛り」も、それを知ってからは「あー、またか」くらいの感覚になりました。

 

それでもやっぱり怖い

頭は起きてて結構しっかりしてるのに身体が動かないというのは、理屈がどうあれ本能的に恐怖心を感じます。半分の覚醒、つまり半分は夢を見ている状態なので、目を開けているとありえないものを見たり、聴覚にも普通聞こえないような音や叫び声が聞こえてしまうのです。

 

なので、金縛りに遭った時は、なるべく早くその呪縛を解くように、もがきます。案外、必死に抵抗していると、無理やりにでも解けるもんです。

 

金縛り時に見る景色は「夢の景色 」

少し前に、興味深い話を聞きました。金縛りに遭っている時に見たもの(景色や部屋など)は全て脳で構成された景色であり、現在の景色ではないとのこと。それを聞いて思わず感心してしまいましたよ。

 

これが嘘ではないことを裏付ける経験をしました。

 

「金縛り中にデジタル時計の表示を見てみる」

 

見ている景色が夢なら、現在の時刻までは正確に復刻できないでしょ?という理屈です。これを早速やってみたのですよ。そしたら、何が見えたと思います?

 

〔69:31〕

 

こんなでたらめな数字が並んでいたのです!!

 

 

「脳さんよ...ネタはあがってんだ。あんたの見せたこの数字、どっからどう見てもデタラメだぜ。いい加減、吐いちまいな。これがあんたの見せている錯覚だってことをな!」

 

気分はこんな感じ。

 

結語

未だに金縛りの正体を掴めずに恐れおののいている方は、まずその正体について知識を持ちましょう。そうすることで、一緒に遊べるくらいまでに心に余裕ができますから。

 

そしてぜひぜひ試して頂きたい、この「金縛り中にデジタル時計の表示を見る」ということ。本当に面白いですから!

 

2016年9月5日追記

デジタル時計に限らず、金縛り中に見る景色はすべて脳が作り出したもの、だそうですね。一見、いつもの部屋に見えますが、それは作り物にすぎない。実際の部屋とは、どこかディティールが違うはずです。ここらへんも観察してみると面白そうですね。

胡蝶の夢というお話を知っていますか。我々が寝ているときに蝶になる夢を見た。起きて現実に戻っても実はそれが蝶の見ている夢なのかもしれない、と。面白いですね、哲学すら感じます。

あなたにおすすめの記事

映画『貞子vs伽椰子』ネタバレ感想!勝敗の行方や結末など

GABAチョコをストレス対策に!睡眠・沈静などリラックス効果あり

幽霊は存在すると思ってる。そうじゃなきゃ救われない人がいるもの