読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

はてなブログで目次を使った記事作りをしよう

blog blog-hatenablog


スポンサーリンク

2016年11月27日 更新

このような記事を以前に書きましたが、今回はその具体例として

「見出し」を使った記事修正

というものを紹介します。

本題前に修正作業前の小技

 

f:id:pojihiguma:20151123123806p:plain

記事一覧を開いて一番最初に遡り、記事を修正します。その際に「編集」ボタンをそのままクリックしてませんか?それだと、その記事単体を修正したあとに、またこの画面に戻ってくる手間がかかってしまう。

 

なので、画像のように「編集」ボタンを右クリックで「リンクを新しいタブで開く」を選択し

 

f:id:pojihiguma:20151123124004p:plain

 

このように別窓で作業できるようにしましょう。左のタブは動かさずに固定、右のタブは修正が終わったら「×」で消すなど。新たな修正記事作業をしたい場合はまた右クリックです。

 

知っている人には今さら過ぎることですが、これをやるのとやらないのでは修正作業効率に雲泥の差が出てしまいます。今までひたすら戻って修正作業をしていた方は、別窓を開くことをお勧めします。

 

見出しを使った修正作業

まずは[(コロン)contents]を入れよう

f:id:pojihiguma:20151123124223p:plain

本題です。これは私のブログを開設してから4本目の記事です。まだ今回の手法での修正作業が済んでないので、例に挙げました。

 

画面は修正前のプレビューです。

 

f:id:pojihiguma:20151123124332p:plain

 

次にエディター画面。ここで「[:contents]」を挿入します。これを打ち込むと、本文内に記述した各種見出し(大・中・小)が目次形式で展開します。その上に書いた「目次」は、私が独自にふっているものです。これはなくても大丈夫。

 

実際に展開した画面を見てみます。

 

f:id:pojihiguma:20151123124542p:plain

 

こうなります。ズラリと展開されましたね。

※コンテンツの文字列で見出しが展開するのは、はてなブログのシステムです。

※CSSカスタマイズで見やすくなっています。デフォルトはもっと淡泊です。

 

ここから読み取ること

さて、ここで「見出しを使った修正作業をする」とはどういうことなのか?それはつまり、「展開した見出しを見て、不自然な個所を探す(全体像を見る)」ということなのです。

 

漠然としていて解りにくいかもしれませんが、例えば大見出しに続く中見出しの流れが不自然で繋がらないだとか。そういったほころびを探して修正するのです。

 

今回の記事は、何の修正もなしに見出しをふった割に、案外しっくりきてしまいました。例に挙げるならもっとぐちゃぐちゃな見出しの方が良かったのですが。しかし、まだ直す箇所はあります。

 

修正後の具体例

次に修正後の画像を見てみましょう。

 

f:id:pojihiguma:20151123125024p:plain

 

大見出しの2番目「禁煙」が「様々な禁煙方法」に修正されました。これにより見出しの大から中へ、流れが綺麗になりました。

 

大見出しの3番目「喫煙を止めたほうがいい人たち」が「喫煙と相性が悪い人」に修正されました。修正前でも意味は通じますが、ダラダラと長い印象を受けたので、短くしました。

 

大見出しの最後「禁煙する方法」に「禁煙する方法(リンク)」と、加筆されました。修正前の見出しで飛んで来たのに、「具体的な禁煙方法が書いてないじゃないか!」とがっかりするのを防ぐためです。それならば最初から「ここには他記事へのリンクが張られています」と書いた方が親切です。

 

上記はとても具体的な方法ですが、一番大事なことは「全体像を把握する」ということなのですね。

 

普段から「見出し」を使うべし

言うまでもなく、この方法が通用するのは「普段、見出しを使って記事を作っている」場合に限られます。適切な見出しは検索エンジンの評価も高くなると言いますし、後々、こういった修正作業時にも目安となり便利なものです。

 

記事作りのスタイルは人それぞれでしょうが、個人的には見出しがあって整っている方が見やすい印象を受けます。

 

もちろん過去記事修正時でも適切な見出しをつけて記事を見やすくすることも可能です。今からでも遅くない作業ですよ。

 

結語

いかがでしたでしょうか、「見出しを使った記事修正方法」。過去記事修正作業というのは、正直しんどいです。新しく記事を書くほうが楽(^_^;)

 

ですけど、自分のブログを資産化するには、過去の記事もリフォームしてあげる必要があります。

 

記事の更新が激しい人はより熾烈な作業になるとは思いますが、ブログがいつ日の目をみることを願って、修正作業を頑張てみてはいかがですか?(´∀`*)

 

Chrome拡張機能でらくらく見出し挿入

ブラウザにクロームを使用している方は、こちらのはてなブログに特化した拡張機能を強くお勧めします。今回紹介した見出しもワンクリックで挿入可能、さらにはてなブログではデフォルトでh3タグになってしまう問題(関連記事参照)を解決してくれる機能など、はてなブロガーには大変ありがたい機能が満載です。是非とも導入してみてください。

 

絵美:はてなブログはカスタマイズを始め、色々な人が技術を無償で公開しているので、私みたいな初心者にはすっごく助かる!