読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

Kindlepaperwhite+防水ケース+入浴=読書特化!

アイテム アイテム-IT・ガジェット


スポンサーリンク

読書をするために環境を変える。それは自宅など誘惑の多い場所を離れてインプットに集中するという非常に有効な手段であります。しかし、図書館が遠い、カフェはお金がかかるなど、環境を変えるにもリスクはつきもの。

そこで今回は、僕が実践する「自宅でインプットに集中する方法」のひとつをご紹介しましょう。

用意するもの

Kindlepaperwhite

これはタブレットでも良いのですが、その場合はネット環境を断絶する必要があります。何故ならばブラウジングという大変強い誘惑に駆られてしまうから。その点では読書に特化した今回紹介するアイテムが至高と言えます。 

 

防水ケース

これも必須。用意しないと手元の誤操作一つで四角い文鎮が出来上がる危険性があるからです。もう、なんとなく察しはついてきたかと思います。上記の商品はKindle以外のタブレットで規格が合えば使用可能です。何度も言いますが、ブラウジングなど誘惑となるものは可能な限り遠ざける必要があります。

 

飲み物

これも必須(酒じゃなければ種類は問いません)。かつて僕はこれを用意せずに1時間、今回紹介することを実施して意識を消失しました。脱水によるものと思われます。そうです、今回紹介する技はめちゃくちゃ汗をかきます。

 

手順

まず服を・・・じゃなく

  1. お風呂を溜める
  2. Kindlepaperwhiteを防水ケースに入れる
  3. 飲み物を用意する(500ccペットがあればGOOD)
  4. 服を脱ぐ
  5. 浴室に入る
  6. シャワーで汗を流す
  7. 湯船に入る
  8. 電子書籍を読む
  9. 随時、飲み物を飲む
  10. 1時間・・・(BESTな時間)
  11. 2時間・・・(長くてもここくらいで止めといたほうが吉)

 

誘惑に邪魔されずに読書できて、しかも大量の発汗でカロリー消費&美容効果あり!!

 

ポイントは誘惑を遠ざけること(あとがき)

図書館でもカフェでもなく、グッズさえ集めれば自宅で割り切った読書ができるとか、考えたことがありますか?これは画期的ですよ。

注意点はスマホやタブレットまで防水ケースに入れて持ち込んでしまうことですね。これはいけませんよ。

「Twitterでリプきてないかな」

「定期購読ブログの更新が気になるな」

「自分のブログ、アクセスはどうかな」

えーーーーい、そんなものは遠ざけておしまいなさい!!

あなたはインプットを求めているのです。心を鬼にしてください。風呂場には読書に必要なものしか持ち込んじゃ駄目だからね!!良いですか!?

 

f:id:pojihiguma:20160201171656j:plain

僕も実践中です。だからこそ強くお勧めするのですよ♪

 

 終わり

 

あなたにおすすめの記事

フラッシュメモリーのお買い得感は時が止まった僕を震撼させる

僕がiPhone7ジェットブラック購入を止めた3つの理由

iPhone緊急速報が鳴る条件や音の種類、設定や音量について簡単にまとめてみた

iPhoneSEにも!高性能耐衝撃ケースZEROSHOCK