読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

ブログのキーワード設定(meta keywords)は意味があるのか

blog blog-hatenablog


スポンサーリンク

ブログのキーワード設定(meta keywords)は意味があるのか

ブログアドバイザーのポジ熊です。

今回は「ブログのキーワード(meta keywords)設定」に意味があるのかを探ってみましょう。

以下はてなブログを例にします。

どこで設定するの?

 

f:id:pojihiguma:20161127135609p:plain

ダッシュボード→設定

 

f:id:pojihiguma:20161127135625p:plain

詳細設定

 

f:id:pojihiguma:20161127135640p:plain

ブログのキーワード(meta keywords)

 

ここです。下に僕の理解できない記述があります。なにやらプログラミングチックな・・・

 

ここを設定する意味はあるのでしょうか?

 

意味はあるのか調べてみた

検索エンジン最適化

検索エンジン向けのmetaおよびlink要素(HTMLのhead部に記述する要素)をいくつか設定できます。ブログの概要(description)とキーワード(keywords)を指定できます。 また、逆に「検索エンジンに登録させない」設定もできます。

ブログの詳細設定ページ - はてなブログ ヘルプ

まずは公式ヘルプを参照します。

ブログのキーワードを指定できるそうです。

これでは意味がわかりませんね。 

 

非公式ですが、こちらの書籍を参照しますと

自分のブログはキーワードにすると何かを検索エンジンに表します。キーワードはいくつでも書けますが、あまり多いと検索エンジンの評価を落としてしまうので、2~5個くらいにしておくのが良いでしょう。複数のキーワードを書く場合は、(,)半角のカンマで区切ります。

とあります。

「2~5個」「半角のカンマで区切る」という記述が具体的ですが、これも根拠がわかりません。

 

こちらを読んでみて

  • かつてスパマーの一手法となっていた
  • 現在主流の検索エンジンはmeta keywordを見ていない
  • 将来的に評価対象となる可能性を考慮して入れるのもあり
  • 旧システムを使用した検索エンジンでは見られる可能性がある
  • ライバルに伏せておきたいなら空欄でも良い

これが僕の意訳箇条書き。

 

結論

ブログのキーワード設定は

 

  • 入れても入れなくても影響がない
  • 入れるなら2~5個程度にしておく

 

当サイトもこれを機に空欄にします。

 

なお

 

f:id:pojihiguma:20161127143949p:plain

ブログの概要(meta description)は空欄で。

 

「え、概要は入れないとダメでしょw」って考えがちですけど

こちらを見ていただければ理由が一発でわかります。