読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

ホットエントリー入りして暴言を浴びたはてなブロガーへ贈る言葉

blog blog-mental

【定期購読する】

【シェアする】



ブログを始めた時、自分の書いた記事に50以上のはてなブックマークがついて、SNSで経験したことのない拡散をされる。こんなこと、予想ましたか?

リテラシーと経験不足から起こる、経験したことのない興奮と衝撃、そして誹謗中傷や暴言に心を痛めること。覚悟しなければいけないことを書きます。

始めは平和だった

 

日常の何気ないことを記事にして、ポロポロとスターを付けてくれることに些細な幸せを感じたり、小さなコミュニティに自分の居場所を感じたりなんかして。半ば牧歌的なブログ運営にほっこりする。始めは割とこんな感じだったと思います。アクセス数も少しずつだけど増えていって、日常の随所に顔を出すようになるブログのこと。その時期はそれで凄く有意義で、楽しい日々が続きます。

記事数が10、20、30と積み重なって、ライティングを重ねるごとに文字数が増えていき。自分なりに文章が「書ける」ようになり。ブログと向き合った人はだいたいこんな感じで向上していくものだと思います。次第にFANが増え始め、あんなに自己表現が苦手だった自分が嘘のようになってくるのです。

 

「書くのって、なんて楽しいんだろう!」

 

慣れの恐ろしさ

次第にブックマーカーが増え始める。いつも見に来てくれる人が、面白い記事を拡散せんと、あの青いBをプッシュします。

 

「え、自分の記事がブックマークされた!?」

 

焦りますよ。ブログを1か月や2か月続けた人なら、ブックマークの重みくらいは肌で感じているでしょう。凄く嬉しくて、舞い上がってしまうのです。でも、人間というのは面白い生き物で、それに慣れてしまうのですね。書いた記事に1つ、2つのブックマークがつくのはもはや当たり前で、今度はそれがなければ「おかしいな、なんでつかないのだろう」なんて気を揉んじゃったりなんかして。思わずそれすらを記事ネタにして、それでベテランから揶揄られることもあります。

 

けど、真の衝撃はまだそこになく、問題ははてなブックマークが50を超えてからです。

 

ホットエントリー

おかしい、異常です。はてなブックマークが加速度を増して付けられます。アクセス解析もなにやら壊れたような状態になり、今まで穏やかな曲線を描いていたそれに、突如としてそびえ立つ塔、アクセス解析における塔です。従来のアクセス数の何十倍はあろうかという不自然なそれは、未体験のブロガーをとことんエキサイトさせます。

 

「何が起きているのかはよくわからないが、凄い興奮する!!」

 

おそらく多くの(初体験の)ユーザーはこのように感じるでしょう。

そう、「ホットエントリー入り」です。はてなブックマークがついて拡散に至る仕組みについてはここで詳しくは書きませんが、とりあえず短時間で50のブックマークが付いたものに関してはホットエントリーに入り、さらにはてなブックマークのTwitter公式アカウントにツイートされます。フォロワーが10万をゆうに超えるモンスターが呟けば、そこから怒涛のようなアクセス流入があるのです。

 

短時間で膨大なアクセスを得るという夢のような話は、このように現実として降りかかってくるのですね。

 

悪夢の誹謗中傷・暴言

回りくどいことは抜きにしましょう。

ブックマークが50を超えるような拡散エントリーについては、高確率で誹謗中傷や暴言の類が書き込まれます。

これは紛れもない事実で、ほぼ不可避です。中には大変クリーンなホットエントリーもありますが、それは少数で、まぁ大体はこのようなコメントが付いてしまうのです。

これについて、リテラシーの低いユーザーは大変に心を痛めます。2chで日々、火花を散らしているような人ならいざしらず、匿名にしろそのようなネガティブなものを浴びせられることに不慣れな方は傍から見てて気の毒なくらいに落ち込んでしまうことが多いですね。

『ポジ熊の人生記』はH28/2/7の時点でブックマーク数が50を超えるエントリーが30少々ありますが、誹謗中傷や暴言の類が付かなかったことは1度もないです。

僕個人へのヘイトが溜まっている人も少なからずいるのも原因かもしれなのですが、「お得意様」に限らずこれら拡散された記事について毎回「新規」の誹謗中傷・暴言者が出現するのです。

 

つまり、拡散されるということはこれらのネガティブなコメントを必然的に受けてしまうということなのですよ。

 

綺麗ごとが通じない不可避なこと

「これらを付けていく人がそもそも悪いんだ!」なんていうのは所詮綺麗ごとで、そんなことを考えようものならブログ運営に疲れ切って近いうちに止めてしまうのは目に見えています。何事においてもそうですが、それはありのままの現象として容認し、それに対して自分がどうあるか(具体的方策を含めて)を考えなければいけないのです。

開き直ることは推奨できません。例えばネガコメがついてもコンテンツ内容を見直す必要は一切ない!なんて考えてしまうと、どんどん歪な方向へ進んでしまいます。そうじゃなくて、流すべきものと受け入れるものを見定める目を養う必要がある、ということ。明らかに自分に非がある場合だって、なくはないのです。特定の個人をくさすような、見るに堪えないエントリや突っ込みどころ満載の誤情報を流してしまった場合などは、必然的に批判が集中します。こういった場合は周囲の懇意なブロガーからも忠言がある場合が多かったですし、その時はしっかりと自分の作ったコンテンツを見直して、それ以降はそのようなことがないように修正する必要があると考えます。長くブログとお付き合いしたいのならこれは重要です。

 

人気が出る=衆目を集める=批判される

この図式は成立します。他ブロガーを見ていても、自分の経験則からも明らかなことです。これを覆すことはできません。世界はバランスでできていて、物事の根本を変えることなど不可能です。だからあがけばあがくほどに苦しくなります。これを受容できないのであれば、人気を出さないようなブログ運営をするしかないのです。

検索を主眼とし、ブックマークを外して穏やかなブログ運営を目指すユーザーもいます。ユーザー同士の距離が近すぎる『はてなブログ』を忌避して他のサービスに移るものも少なくないのです。

このように決定的、物理的な手立てを講じない限り、これから逃れる術はありません。このまま人気を集めていきたいのなら、覚悟するしかないです。いつ、どこから刃物を持ったユーザーに刺されるかわからない、それくらいの心持がないと、人気ブログを運営することなど不可能です。刺されても丈夫な心を作るか、刺されることから逃れるための手立てを講じるか。それはあなた次第。刺すユーザーの根絶を目指したいと考えているのなら、早いうちからそれをあきらめることを強くお勧めしますもちろん、肯定する必要など微塵もなく、それらに対して怨恨を抱くのも致し方ないです。だけど、それとやりあうにはあまりにも無益すぎるってことです。ただただ消耗してしまうので。

 

具体的対策

現在まで僕が行ってきた対策を具体的に示します。

苦しんでいるユーザーの僅かながらの光明となれば幸いです。

※ここからははてなブログ設定がメインとなります。

はてなブックマークの非表示

f:id:pojihiguma:20160207141225p:plain

はてなブックマークのページ。

誹謗中傷や暴言を書き込んでいるユーザーのファビコン(プロフィール画像)にマウスカーソルを当てると▼が出現するので、ここをクリックします。

 

f:id:pojihiguma:20160207141350p:plain

ここで「非表示に追加」を選択。これを行うと、以後

  • 該当ユーザーがブックマークしても表示されない
  • ブックマークしたことが通知されない

状態となります。非表示ユーザーの管理については、別の場所で行うことになります、任意のタイミングで再び表示させることも可能です。

はてなブックマーク非表示ユーザーの管理方法 - ポジ熊の人生記

非表示ユーザーの管理について具体的な方法はこちらの記事を参考にしてください。

※注意

言及(自分の記事が相手の記事に貼られること)やidコール(自分のidが相手の記事に貼られること)の通知は、この方法ではでは防げません。相手がこれを行えば、容赦なく自分の通知に「○○さんが言及(idコール)しました」という通知が来てしまいます。これについての対策は後述します。

そもそも見ない

臭いものにふた、というかそもそも嗅がないといったところでしょうか。

抜本的な解決には至らないうえに、他の有益なブックマークコメントまで見逃してしまうというデメリットがあります。ここを天秤にかけてブックマークを見るか見ないかを判断することになるでしょう。

明らかに自分に非があるエントリーであった場合は、知らずのうちに炎上が進行して手の施しようがなくなる場合もあるので、この手段を積極的に推奨することはできません。こういった場合は別ルート(懇意ブロガーのDMやメールなど)で自分に情報提供がある場合が多いですが、ブックマークコメントの即時性は非常に高いので、誤りをいち早く修正したい場合はやはり確認するしかないのかな、とも思います。

使い分け次第といったところもあります。例えば50~100までは順調に(誹謗中傷なく)伸びていったとして、その後に少し雲行きが怪しくなってきた場合、そのタイミングで「見ない」方向に舵を切ることもできます。明らかにアウトなエントリーは50に関わらず早期に指摘が入るので、はじめのうちにそれを見過ごさなければとりあえずはOKという考え方。しかしリスクは伴うでしょう。

受け流す

非表示にするわけでもなく、見ないようにするわけでもない。そのような暴言すら景色の一部とし、精神的に汚染されることなく平然と有益なブックマークを閲覧する。ある意味、悟りの境地ですね。自分がここに至るまでにはどれほどの経験や達観が必要か、想像もできないし、現時点でこれをする自信はありません。が、これは最もベストなスタンスであり、目指すところなのかな、とも感じますね。いつかはこの境地に達してみたいものです。

応酬する

非推奨です。この方法はネット上で憎悪を炊き上げることに至高の喜びを感じ、以って生きる糧とできるダークファイターのみに許された(?)特権ではないでしょうか。実は、このような人は少なからず存在します。もう凄すぎて僕の価値観では計り知れないレベルのユーザーです。ある意味で強者と言わざるを得ません。それを否定するも肯定するもあまりにリスキーで、ただただ接点を持たぬようにするのが関の山。触らぬ神に祟りなし。

分不相応な振る舞いは決してしないほうがいいです。できないものはできない、この戦いには勝者はいません。相手は墓穴を掘ったうえで、背水の陣で臨んでいるかもしれない。そんなユーザーと戦いたい人はいないでしょう?

 

執拗な言及やidコールへの対処法

前述のとおり、はてなブックマークを非表示にしても言及やidコールは防げない。時にはいわれのない言葉で罵られることもあるかもしれない。だけど、それに対して泣き寝入りする必要など一切ありません。

しつこく繰り返してくるのであれば、いつ、どのような方法で批判を受けたのかを随時記録しましょう。自分が受けたネガティブな感情もしっかりと文章で残してくださいね。ハラスメント行為の有効な証拠になりますから。 記録がある程度たまったら、そのデータと合わせて(株)はてなへ通報しましょう。同じサービスを受けている者同士であなたがへりくだる必要は一切ありません。現実世界と一緒です。然るべき処置をとってください。

誹謗中傷や暴言でお悩みのブロガーへ【健全なはてなブログライフを】 - ポジ熊の人生記

悪人にかける情けは不要です。警告なしの一発通報を推奨します。規約の範囲内で自己を表現することに難癖つけるのは事の道理を大きく逸脱する行為であって、あなたが自分を責める必要など全くないのです。

執拗な攻撃は自分の範疇外で起きていることであって、相手をどうにかできることではないけども、このようなシステムを利用することで心の平穏が訪れるのであれば積極的に活用したいですね。知らずにただただ弱っていくブロガーも見ることは、傍から見てても辛いものがあります。

 

拡散することの覚悟(あとがき)

今回の記事で一番言いたかったことは、誹謗中傷や暴言を吐くユーザーへの文句ではありません。自分のブログがある程度の人気を得るまでに至り、その結果SNSで拡散されるということはどういうことかを考える必要があるのではないか、ということです。

前述のとおり、

人気が出る=衆目を集める

この方程式をいかに容認できるかが肝となります。裏を返せば、人気が出ることで自分の記事が表に出やすくなるということを意識したうえでコンテンツ作りに臨む必要があるのではないか、ということですよ。人気者はリテラシーを高める必要があるんじゃない?と。

読者数が10人のブログと1000人のブログで影響力に差があることは言うまでもありません。前者も後者も出鱈目で人を傷つけるエントリを書いて良いわけじゃないけど、後者のほうがより多数のユーザーに影響を与えてしまうという事実を考えなければいけないんじゃないかなぁ。

僕のブログも有り難いことに430人の読者がいます(はてなブログのみ)。これでただただ浮かれていられるのであれば、それは大バカ者だと思いますけど、そうはなりたくないですね。現時点ではまだまだ馬鹿かもしれないけど、この地点から少なくとも未来に向けてリテラシーを高めていくつもりです。Twitterのフォロワー増も含め、明らかに自分の拡散力が上がっていることを実感していますから。それと連動しているはてなブックマークの使い方だって、しっかりと考えていかないとなって思ってます。

 

ブックマークが50に届きそうな、人気が出始めたブロガーさんへ。ホットエントリーのエネルギーはまさに「ホット」で、大変刺激の強いものです。今までに体験したことのないような、えもしれぬ喜びが近いうちにあなたを包むでしょう。同時に、誹謗中傷や暴言が降りかかることが予想されます。そんな時は、この記事のことを思い出してください。あなたが得た人気ブログへの足がかりの先には、当然の如くそれが待ち受けていて、その道を進むには逃れられるものではないということを。

それを容認したうえで自分がどう振る舞わなければいけないのかを考えてみるのも良いかもしれません。

 

僕も精進いたします。

 

終わり

 

関連記事 

【お悩みのあなたへ】ブログへの暴言誹謗中傷ネガコメネガリプ対処法 - ポジ熊の人生記