読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

大人気料理記事から考察した、見られるレシピ記事作りの5つのポイント

blog blog-accessup


スポンサーリンク

 

非常にシンプルなレシピ紹介記事がホッテントリ入りしました。これで僕のレシピシリーズは全て出尽くしてしまったので、今回はなぜこの記事が人気を呼んだのかについて考察します。

 

2016年11月18日 更新

記事内容

見ていただければ解るのですが、画像を中心に鳥胸肉チャーシューの作り方を時系列で紹介しています。それだけなんですよね。特に奇策を講じているだとか、そのようなことは一切してません。

 

<考察>人気を呼んだポイント5つ

①材料が身近である

鳥胸肉はスーパーでほぼ間違いなく購入できます。調味料はしょうゆ・酒・みりん・砂糖・にんにく・しょうがで、家庭に常備しているものがほとんどです

 

これが例えばマニアックなカレースパイスであったりだとか、読めない漢字の中華調味料だとか、地方にしかないニッチな材料だったら、ここまで読まれなかったかもしれなません。

 

②簡単

調理手順は

 

鳥胸肉の皮をはぐ→塩を入れた水を沸騰→肉投入→沸騰後冷めるまで待つ→肉取出し→漬けだれを煮込む→漬けだれにひたして12時間冷蔵→反転して12時間冷蔵→完成

 

テキスト80文字以内で説明できます。包丁すら使ってません。このお手軽さが受けたのでは。

 

 

③安価

鳥胸肉が安いです。地元のスーパー次第ですが、僕の地元では道産鳥胸肉2kgが950円(税込)※です。「どこの過疎だよ」といわれるかもしれないが、これは鳥胸肉自体の安さが際立ってこのような値段となるのです。

※2016年11月18日現在は少し値上がりしてました(-_-;)

 

安くて美味しい料理のレシピ。これは誰しもが求めているのでは?お金のある人は、高級レストランでプロの技で作られた高級食材を召し上がるというイメージです。

 

④高い栄養価

鳥胸肉がヘルシーで高たんぱくです。

 

 

炭水化物はほぼ0、皮を取り除くと脂質もかなり少いです。それでいてビタミン豊富でたんぱく質含有量が凄まじく、なおかつ腹持ちが良いという。このような食材を美味しく味付けするということは、もはや正義なのかもしれません。

 

栄養価も人気が出る重要な要素といえましょう。

 

f:id:pojihiguma:20151117081548j:plain

 

⑤視覚に訴えた記事作り

普段はテキストメインで記事を作ってますが、レシピ記事に関しては画像をメインに構成しています。

これらのエントリもほとんどが画像です。当然、文字数も1000を越えるように意識していますが、それでも画像と比較して文字は少なめに映ります。

 

なぜ画像を中心とするのか。それは見にくる人が「調理法を解りやすく教えてほしい」と考えているからです。テキストメインで私のクドいうんちくなどは、誰も求めていないという訳ですね。

 

もちろん、使用する画像にも気を使う必要があります。

 

できれば解りやすく。シンプルに。必要最低限。

 

「塩を入れる」だとか「しょうゆを注ぐ」なども、あえて画像を使用しています。「テキストで良いんじゃないの、そこは」とおっしゃられるかもしれない。ですが、読者と一緒に作っているよ!という「一体感」を醸し出すには、このようなシンプルな調理手順すらも視覚に訴える必要があるのです。

 

テキストだけでは読者はおいて行かれた感を持ってしまうのでしょう。

 

このように、「画像を中心とした記事構成」というのも、ウケた理由なのかなと推察します。

 

 

以上、5つの考察を記しました。

以下は余談です。

 

時間はデメリットにはならなかった?

このレシピは時間がかかる。少なくとも24時間~30時間はかかってしまいます。なにかと時間に追われる現代社会において「時短」というのがもてはやされている中で、これは短所ですよね。

 

もし「1時間でできる絶品鳥胸肉チャーシュー」だったらもっと人気が爆発していたのでしょうが、それだと圧力鍋などを使用するなど機器に制限がかかります。今回はレシピの特性上、時間がかかることは容認されたと見ていいのかもしれません。

 

f:id:pojihiguma:20151117081606j:plain

 

あなたのレシピも世に出る

僕の記事だけが特別じゃない。それは内容を見ていただければ解ります。材料、調味料含め本当に身近なものを使っているにすぎません。それでも1万回前後の再生数を生んだ理由について、考察は当記事の通りです。

 

人は余所の家庭のレシピに非常に興味があります。家庭という囲いの中に入っていけるのは、本来だと家族・親族・知人・友人などの限られた人間だけであり、神秘的で未知の部分なのです。

 

そこから発出されるレシピ情報というのは、そんな神秘の世界が少しだけ垣間見えるという部分で読者の好奇心をくすぐるのかもしれません。

 

なので、あなたの知っているとっておきのレシピを、当記事の考察を参考にしていただき、是非とも公開してほしい。それはみんなが待っているのです。

 

あなたのとっておきのレシピという名の神秘を、どうか存分に披露してください。美味しいエントリーは「正義」なのです。