読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

『幸せになる勇気』書評 アドラー心理学実践の難しさを考える

本-メンタル系


スポンサーリンク

僕がアドラー心理学と出会ったのは、前作である『嫌われる勇気』という書籍でした。

 

今回は『幸せになる勇気』という続編書籍の書評ですが、アドラー心理学自体をご存じない方は、まずは前作から読まれることをお勧めします。

 

参考記事:嫌われる勇気まとめ

 

強烈な学問

あえてこのように表現します。「無茶な」「実践できない」アドラーを知った当初はこのようなレスポンスに終始しましたし、現在でも概ねその気持ちは変わっていません。理屈ではわかるのですが、なにせ実践が大変に難しい学問であると感じたのです。ですが、その書籍を漁るように読んでいる自分がいる、それは何故か。どんなに困難でも、いつかはこの学問を実践して人生を全うしたい。このようにすら思わせてくれるほどに魅力があるのです。

おそらく現在の自分の多くをこの学問に否定されるはずです。社会という枠組みの中で仮面をつけて生きることが「正」であると認識するのなら、なおのことそう感じるでしょう。しかしながら、アドラー心理学はこの考え、喉元に鋭い刃を突き付けてきます。口汚い風刺の表現などではなく、ひたすら人を穿つような内容ではありません。そうじゃないのに、こんなにも僕の当たり前だと考えていた人間に対するそれを、あるべき姿として提示するだけでえぐってしまう。そんな学問です。 

 

『嫌われる勇気』は導入には最適な書籍です

内容は哲人と青年の対談形式で行われます。難しい専門用語などは一切なく、いつのまにか終わりまで読み進めてしまうほどの平易さを持ち合わせています。同時に、アドラー心理学の概要をすんなりと把握できるでしょう。アドラー心理学とはなんぞや?っていう人は、まずはこちらの書籍から読んでください。『幸せになる勇気』はその続編としてえがかれている部分が多く、こちらから入ってしまうと「ん?」となってしまう人がいるような気もします。補助として『アドラー心理学入門』を読んでおくと、より理解がスムーズかもしれませんね。

 

『幸せになる勇気』は実践的内容

哲人と青年の会話形式、という部分では前作『嫌われる勇気』と同じです。これも大変理解しやすい形式ですね。内容的には前作でアドラーを学び、納得したと思われた青年が、実際に教育者として子供たちと触れ合った際にアドラー心理学の実践の難しさを目の当たりにし、その疑問を哲人にぶつけたものとなります。

具体的には子供たちを褒めも叱りもせずに見守った結果、半ば学級崩壊へと至ってしまった。ほかの教諭は叱りつけてそのような事態を防いでいるのに、自分はアドラーを知ってしまったばかりに苦悩している、という不満をぶつけたものです。これについて哲人が再びアドラーの心理を語り、他者を信頼したり尊敬したりする重要さを青年に対して説くことになります。

後段では「愛」について踏み込み、青年が人を愛することは「落ちること」であると説いたのに対して、哲人はそれを全面的に否定する。運命の人などはいない、愛とは自分が幸せになる勇気をもって、決断するものだと。「わたし」という概念を脱却して「わたしたち」というステージへ移行せよと説きます。これも一言では言い表せぬ深さがあります。

 

子供たちの問題行動(5段階)

ここは書中で強い印象を受けた部分ですので、紹介します。アドラーは問題行動を起こす子供たちを5段階に分けて考えました。いずれも所属する共同体で「特別」であろうとする心理から生まれるものです。

称賛の欲求(第1段階)

良い子を演じます。社会人であれば上梓や先輩に従順を示す行動です。目的は「褒めてもらうこと」しかしこれは「いいこと」をしているわけではなく他者の欲求を満たすために行う行動であり、褒めてくれる人がいなければ不適切な行動をとる、とも言えるのです。

このような人たちには特別である必要はなく、存在自体を認める、価値観を共有していく必要があります。

注目歓喜(第2段階)

いわゆる「悪ガキ」ですね。これは良いことで注目を集められないことがわかり、問題行動等で気を引こうとしている段階です。ここでも「悪い」ことで特別であろうとする。欲求の根源は一緒です。

こういった人たちにも、特別である必要はなく、その価値観を認めていく必要がある。

権力争い(第3段階)

挑発し、真っ向から勝負を挑んでくるタイプの人間です。力の誇示により特別であろうとする行動ですね。反抗、とも言えます。

消極的な子供は不従順、徹底した無視などを貫くことでこれを示します(僕の兄がこのタイプだったなぁなんて、今更ながらに思い返されます)。

こういう場合は直ぐに土俵から退出します。同じ目線に立ってはいけない。

復讐(第4段階)

権力争いを挑んだにも関わらず、それに勝利することができなかった人間です。この場合は復讐へとステージを進める。愛情を得られなかった人間は「憎悪」を集めようとします。無視されるくらいなら憎んでくれ!という段階ですね。こうなるとひたすら相手の嫌がることを繰り返す、そう、憎悪を集めるために。これをされると無反応でいられる人はいませんからね、結果的に行為者の意図通りになってしまうのです。自傷行為もこの段階に該当します。こうなるとその人とあなただけでは解決が難しく、第三者の力を借りるなどせねば解決は難しいそうです。

無能の証明(第5段階)

「これ以上は期待しないでくれ、僕はできないんだから」このような状況です。こうなると手を差し伸べて欲しいのではなく、差し伸べられないことで自分の無能を証明しようとする。何事においても「最初からやってもできない」という風に諦めたほうが楽だという心境に陥る。ありとあらゆる手段を用いて自分の無能を証明しようとします。「僕は馬鹿だから」

ここも当事者にできることはない、と書籍では申してます。専門家ですら難しい段階なのだそう。

 

ーー

 

教育者には上記第3段階よりも先の領域に踏み込ませないことも責務の一だそうです。難しい・・・

 

アドラーは学ぶことが第一歩である

僕がこの学問を社会で実践するにあたっては、大きな困難が予想されます。それだけに「実際に実践するのは無理なんじゃないか」とすら思わされている。ですが、おそらくアドラー心理学はここが出発点なのだと思います。自分が学んだことを実社会で実践して、摩擦を体験して、辟易して。そんななかでも「孤独な実践者」として信念をもってそれを持ち続けて・・・いつか自分なりのアドラーを人生で実践する時が来る。そんな学問なのではないかと。

今はまだ復職待ちの状況ですが、これから復帰していくうえでは避けて通れぬ様々な人間関係の軋轢があるのだと思います。その中で課題の分離であるとか共同体感覚であるとか、人生のタスクについて思いをはせ、そして上手くいかずにアドラーを否定するタイミングもあるかもしれません。ですが、きっとその時はまさにアドラーを身をもって学んでいる時なのだと思います。今は理屈として心の中に灯っているこの学問が、実践の難しさを体験することで磨かれ、自分らしく輝く日がいつか必ずくるのではないかと信じてやみません。

この学問を学べたことは本当に幸運でした。まさに劇薬、知ってしまえばもう後戻りはできませんが、僕はいつか幸せな人生の道しるべとして誰かにこの学問を語れる日が来ると信じています。

 

どうか一読ください、『幸せになる勇気』を。

長いアドラーとの人生が始まりました。

 

アドラー心理学は実社会において完全実践が困難だと感じた話

『嫌われる勇気』『アドラー心理学入門』、そして現在『幸せになる勇気』を読んでいて思うのは「アドラー心理学というのは、実社会においては大変に実践が困難な学問なのだろうな」ということである。ここらへんを言語化していく。

勇気の心理学

アドラー心理学は個人心理学であり「勇気の心理学」とも呼ばれる。 トラウマを含めて過去には囚われず、未来にまで左右されない、今ここをどう生きるかに焦点を当てた学問である。

今を頑張れない人には多くの理由があって、それは過去に虐待を受けた場合もあるかもしれない、大事故に巻き込まれて身体の自由が効かなくなったからかもしれない。または未来になにか大きな心労が予想され、その不安で押しつぶされそうになった結果、今頑張る力を失っている人もいるだろう。

しかし、アドラーはこれらを全て否定した。過去に何があろうと、それにどのような意味付けをするかは本人次第であるという。つまりどのような過去も「良かった」と総括できればそれでよいというのである。未来についても同じで、たとえどんなことを予想しようともそれは確定した未来ではない、今を頑張らぬ理由にはならぬと申した。

とどのつまり、現在の自分をリアルタイムで変革するような「勇気」が実践者には求められることになる。旧来の自分の殻を打ち破る覚悟をしろというのだ。この時点で、この学問がいかに困難なものであるか、理解できるだろう。今の自分を壊すことがどれほどに怖く、辛いものかを想像すれば...

 

課題の分離の難しさ

アドラー心理学の根幹をなす考え方に「課題の分離」というものがある。自分の課題には誰も介入させず、他者の課題にも介入しないこと。それは親と子、教師と生徒も然り。それぞれの課題は最終的にその責任を負うべきものがこなすものである、このように述べているのだ。

例えば、会社でAさんという意地の悪い人がいて、それはもう強烈な罵声を浴びせてきたとしよう。この時、あなたならどう考えるだろうか。繊細かどうかという個人差も大いに影響してくるのであろうが、少なからず傷つくのが普通だろうし、何にも感じない、という人はほとんどいないだろう。しかし、アドラーはこのような場合でも気にすることはないのだという。何故ならばそれは「相手の課題だから」だと。自分ではどうすることもできない、コントロールすることのできないそれに腐心することはない、こう断言する。それを受け取ってどう考えるかは自分でコントロールできるので、それは「自分の課題」として取り組むべきなのだそうな。「罵声を言う相手をどうにかするより、受け取り方を変えることはできる」こういうことを言っている。

理屈は素晴らしい、人は変えられないが、自分を変えることはできる、まさにこれを実践した形と言える。しかし、想像してみてほしい。いつも悪口をいうAさんのみならず、まさか親しいと思っていたBさんまでが自分に対して暴言を吐くような場面に遭遇したらどうだろう。「Bさんが言ったことは自分の課題じゃないから」なんてすぐに割り切れるものだろうか?ここに「課題の分離」の難しさはあろう。対人関係それぞれに既成概念というバイアスをかけて接しているから、全てに対する覚悟など、なかなか出来っこないのである。

 

褒めも叱りもしない「横の関係」を築くという理想論

褒めても駄目、叱っても駄目。それは親と子、教師と生徒も然り。もし道を踏み外した子供や生徒がいても、それを暴力などで押さえつけることはその子供の術中にはまっていることに等しいのだとか。その子は「怒られることで注目を浴びるのが目的」で、それにより自らの欲求を満たすのだそうだ。

ではどうすればいいのかというと、子供だろうと生徒だろうと同じ人間、横の関係を築けば良い。その相手の関心事に自分から関心を寄せ、相手の立場で相手を理解して、相手を「尊敬せよ」このようにアドラーは教える。

この件に関しては困難であることは想像に難くない。なぜならば眼前で広がる学級崩壊をリアルタイムに食い止めるための抑止力として叱るなどの方法を行使しなければ「今、この場で」それを止めることができないからである。もしそれをせずに「アドラーの教えを忠実に守る」といって子供たちを叱らなければ、そのことは間接的にでも上司などの耳に入って、教師としての適格性を問われてしまうだろう。長期的に見て子供のためを思いアドラー心理学を教育の場に導入しようと試みても、周りの環境がそれを許さないのである。これについて後述に締めとして述べる。

 

周りの抵抗が強いための困難性

アドラー心理学自体はとても魅力的で、人間の真理に近づく学問であると信じているし、本当の意味でそれを理解し実践してみたいものだと考えている。しかしながら、これを実践する上で最も困難を極めるのは周囲との摩擦によるものだろう。

件、生徒の指導に関しても「褒めても叱っても駄目」これがアドラーの教え。これを学校という組織の1教師が実践するとどうなるか?当然のようにその排除が行われるだろう。それは生徒側からも、上層部からも。かくしてその教えを広める前にその教師は社会から半ば誅殺されてしまうのだ。

理想的な学問、人間の真理。だけどそれが社会を実際に動かしているマジョリティの常識にはなり得ない、だからそれを唱えることで社会から抹消される危険がある。実践するだけでも、角が立つ。こう考えると、覚悟を決めた、信念を持った人間でなければ『アドラー心理学』を本当の意味で実践することなど不可能なのだろうね。

僕的にはアドラーのいいところをかいつまんで日常に導入すればいいのではないかと考えている。課題の分離にしろ、横のつながりにしろ。極端に考えて人にまで勧めようとするから摩擦する。そうじゃなくって、自分の中でこっそりと考え、それを基本ベースとして「信条」とすることで、日常の色々な場所で自分を救ってくれる学問になるのではないかな。完全実践はあまりにも刺激が強すぎて恐ろしい学問なんだよね。だから本当に理解するまでは良いとこどりでお付き合いしましょw

 

ブロガー視点で考える『課題の分離』

誰かの陰

アドラー心理学の中に『課題の分離』という概念があります。これは対人関係において考えるべきことであり、これを実践することで苦しみから解放されるのです。今回はそのお話をしましょう。

ブロガー視点で

僕はブロガーの端くれですので、物事はインターネット、主にブログ界隈の話で例えさせていただきましょう。ここでいう『課題の分離』とはいったいどういうことか。それを具体例を挙げて考えてみます。

例えば誰かから誹謗中傷をされたとしましょう。コメント欄に人格を貶めるような書き込みがあったとする。この場合、多くのユーザーはショックを受けますね。「どうしてこんなことを言うのだろう。酷すぎる」自分への人格攻撃というものに晒された人はネガティブな感情を抱く、場合によってはそれに報復行動を起こすこともあります。これは傍から見てもそんなに不自然な行動には見えませんよね。誰でもこのように言われのない理不尽な攻撃を受けて辟易した過去があるため、気持ちは解らないでもないよ、という胸中に達するのです。

ですが、『課題の分離』の観点でいえば、ここはこういう風になります。「誹謗中傷を書き込むのは相手の課題であり、自分にコントロールすることはできなかった」つまり変えられぬものに腐心するな、と。それよりもそれを自分がどう受け止めるかは変えることができる。なので「こんな書き込みがあったけど、それは私にはどうすることもできなかったのだから、気にすることはない」このような胸中に達することができれば、課題は分離できたと言えましょう。

なかなか難しい概念ですが、これは常々心に灯しておきましょう。変えられないものは変えられないのです、それをどうにかしようと考えるほうが消耗してしまう。一線を引くのです。「課題」については最終的に誰が責任を負うかで考えると判断しやすいそうです。例えばその書き込みについては、書き込んだものが責任を追うものであります。逆にあなたがどこかに何かを書き込もうとしている場合は、それについてはあなたが責任を負う、自分の課題と言えそうです。

 

他人の存在に惑わされるな

こと他人の出している結果に右往左往してしまう人というのは、自分の自我、基盤が脆いものと推察できます。「誰かがこうだから」「あいつが先に行ってしまった」そんなこと、あなたにとってはどうでもいいのですよ。「上を見ればきりがない」なんて良く言ったものです、まさにこの通り。相手のことなんてどうでもいい、課題を切り離しましょう。それはあなたにコントロールできるものじゃない。

そもそもそれは上下関係ではないのです。ここらへんも重要な概念ですよ。先を行く人が自分よりも高いところを進んでいると思ったら大きな間違いで、それは同じ平面の別のところを歩いているに過ぎないのです。誰がどんなに稼ごうが、結果を出そうが、あなたと同じ人間であることに変わりはないのですよ。自分を見失わないでください。あなたは一人の尊い人間なのですから。誰かとその存在を比べられるものではないのです。

自我が弱い人は、少し自分と向き合う時間を増やしましょう。割と向き合ってない人が多いように感じますけど、きっと怖いのでしょうね、自分と向き合うのが。自分を認めたくないのでしょう。ですが、認めないと他所との境界が曖昧になってしまい、結果的に課題を分離できずに苦しむことになる、また誰かと比べて苦悩する日々が始まってしまうのです。

そうならないために、自分を見つめまくってください。ナルシストよ呼ばれても良いくらいに自分と向き合いまくって、それから他所の世界に出ていきましょう。そうすることで個として自分を認識できるのです。まずは自我の安定を。他人に存在を脅かされているようでは、まだまだ自分が弱いのですねぇ。

今すぐ幸せになる方法は「人と比べるのを止めること」

理屈では解ってても、どうしても他人と比べてしまう生き物、それが人間ですよね。これについて思うことを綴ります。

※この項もアドラーの強い影響を受けて記載しました。

比べてしまう哀しい生き物

「あの人はこれがあるから」「この人はこんなところが優れているから」人間というのは時に誰かと比べては落胆し、溜息をつき、悲観することがあります。人の幸せを羨み、妬み、「無いこと」に腐心して消耗する。それは自分でも「精神的に良いことではない、真理から遠ざかっている」そのように感じている人が多数ではないかと考えています。

もしこのような感情が沸き起こった時に、それは誰かが生み出したことにより引き起こされたことであり、自分は決して悪くないのだ!このように考えてしまうようでは、また同じような悲しい出来事に遭遇してしまうでしょう。そのようなネガティブな感情が生まれることは誰の責任でもない、あなた自身が生み出しているのです。

過去にどのような境遇があったかは定かではありませんし、とても辛い思い出などがあるかもしれません。それで今の自分がネガティブで悲観的になっているに違いない、そう考えている人も少なからずいるでしょう。世間はそれにたいして憐憫・同情の目を向けます。「可哀想に、この人は大変な境遇や過去の事件の影響で今を頑張れないんだな、それは仕方のないことだ」こんな風に考えてしまう。しかしこれは正しいことではありません。その憐憫・同情はこれ以上そこからその人が前に進むということを建設的に考える思考を放棄したことになります。

 

今ここを生きぬは人生の嘘です

人間は過去に何があろうとも、それに責任を押し付けて今を頑張らない理由にはできないのです。もしそれらを理由に頑張らないのであれば、これを「人生の嘘」と呼びます。「今、私がこんなに辛いのは、過去のあの時にあったあの事件が原因だ」とか、「一緒にいるこの人の影響で私は前に進めないんだ」とか。これは全て人生の嘘にほかなりません。もし自分が前に進むうえで障害となる人間がいて、それを本気で何とかしようと思えば、立ち向かうか、もしくは離れて環境を変えるなどの手段が取れるはずです。しかし、そのアクションを起こそうとせずに「今の私が頑張れない」理由をそこに転嫁しているのですね。

物事の順番が逆になっているのです。「私が頑張れないのは、過去にこんなことがあったからだ」「私が頑張れないのは、今のこの環境が原因だ」という理屈は、実は逆なのです。「過去にあった出来事を『悪い』ことと意味づけてしまえば、今ここを頑張らなくて済むんだ」「今ここにあるこの環境を『悪い』ことと意味づけてしまえば、頑張らなくて済むんだ」心の中ではこう考えているのです。つまり、今ここを頑張りたくないから、人間は過去や現在の環境に悪い意味付けをしているのです。信じられないかもしれないですが、これは事実です。

これがつまり何を意味しているのか、それは「今ここを一生懸命に生きることに対しては何の障害もない」ということになります。もしそこに障害を見出すとすれば、すべてあなたが意味づけた事柄に過ぎない。今を頑張りたくない人が作り出した嘘なのです。「あれがあるから」「これがあるから」頑張らない。頑張らない人は人生に嘘をついて生きている。

 

今ここを生きましょう。何かに責任転嫁するのは止めましょう。あれがあるから、これがあるから。誰かに惑わされる人生は捨てましょう、あなた自身の選択で、過去に責任を押し付けず、他人に振りまわされないであなたの人生を生きてください。自分と他人を比較しないこと、これが今あなたが直ぐに幸せになれる唯一の方法です。ほかに方法はありません。

 

あなたにおすすめの記事

「消えたい」被虐待者の世界~幸せは食べ物が美味しくて良く眠れて人と関われること