読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

尿瓶(しびん)は健康な人でも便利に使えるのではないか?

アイテム アイテム-家庭で使う

【定期購読する】

【シェアする】



スポンサーリンク

「尿瓶」で広辞苑第6版を引くと

シュビンの訛<日葡辞書>

とあります。えー!?って感じ(笑)

改めて「シュビン」で引くと

しゅ-びん【溲瓶】

(唐音)寝所の近くなどに置いて小便をするのに用いる器。しびん。

 ・・・とあります。

ってなわけで、別に病人が使うべきアイテム、ってわけでもないんですよね。

どうして人は健康体で尿瓶を使わないの?

 

それはひとえに常識という名の殻の中にいて、それを破れないヒヨコちゃんだからさ・・・!

 

なんて挑発的なことを言うつもりはありませんが、でも実際のところ常識を超えられないが故に使わないのではないかと思うのです。

 

例えば公衆衛生の概念があって、所かまわず致すのははっきり言って非常識で不衛生だと考える。 そういった先入観が、あんなに便利な尿瓶を日常生活から遠ざけてしまっているのだと思うのですよ。トイレに行けなくなって、初めて使うのが普通であり、世間の常識になっちゃってる。

 

次に、自宅で尿瓶を使うと何が便利かを考察します。

 

(健康体でも)自宅で尿瓶を使うメリット

トイレの水を節約できる

すげえ、地球にすら優しい。

いやいや冗談抜きでこのメリットはでかい。小で流すにしても水はそれなりに使うからね。尿瓶の容量にもよるだろうけど、4~5回は用を足せるはず。ということはトイレに使う水を1/5にできるってことさ。ビューティフルワールド!!!

夜中にトイレまで行かなくて良い

寒冷地に居住する民にとっては、まじでこれがデカいです。夜中も暖房を焚けるのは富裕層!我らプロレタリア階級は、その身を縮ませ、身震いしながら寒いトイレに行くわけですよ。そんな時に尿瓶さんさりげなく登場。「ぼくにしなよ、遠慮はいらない」なにこれ惚れるだろ...

なお、夜尿症の方にも良いかもしれませんね。

廃人ネトゲユーザーの強い味方となる

彼らはトイレすら惜しんでゲームに心血を注ぐ社会不適合者熱心なプレイヤーです。ですので、小くらいなら手元で!という狂気的発想により、ペットボトルなどに致す猛者もいるわけです。しかしそれはあまりにも不衛生。こぼすかもしれないし、そのペットボトルをリサイクルごみに出された方の立場を考えなさい!と強く言いたい。しかし、彼らの情熱は何を言っても消えない煉獄の炎。であればせめて尿瓶をあてがってはいかがだろうか?ということになる。なるよね?

 

ーー

 

とまあこのように、手軽に手元で済ませられる尿瓶先輩の効果は想像以上に高く、その社会的評価と相反して実に希望と活力に満ちたアイテムなのです。ロジカルに説明したつもりです、伝われば幸いなのであります。

 

デメリットは同居人がいたら使えないということ(終幕)

想像してごらん みんながただ今を尿瓶をおもむろに取り出して奏で始める同居人の姿を。あなたはそれを受け入れることができますか?もし受け入れられるのであれば、それは愛です。だれがなんと言おうと愛。もはや怖いものなどありません。あとは二人で手を添えて、こう叫んでください。

 

「バルス!」と・・・

 

冗談はさておいて尿瓶の活用推奨派は大変にマイノリティであると考えます。もし一人で使用してても、来客の前にそれをナチュラルに置いておけるかどうか。それを考えれば自明ですね。

 

つまり、今回紹介したメリットの数々は、自宅の壁という社会から視覚的に遮断され、しかも単独でしか使えないというデスノートを使用する夜神ライト並みの技、ということになります。

 

ごめんなさいね、もっと汎用性の高い技を紹介すればよかったのですけど、どうも育ちが良くないもんですから、このようにシモの話題になってしまうのですよ・・・

 

 

あ、そうそう、これを忘れずに貼っておくね。

 

 

関連記事

インフルエンザ年越し闘病記~吸引薬イナビルとの出会い - ポジ熊の人生記