読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

スロースリップ現象って何?普段の地震の原因とどう違うの?

社会


スポンサーリンク

「スロースリップ」という言葉を用いるニュースを見たのだけど、僕的には「ゆっくり滑るギャグで後に引けない感」を感じてしまう。

今回はスロースリップの意味を調べたよ。

プレートが動いて地震が起きるのは知ってたよ?

地球の表面は何枚かの板(プレート)に覆われてて、それはお互いに常に流動している。そんでプレート同士の接地面で入られる側の端っこがグググっと下に引っ張られ、それが「びょ~ん」と戻るときに地震が発生する・・・往年の長嶋さんばりに擬音を使って説明すればこんな感じ。大体あってると思うのだけど、それと今回の「スロースリップ」って、何が違うのかなって疑問に思った。

だって、普段のプレートの動きだって十分にスローに感じるよ。そりゃ46億年の歴史を誇る我が星地球から見ればそれはそれはめまぐるしく動いてるのだろうけど、寿命が100年もいかない我ら人類からしてみればそれは太極拳をコマ送りにしたような動きにしかみえないわけで。

スローってなんだ(・´з`・)!?

 

スロースリップ現象とは

スロースリップ(英: slow slip)とは、地震学の用語で、普通の地震によるプレートのすべり(スリップ)よりもはるかに遅い速度で発生する滑り現象のことである。

「スローイベント」「スロー地震」「ゆっくりすべり」「ゆっくり地震」などとも呼ばれる

スロースリップ - Wikipedia

不覚にも笑ってしまった。

うちの職場にも「ゆっくりすべりさん」いるわ、そういや(^ω^) !!

 

冗談はそろそろ置いといて(遅え)、スロースリップというのは普通の地震と「比較して」遥かに遅い速度でプレートが動くことを指していたのですな。

 

f:id:pojihiguma:20160129092821p:plain

出典:北海道~関東沖 スロースリップ現象が地震誘発か NHKニュース

 

さらなる地震予測の精度向上に期待(あとがき)

東日本大震災においても、沿岸部の住民にもっと早く地震情報を伝えられれば、どれほどの人が助かったかわかりません。海岸部に住まないという根本的なものから、避難用の津波タワーを建立するなどハード面の整備についてもそうですが、このような地震予測の精度を高めることで防災インフラが整備され、少しでも多くの人が災害を防除できるような環境を整えてほしい。そういった意味では今回の「スロースリップ現象」については、地震予測精度向上という意味で期待をしてしまいます。

 

地震についての知識はからっきしなポジ熊がお送りしました。

 

終わり。

 

あなたにおすすめの記事

iPhone緊急速報が鳴る条件や音の種類、設定や音量について簡単にまとめてみた
初音ミクと三日月宗近のチャリティねんどろいど購入で寄付できる!
大手2chまとめサイトのPV数は月2億超え!検索流入は3割未満
熊本市避難所が公開した欲しいものリストが活用されていないらしい
被災地を襲う第二の災害!熊本市「救援物資配送は見合わせて」