読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

TwitterやFBのフォロワーは複数サイト運営のアドバンテージ

SNS SNS-Twitter


スポンサーリンク

f:id:pojihiguma:20160131192837j:plain

ブログ開設112日目現在、Twitterのフォロワー数が720を超えました。少ないよりも多いほうがブログ運営上の強みになることはいうまでもありませんが、複数のサイトにまたがって運営する場合は、さらなる強みになること請け合いです。

[:conetnst]

複数サイトの販売戦略

www.nomado67.com

この記事は交流のあるさんじょーさんのブログで書かれたものです。この中では、複数のサイトを運営して利益を生む方法を初心者にわかりやすく説明しております。

この中で彼女は

  • はてなブログはメールアドレスから直接商品を販売するなどの行為は禁止されていること
  • はてなブログでFANを集め、ワードプレスに誘導してコンテンツ販売戦略を展開するのが上策だということ

を教えています。非常に画期的な手法です。これをさらに効果的にするのがSNSの利用だと思うのですよね。

 

SNSの力が重要となる

はてなブログでワードプレス記事の告知を行うことももちろん効果絶大ですが、さらに今までフォロワーになっていただいた方にワードプレス記事更新をお知らせすることができる。これは集客において非常に大きなアドバンテージではないでしょうか。はてなブログに援護されているとはいえ、ワードプレスの開設初期は検索エンジン的にも閑古鳥が鳴く状態となります(軌道に乗るまでが長い)。ですので、Twitterで誘導してやるのが初期の集客には大変効果的なのですよ。

例えば開設半年のはてなブログと開設したてのワードプレスサイトがあったとして、ワードプレスでコンテンツ販売、はてなブログで誘導を行うとします。この場合に、Twitterフォロワーが100人の場合と1000人の場合は段違いで後者の集客力が高いわけです。

この数字ではまだまだ弱いでしょうね。半年間、一生懸命にはてなブログを更新した場合は、頑張れば2000フォロワーは到達できる気がします。フォロワーの数で初動におけるエネルギーが全然違う・・・これはTwitterに対して真剣に向き合う気が起きる話ではありませんか?

もちろん、実名と紐づけしても問題ない方はFBも活用すると良いでしょう。ただ、この2つはどうも情報を流す先の属性が異なるようですので、混同して使うよりはしっかりと使い分けをすべきツールのようです。なにぶん、FBをブログ運営において使ったことがなく、今後も使う予定のない僕としてはリアリティのある記事が書けないので、実際に利用している方にここらへんのノウハウは譲りたい。

 

フォロワーは質が重要(あとがき)

フォロワーを集めるといっても、質が問題です。ワードプレスでどんなコンテンツを販売したいのか。それに合った毛色のフォロワーを集めるにはどうしたら良いか。ここらへんも良く考えてSNS戦略を展開する必要があるでしょうね。また、サテライトサイトであるはてなブログについても、販売するコンテンツに沿ったテーマでブログづくりを行わないと、誘導しても「なんだここは」というふうに読者に怪訝にみられ、長期的にFANが減ってしまうかもしれません。ここらへんはしっかりと学びながら、手探りで慎重に行くべきかと考えます。

せっかくつかんだFANですから、ないがしろにすよるようなことはしたくないものです。

 

終わり

 

あなたにおすすめの記事

タイピングの速さはブログの成長に直結するんだよ、特に雑記はスピード命!
【デカい!】大容量の真空断熱タンブラーはiricoの900mlがお勧め!
実家でお金も入れずにサラリーマンやれる人の強さはスーパーサイヤ人以上
サイトアクセスアップは継続が何よりも重要だということを説明します【ブログ運営】
【映画・書籍】公開・発行直後の記事は多くのPVを生み出す実例