読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

【通報】著作物をTwitterに無断転載された場合の対処法

SNS SNS-Twitter


スポンサーリンク

f:id:pojihiguma:20160108222833j:plain

僕の身の回りでTwitterを使い始めるユーザーが増えてきました。

フォローを受けて「あ、始めたんだ」なんてわかったり。正直嬉しいですね。

新たなシステムを導入する勇気とエネルギーに称賛を送りたい。

そういえば最近はTwitter界隈が騒がしいですね。

何やら、ツイートの文字数制限が1万文字になるそうで...

ツイートできる文字数140→1万文字へ

gigazine.net

こちらですね。

それにしても何ですかね、この数字。

チートツールで弄ったゲームのパラメーターみたい。

ー余談ー

DMが140文字制限じゃなくなったのは最近なんですね!

これは知りませんでしたが、DMはいいですよね、制限なくても。

個人のユーザー同士で大いに情報のやり取りができますから。

ーここまでー

 

タイムラインが悲惨なことになる懸念について

このニュースを聞いたとき、まず初めに思い浮かんだのは

もうTL見れないじゃん、1万文字ツイート乱発されたら、紙を延長しながら転がっていくトイレットペーパーみたいになってしまうんじゃ(´・ω・`)

という安易な想像w

 

これについては杞憂でした。

文字数が多いツイートはクリックで表示されるとのこと。

そりゃそうだよね。あー良かった。

 

※補足ですが、タイムラインとはフォローしているユーザーのツイートが流れてくる、非常に流動性の高いフィールドです。それを眺めて楽しむユーザーも多数います。

 

次なる懸念はブログ文章の丸パクリ

自意識過剰もたいがいにせいよ!なんて怒られそうですがね。

こちとら魂ほとばしらせてオリジナルの文章を紡いでるっちゅうのに、Ctrl+C(コピー)→Ctrl+V(ペースト)のたった二動作で数千文字を他人のツイートにされるのは非常にしゃくなわけですよ。

こんなことされても指をくわえて見ていなければいけないのかというと、そんなことはありませんよ。ちゃーんと著作権と呼ばれるものがありますからね。

 

著作権が侵害された場合の対処法

Terms of Service | Twitter

こちらの「9.著作権ポリシー」を要約して、自分のブログ記事が無断転載された場合の対処法を書いてみました。

自分の著作物(文章など)がツイートされているのを発見したら・・・

著作権侵害通報窓口に以下の情報を添えて通報

  • 著作物を有するものの電子的・物理的署名
  • 侵害を受けたと主張する著作物を特定する情報
  • 上記に加え、その情報を運営が探しやすくする情報
  • 自分の住所、氏名メールアドレス
  • 訴えるコンテンツが違法である旨の表明
  • 通知の内容が正確で、場合によっては偽証罪に問われることも承知である旨の表明

通報窓口はこちら

Report copyright infringement. | Twitter Help Center

 

自サイトのコンテンツについて、無断転載禁止を明記しよう

自分のサイトに転載についての許可うんぬんについて一切触れていない場合は、無断転載の訴える力が弱まってしまうかもしれません。

ですので、然るべき場所で無断転載お断りの旨をしっかりと明記しましょう。

僕の場合は

f:id:pojihiguma:20160108221507p:plain

こんな感じですね。

しっかりとツイート1万文字対策仕様になっています(笑)

 

著作権は自動で発生する

とほほの著作権入門

こちらのサイト様を参考にさせていただくと、ブログでいえばオリジナルの文章を公開した時点で、それはあなたの著作物になります。何か特別な手続きを踏まなければ発生しないようなものではないのです。

ですので、「お前のサイトは転載禁止の旨が書いてないから無効だ!」なんていうのは大間違い。けっして泣き寝入りすることのなきよう、心を強く持ってくださいね。

 

Twitterは良いものだ(あとがき)

 

  • ブログの宣伝
  • 他記事の拡散
  • ユーザー同士の交流

 

などなど、いつもお世話になっているTwitter様。

文字数制限が解除されようが、今後も利用することにかわりはないわけですが、このように著作物を侵害されたときの対処法は知っておきたいものですよね。

無断転載して商用利用する輩はごまんといるのでしょうけど、それら跳梁跋扈するアウトローな人達を取り締まることを考える前に、まずは自衛ですね!自分のコンテンツをしっかりと守りましょう。

記事を丁寧に書く人ほど、無断転載されたときの怒りと悲しみは大きいでしょうから...

 

以上です。

 

あなたにおすすめの記事

はてなブログSEO対策~記事タイトル・目次・見出し・内部リンクなど【保存版】
アドセンスと死 禁止ワードで即ポリシー違反ではなく内容の問題
ブログのプロフィールやヘッダ画像をプロに依頼して本当に良かった
ブログ挿入画像は自分で描くか撮影したものが最強だと思うの
利用するフリー写真素材サイトは多いほうが良いらしい(マイナー含)