読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

脇の下で握ったおにぎりでも美人が作ったものなら食べたくなるか?

食-飲料その他


スポンサーリンク

脇の下でおにぎりを作るってどうなの?

女子がワキの下で握る『腋おにぎり』は美味しいのか?試してみた結果 – しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!

ツイッターのタイムラインを眺めていて、久々に目が覚めるコンテンツと出会ってしまった。女性が脇の下で作ったおにぎりを食べる、というもの。

脇の下でおにぎり

考えただけでもオエーな案件であるはずなのだが、握った人が見め麗しい人だったらどうなのかというふるいがあり、ここに不思議な矛盾を感じる。そもそも、なぜオエーになるのかというと、脇の下が衛生的によろしくない部位だからであろう。

足を考えてみてほしい。時期によらず、1日履いた靴下で表皮は汗だらけとなり、バクテリアの作用によってそこから悪いスメルが放たれる。 そこでどうこうしたものを口に入れるということに強烈な抵抗を覚えないだろうか。脇だって似たようなもので、臭いに差こそあれ、汗腺が発達しているのだから似たような作用が働く。やっぱり汚い。

 

でも、美人だったら・・・なんだこれ。

 

あーあと脇の下おにぎりを作る際に食中毒を防ぐという名目でティッシュのようなもので拭いてたけど、エタノールくらい使おう。昔、飲食店で働いてた時に上司から「髪だけでなく顔には黄色ブドウ球菌がいるから、仕事中は顔に手を触れるな。触れたら手指消毒を徹底しろ」って指導されてて、この脇おにぎりの拭きの甘さが目についた。次亜塩素酸ナトリウムだと身体に悪いからできないとしても、せめてこれくらいはしておいたほうが良かったんじゃないのか?

 

食中毒がご褒美だ、なんて冗談交じりに誰かの意見を綴っていたけど、劇症化したら死に至ることもある恐ろしい症状なのでここはネタ抜きでやっておいたほうが良い。生肉を食べて食中毒を引き起こしたエントリーあたりを見て、その恐ろしさについては知識だけでも知っておけば、このような書き方にはならないはず。

 

程度の問題?

f:id:pojihiguma:20160527095214j:plain

http://sirabee.com/2016/05/26/124136/

 

美人である。僕にはそう映る。そこらで歩いているような類の顔立ちではなく、すれ違うと振り返るかもしれないくらいの器量の良さをお持ちで。このような人に握ってもらったおにぎりを食べれるだけでも幸せを感じることができそう。ただのおにぎりがただのおにぎりではなくなり、付加価値が出る。ここには明らかなバイアスや生理的な嗜好が影響してくる。

 

だが、これが「脇で握る」という生理的ハードルを超えられるかどうかは、握る人の器量と天秤にかけた結果に左右されるのだろう。例えば、一般人レベルの美人に握られても食べれないけど、超絶美人な女優さんに握ってもらえるなら食べられるよ、だとか。要するに程度の問題なのではないかなと思うのだよね、僕は。

どんなに美人でも脇で握られたおにぎりはご免だ!という人もいれば、逆に普通に握るより脇で握ったおにぎりが食べたいという、位相の違う世界の住人もいることだろう。また、これくらいの美人ならば・・・という程度によりけりな人も。いったい、どれくらいの割合なのかは非常に興味がある。

 

「他人が握ったおにぎりを食べることができない」という話題が一時期、ネット上を賑わせたが、僕はここについては全く何も感じない。明らかに不衛生であるとか、普段の行動を見て何らかの先入観が働いているのなら話は別だが、とりあえず最低限、抵抗のない人間や環境などをクリアーしていれば普通に食べる。売られているものについても、あらぬ想像はしない。

ただ、「人の握り飯は食わぬ」忍者的思考が決して少数派ではなくなってきていることを考えると、脇で握るおにぎりに抵抗を感じる人の方が多数派なのかもしれないなぁ。昔の雑多で不衛生だけど逞しい時代は終焉を迎えたのかもしれない。どこか小奇麗で繊細な機微を周囲の人からも感じる。

 

結語

馬鹿げた記事で言語道断であると感じる人もいるかもしれないけど、僕はこういう「あえてやらないことをやる」メディアの発信については、基本的に称賛の意を表したい。この記事によって今回の記事を生む原動力を頂いたわけだし、色々と考えさせられた。

脇の下で握ったおにぎりなんて絶対に嫌だ、なんて『魔法陣グルグル』のキタキタオヤジさんを見て思ってた。けど、あら不思議、美女が握ったらその気持ちが揺らぐのだからね。参った参った。

 

ただ、食中毒の危険性については、もっとしっかりと焦点を当てるべき。まぁ、これを突き詰めて考えると今回のネタ記事は生まれなかったわけだけどさ。死人が出てからでは遅いからね。最悪の事態は回避できるような対策を講じるべきだったんじゃないかな。

あと、人によっては「食べ物を粗末に扱っている」と捉える人もいるだろう。これについても自覚があるかないかで、随分と意味合いは違ってくると思うね。「そのような誤解を生む可能性があるけど、不退転の覚悟で記事の作成に臨む」って考えているのなら、もう言うべきことはないです。

 

 

ちなみに、脇の下で作ったおにぎりを僕が食べるかどうかというと

 

 

美人が作ったものなら食べます。

 

あなたにおすすめの記事

サマーレッスンのために【PSVR】PlastationVR買う!

お昼寝中に好きな女の子へのチューをライバルにかすめ取られた話

「エロい」ツイートのピークは2時台!Twitter統計が面白い