読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

ポジ熊はブログ運営無料相談を行っております【概要】

blog blog-personal

【定期購読する】

【シェアする】



「ブログやってるけどアクセス数も伸びないファンも増えない、自分なりに調べて試行錯誤したけど壁にぶち当たってる

こんな人にはどうか読み進めてほしい記事です。

 

ここでは『ポジ熊の人生記』管理人である僕に無料ブログ相談する際の手順を示します。まずはこの事業を立ち上げた動機からお話します。

無料相談事業立ち上げの3つの動機

雑記ブログをがむしゃらに運営して1年経過したところで、最高に楽しめるブログへの恩返しとして「後発ブロガーを応援するための無料事業をしたい」と思い立って、経験則を活かしてアドバイスをすることに決めました。これがひとつめ。

 

ふたつめは有料のブログサロンや情報商材に少なからず不信感を持っているから。相手が初心者なのを良いことに不適正な値段でスキルやデータを売りつける人たちへのアンチテーゼでもあります。まっとうにやってる人は良いですけどね。

 

みっつめ!PVや収益を追いかけることに疲れたからです。「こんなのは楽しいブログ運営じゃない」って。それなら自分の好きなジャンル「ブログ」を突っ走ろうと。そこから無料相談が派生するのは不自然なことじゃないし続きそうだなって考えたんです。

 

では早速、無料相談をするための手順を以下に示していきます。

 

まずはこの記事を確認しよう

この2つを見てください。その上で「実践してるけど壁に当たってる」って人は、僕のところに相談に来てください。

無料相談なのでブログ開始から1年間戦えるほどのノウハウを教えられるほど余裕がありません。ですので、自分の手を動かしてまずはブログに親しんでください。

ある程度、運営経験を重ねれば見えてくるものがあります。目安としては2~3か月、定期的に更新することですね。

 

手順1 Twitterフォロー

ポジ熊@ブログアドバイザー (@poji_higuma) | Twitter

↑まずは僕のアカウントをフォローしてください。

理由は「DMでやりとりするので相互フォローになる必要がある」からです。

※フォロワー数増加によりフォローバックが難しい状況です、相談を希望される方は「相談希望です」とリプを頂ければ幸い。ブロガーさんと理解できれば、可能な限りフォローバックしてます。

 

手順2 DMを送る

f:id:pojihiguma:20161213205023p:plain

PCだとこのアイコン

 

f:id:pojihiguma:20161213205146p:plain

スマホだと真ん中のこのアイコン

 

でDMを送れます。

 

送る内容は当然、相談内容を書いて頂ければOKです。

 

  • 僕にどんな相談をしたいのか
  • どんな壁に当たっているのか

 

これをあけすけに書いて頂ければOKです。

相談したいサイトのURLを忘れないでください。入れ忘れているのならTwitterプロフィールページを確認してサイトへ行きます。

 

手順3 返事をもらう

早くて10分、遅くても48時間くらい返答にお時間を頂きます。

無料ゆえ簡易的ですが、あなたのお悩みに僕なりの返答をさせていただきます。

 

返事をもらったあとにそれをどう活かすかはあなた次第です。

 

できないこと

  • プログラミングの相談(カスタマイズコードなど)
  • 相談した内容について責任を追うこと
  • 物事を決定すること

あくまでも「背中を押す」「気持ちを聞く」ことを主眼にしています。その上で僕の経験則から、アドバイスという形で放言させていただきます。 

 

お願い

無料相談を受けて役に立った!と感じましたら、それを記事にしていただけると嬉しいです。

これは任意であり強制ではありませんが、アドバイスの精度向上や僕のモチベーション維持に繋がります(笑)

その気になった方は是非とも当無料事業を貴サイトで宣伝していただけると超嬉しいです♪

 

暴言・誹謗中傷相談

始めてバズったんだけどブコメに恐ろしい暴言や誹謗中傷が書かれていて「もうブログを書かないほうが良いのかな?」なんて夜も眠れない人がいらっしゃいましたら、先ほどと同じ手順で僕に相談ください。相談の際の必要記載事項は以下になります。

 

  • 暴言を受けた記事のURL
  • 暴言のブックマークURL
  • 暴言を受けたことに対してどのように悩んでいるか

 

これに対して第三者としての客観的意見を僕が述べさせていただきますので、それを今後の対応に活かしていただければ幸いです。なお、当アドバイスにより生じたアクシデントについての責任は負いかねますのでご了承ください。

当方の暴言誹謗中傷を受けた実績

1年間で数百件以上

この実体験をもとに暴言を分析して相談に応じますので気兼ねなくどうぞ。 

 

関連記事