ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

MPFL再建術体験記その1(負傷編)

スポンサーリンク 

令和元年末に右膝を脱臼して手術を受けた体験記です。

※数回に分けて記載します。

負傷発生状況

屋外階段で足を滑らせ右足で踏みとどまろうとしたところ、膝に抜けるような感覚があり、その直後に激痛を生じました。

しばらく歩けないほどの激痛が継続しましたが、休んでいると痛みが引いてきたため、右足をかばうように徒歩で帰宅しました。 

午前中は痛みをごまかして生活しましたが、昼頃に膝の関節がパンパンに腫れて曲がらなくなり、整形外科を受診。

 

以上が負傷の状況です。

 

診察結果

診断

右内側膝蓋大腿靭帯損傷

 

 

 

先生「全治3か月です」

 

「マジでー」

 

ショックでした。仕事、どうすんの...

 

曰く、膝の脱臼は保存治療を選択する場合も多いが、僕の場合はまだ若いので根本的にしっかりと治しましょう、なので手術をしましょうということでした。ありがたい話なのか!?

 

受けた検査と処置

  • 視診・触診
  • 血抜き
  • MRI
  • レントゲン

MRIが時間長くて、悟りを開く手前までいった。

血抜きはそこまで痛くない。

 

どんな負傷か

以下はこちら

反復性膝蓋骨脱臼と内側膝蓋大腿靭帯(MPFL)再建術

のサイトから画像をお借りして説明しますと

 

 

f:id:pojihiguma:20200106061856p:plain

膝蓋骨(いわゆる「皿」)が、何らかの衝撃で脱臼すると、図のようにズレてしまうことがあります。モデルは左側なので、外側に脱臼していますが、膝蓋骨脱臼の多くは外側への脱臼です。僕の場合は右膝の膝蓋骨が外側に脱臼しました。

 

 

f:id:pojihiguma:20200106062032p:plain

膝蓋骨の両側には大腿靭帯があって、内側にある靭帯がMPFL(内側膝蓋大腿靭帯)です。

 

 

f:id:pojihiguma:20200106062247p:plain

外側に脱臼することで、MPFLが引き延ばされ、損傷してしまう。

 

 

以上が僕に起きた負傷の詳細です。おおむね、これのとおり。

 

・・・実は、このケガ、起きるべくして起きたのかなと。というのも、管理人は膝の脱臼癖があったのです。反復性ってやつですね。 

 

www.pojihiguma.com

 

過去にこんな記事を書いていたんですよ。サムネイル画像を利用したいから、ブログカードでリンクを貼りました。膝の形が違うの、わかりますか?

 

何度もやってたんです。ただ、今回のように膝に血が溜まるまでには至らなかった。だから、ごまかしごまかしでここまで来たんですね。

 

ですからみなさん、膝の脱臼をした場合は、早いうちに靭帯の再建術をやったほうがいいですよ。人体を損傷した場合ですけど。先生いわく、もっと早いうちに手術を受けられれば、軟骨の減りも少なくてよかったに、とのことですよ。

 

学業や職場などの都合もおありかとは存じますが、長い人生のQOLを考えると、やっておいたほうがいいです再建術。

 

入院まで

スケジュール等、病院側の都合があるので手術を受ける日は約1か月先となりました。長い...。

 

とりあえず職場に連絡。2~3日は休んで、様子見て出て来いと。鬼か。まぁ出てくるなと言われるよりは救われる仕事人間だからヨシ。

 

その日のうちに松葉杖2本と、青色でごっつい膝のサポーターをレンタルされ、とりあえずは帰宅。

 

f:id:pojihiguma:20200106062728j:plain

1/6撮影

なんだこのサポーター、モビルスーツの足みてえだ。

※ニーブレイスなる器具だそうです。理学療法士の先生から教えてもらいました。病態に応じて金具を入れて可動域制限することができるとのこと。

 

負傷直後は脱臼を防ぐためにニーブレイス装着を指示されます。全然曲がりません。歩きにくいです。でも、膝が守られている感覚は強い。あと、外歩いていると老若男女が避けてくれます優しい世界。

 

翌日には外しました(笑)こんなもん付けて生活できるか。

※手術後、再会します。

 

で、2~3日はやっぱり膝に痛みが残ってたんですが、それ以降はみるみるうちに具合がよくなって、2週間も経たずして走れるようになりました。これが保存的治療ってやつなんでしょう。

 

ただ、明らかに膝がヘタってます。2kmも走ると、痛みに近い違和感を覚えるようになりました。負傷前は10kmをこえなければ痛みは出なかったのに。根本的に直さないと今後の人生におけるスポーツに大きな悪影響を残してしまうことは必至。先生の言うことは聞いておくべきですね。

 

なお、手術前でもリハビリは受けておいた方がいいとのことで、何回かリハビリに通ってます。当然、足の運動は良好。そりゃそうだ、まだ切ってないし。

意義は「リハの先生と面識を持っておく、術後にどんなリハビリをするのかを今のうちに知っておく」というものらしいですね。なるほど。

 

 

 


 

MPFL再建術体験記その2(手術・尿道カテーテルの悪夢編) - ポジ熊の人生記

に続きます。