ポジ熊の人生記

雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

非モテの恋愛対策(整形・筋トレ・ダイエットなど)

スポンサーリンク 

f:id:pojihiguma:20190829065937p:plain

photo by https://pixabay.com/ja/


小学校~高校卒業まで非モテだった管理人。告白なんかしたことなかったし、女子と手すら繋がずに、ひたすらコーラとゲームに明け暮れた青春だった。

 

社会人になる前くらいから筋トレとダイエットを始め、筋肉質になったあたりで徐々に恋愛にご縁を頂くようになった。

 

モテと非モテの両方を経験した身として、モテ非モテに対する考えをここに吐き出しておこうと思う。

 

モテ非モテについて

世の中の非モテと呼ばれる人たちは、自称の場合と本物の場合があって、前者は見てくれはそんなに悪くないけれど、自己肯定感が薄かったり自信のなさからくる自称非モテだったりして、こういう人は外側から言い寄ってくるので恋愛を経験する場合が多い。

 

後者の場合は見た目が悪い、ということだ。この場合は自分でも鏡を見て嫌悪するのだろうし、他人に自分の外見について感想を聞いた場合に「まぁ、そんなの気にするなよ」と苦笑いで返されるレベルなのかもしれない。

 

少しお断りを入れておくが、管理人はルッキズムを推奨はしていない。見た目で判断することは、真理を遠ざけるし、哀しい思いをする人を増やしてしまうからだ。

 

しかし、推奨はしていないが、現実問題として世の中の本流はルッキズムの中にあると。心清らかな人はそうではないかもしれないが、大半の人は美しさに惹かれ、そこに銭を投じる。幼少期から、このような言説がメディアや周囲の会話から流れ続ける環境で育ってきた我々はルッキズムの呪縛から解放されることはむずかしい。

 

以上はエクスキューズとして弱かったかもしれないが、恋愛・結婚における「容姿」というのはそれだけ重要な要素になりえるという厳しい現実に蓋をすることはできない。

 

非モテが恋愛するには 

さて、モテの恋愛や結婚は放っておこう。勝手に頑張ってほしい。

 

問題は非モテ。造形がよろしくない場合は、負のスパイラルに陥りがちで、ここがさらに恋愛を難しくしている。自分でも自信がないことで姿勢も悪くなり笑顔も作りずらくなる。周りの反応も、どうも自分にはあたりが厳しいように感じる、見た目がよい人が優遇されているのを見ると余計にそう感じてしまう。これの繰り返し。

 

ここを脱却するには、解決策がいくつかある。

 

物理的にいくのであれば、整形手術をしてみるのはどうだろうか。お金はかかるが、顔を根本的に変えることができる。そして、ダイエットや筋トレ、または美容に力を入れるなど。さらに健康体を目指すのもよい。惹かれる要素として「健康」というのはかなり大きいようにも思う。

 

お金を貯めて整形手術、その間にもジョギングや筋トレで体づくり、健康的な食生活とスキンケアで美しい健康体を目指す。管理人がもし、造形の悪い非モテから恋愛したいと考えたなら、このように行動するだろう。

 

心理的な面でいえば、造形が悪くても自信満々で押せ押せだったら、実はモテたりする。相手がどう思っているかなんていうのは、こちらからは判断できない。いかようにも解釈はできる。つまり、「自分が声をかけた相手はうれしいに違いない」くらいのハッピーで突き抜けた精神を持った人間ならば、見た目には関係なく数うちゃ当たるの方式でいつかは恋愛にたどり着くもんだ。まぁ、病的になればストーカーなわけだが...。

 

今回、述べたのはかなりマッチョな思想ではあると自覚している。これは、頑張れる人、お金がある人にしか成しえないことなのかもしれない。

 

だとしたら、そうではない人はどうすればいいのか?というと、やっぱりいろんなことを根本から変えていくしかない。根っこを正す。認知の歪みを矯正する、というか。

 

生まれつきなのでモテない、とか戦う前から敗北宣言してしまうような認知を正して、「自分なりにできることを、やっていこう」くらいの前向きな考え方を持てるように生活したらいい。

 

そのためには、まず環境を変えるべし。劣悪な居住や仕事が環境にあれば、いつまでも変われずに淀みでループを繰り返すことになる。

 

それと、求める対象が適切かどうか、というのも恋愛を経験するには重要だ。容姿や人間性を伴わないにも関わらず高収入でイケメンを求める女性、脂ぎったメタボリックシンドロームのおやじが20代の若い女性を希望する、などがステレオタイプとしてわかりやすいだろう。あくまでも例だ。

 

やっぱり、身の丈にあった相手を見つける必要はあるのかと思う。棚に牡丹餅がある確率は、そんなに高くない。いや低い。だのに「棚にある牡丹餅が欲しい」と無理な要求をするから、いつまでたっても恋愛にありつけない。

 

管理人の場合はもう30代後半なので、だいたい同じくらいの年齢のパートナーがいいかなと想像する。離婚歴もあるから、相手も同じ苦労をした人でもいいかな。

借金まみれだけど、せめて容姿は汚いおっさんにはならないように、筋トレや食生活には最大限の気を使っている。内面も怒り・欲望・愚に汚されないように、人間性も持ち合わせるような、自分の人格を陶冶していきたい。

もし、この先、恋愛にご縁がなくっても、自分に自信を持って生きるために、今の生活は保っていてもいいのだと考えている。けど、またしてみたいね、恋愛。正直な感想。

 

【非モテの恋愛対策まとめ】

  • 整形手術
  • 筋トレ
  • ダイエット
  • 美容
  • 食生活改善
  • 身の丈に合った相手を探す
  • 環境を変えることで認知を正す(ストレス下からの脱出)

 

うーん、こうやって並べても、マッチョだな。体育会系。

 

あまり優しくはない...かも。